続ポンペイ遺跡







美しい柱はギリシャ時代からの定番ですね。


1997年に世界遺産として登録され、一年中、多くの観光客で賑わっています。
遺跡から青空やベスビオ火山を望むことが出来ます。





→拳闘士奴隷の宿舎

ローマと言えば奴隷たちを拳闘士に仕立て上げ、ライオンや仲間の奴隷たちと命かけて闘わせたことを思い出します。

その奴隷反乱は映画スパルタクス等でも有名です。

スパルタクスの蜂起 土井正興著
1977年に読み感銘受けた本です。






娼館の壁画

近くにここへ行く目印があります。


水汲み場

わだちの後もあります。


有名な「猛犬注意」のモザイクは撮影しそびれました。


この種の看板の古い事例として、古代ローマの建物であるポンペイの悲劇詩人の家にある"Cave canem"(犬に注意)と書かれたモザイクが知られている。もっとも、このモザイクは中に危険な犬がいると警告しているのではなく、中に小さくひ弱なイタリアン・グレイハウンド種の犬がいるため、誤って踏みつけないよう訪問者に注意を促しているのだとも言われている


見ずらいですが真ん中のケースの中犬の頭がこちら側に見えます。






フォロ(広場)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR