FC2ブログ

じゅんちゃんの哲学講座まだ不要・不急の怪しい法案が他にもある!


赤松小三郎を知らなかった恥
幕末に植木枝盛達より進んだ考えの人が居た!

江戸末期に、現憲法に匹敵する憲法構想・立憲政体を提案・行動した上田藩士・赤松小 三郎がいたのですが ...


https://bushoojapan.com/jphistory/baku/2020/01/06/116458

じゅんちゃんの
おすすめの1冊:『人間の条件』、ハンナアレント

私もすごく好きな本です。
『人間の条件』
映画も大好きd得オールナイト二回観たぐらい。

ハンナアレント
彼女の政治哲学の原点は「人間のなしうる事柄、世界がそうありうる事態に対する言語を絶した恐れ」[6]であった。なぜ人間にあのような行為が可能であったのかという深刻なショックと問題意識から、彼女は政治現象としての全体主義の分析と、その悪を人びとが積極的に担った原因について考え続けることになる。

↑今の日本が当てはまるじゃありませんか、憲法を知らない、まったく理解出来ない人が
憲法を改正し、明治憲法のような、国民を奴隷のようにする憲法にすると、
今ではこのようなのは憲法と呼べません。

憲法は権力者から国民を守るためのもの、国民を従わせるための物ではない。

そういうことが全く分からないソーリ、従わせたいだけ、奴隷的な哀れな日本人

自殺に追い込まれた近畿財務局職員、赤木俊夫さんや辺野古の事を思い出すだけで分かるでしょう。
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR