FC2ブログ

続々福山市動物園、真の野生ゾウ結核から生還したふくちゃん・動物の心の科学


 

有名なふくちゃん。

 


猫とバラ、演劇、美術、ガーデン、動物園のブログ

3匹の親子猫と暮らし美術や動物、演劇、旅、ガーデンが好きです

NEW !
テーマ:

残された熱帯林にすむボルネオゾウの生息域調査 |WWFジャ

この記事のポイント
ボルネオ島の北カリマンタン州には手つかずの天然の森が広く残されています。ここはボルネオゾウなどの野生動物が命をつなぐ貴重な生息地です。2012年の調査では、この北カリマンタンの森にすむボルネオゾウの個体数は推定で30~80頭。絶滅が心配されています。そうした中、2018年2月から、約6年ぶりのボルネオゾウの生息域調査が開始されました。1000平方キロメートルにおよぶこの調査は、2019年末までには完了する予定です。得られた調査データは、10年間に及ぶ長期的なボルネオゾウの保全計画の基礎情報として活用されます。

絶滅危惧種のボルネオゾウ10頭が不審死 、毒殺の可能性

 

死んだ母親を起こそうとする子ゾウ

 

 

絶滅危惧種のボルネオゾウ、70発撃たれ牙奪われる

 発信地:クアラルンプール/マレーシア [ マレーシア アジア・オセアニア ]

 

 

有名なふくちゃん。

 

 

消防ホースで作ったリニューアル遊具の玉かな

 

 

福山市立動物園のゾウ「ふく」ちゃん(メス)は、国内唯一のボルネオゾウです。ふさふさの前髪がトレードマーク。1頭で暮らすふくちゃんは多くの人から愛され、生息地ボルネオでは保全のための「ふくちゃんの森」もできました。その一方、足の病気、結核の発病と、次々に訪れる命の危機を、「家族」である職員とともに乗り越えてきました。今年推定20歳。波乱に満ちたふくちゃん物語を5回に分けて公開します(ハピズー編集部)

 

ふくちゃんが福山市立動物園にやってきたのは、2001年4月28日のことです。推定3歳。体高約1・5メートル、体重約500キロ。正確な誕生日がわからないため、毎年4月28日を「誕生日」として年を重ねることになっています。18年に20歳を迎えたふくちゃんは、体高約2・3メートル、体重約2・5トン(2500キロ)まで大きくなりました。

 

ゾウは野生ではメスを中心とした群れの社会です。ふくちゃんもボルネオでは群れで母ゾウと暮らしていたと考えられますが、何らかの理由でそこからはぐれてしまったようです。孤児のゾウになった経緯はわかっていません。ただ、ボルネオではゾウが人々に愛される一方で、油ヤシ農園の開発によりゾウが「害獣」として扱われ、銃や毒で殺すという痛ましい事件も起きています。

 

害獣とは!勝手な人間達

 

絶対に死なせないと誓っ


残された熱帯林にすむボルネオゾウの生息域調査 |WWFジャ

この記事のポイント
ボルネオ島の北カリマンタン州には手つかずの天然の森が広く残されています。ここはボルネオゾウなどの野生動物が命をつなぐ貴重な生息地です。2012年の調査では、この北カリマンタンの森にすむボルネオゾウの個体数は推定で30~80頭。絶滅が心配されています。そうした中、2018年2月から、約6年ぶりのボルネオゾウの生息域調査が開始されました。1000平方キロメートルにおよぶこの調査は、2019年末までには完了する予定です。得られた調査データは、10年間に及ぶ長期的なボルネオゾウの保全計画の基礎情報として活用されます。

絶滅危惧種のボルネオゾウ10頭が不審死 、毒殺の可能性

 

死んだ母親を起こそうとする子ゾウ

 

 

絶滅危惧種のボルネオゾウ、70発撃たれ牙奪われる

 発信地:クアラルンプール/マレーシア [ マレーシア アジア・オセアニア ]


た理由

動物園へは飼育下で育ったゾウが導入されるのが普通で、ふくちゃんは日本初の「真の野生のゾウ」だったといいます。職員は「絶対に死なせない」と寄り添って飼育し、推定9歳の時には足の膿瘍(化膿)の手術にも日本で初めて成功しました。一丸となって支える背景には、ボルネオから1頭できてくれたことだけでなく、先代のゾウ「トミ子」の死もあったようです。ふくちゃんを来園時から世話してきた獣医師の向井 康彦(むかい・やすひこ)さん(57歳)に聞きます。(ハピズー編集部)

 

重症の結核から奇跡の回復へ

 

真の野生象だったふくちゃん、結核治療も初

 

訪問して良かった福山市動物園

 

動物から多くの事が学べます。

 

今日も東山のオランウータン、アキちゃんに話しかけなんともいえない幸福感もらいました。

 

アキちゃんファンの女性がいるはずです。

 

アキちゃんは前に心ない言葉を青年達から投げつけられ奥にひっこんでしまいました。

 

今日は初め私一人だったので色々話しかけたらピンクの大きなザル運んでかぶってくれたり歩きまわって見せてくれました。

 

賢く、美しいアキちゃん、ありがとう!

 

動物の心の科学、なかまに尽くすいぬ、喪に服すぞう、フェアプレイ精神を貫くコヨーテベコフ著、を読んでいます。

 

 

 



スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR