トラからのSOSとトラの系図

テーマ:

 

ルビリン東山動物園で飼育している雌のアムールトラのルビリンは17歳で現在国内最高齢のアムールトラです。1995年デンマークのオールボー動物園から3歳で来園し、翌年3頭、翌々年に4頭を出産しました。7頭の内6頭が無事に育ち国内の動物園にもらわれて行きました。無事に2産を済ませたところで、同じ血統のトラをこれ以上増やしてはいけないと、繁殖制限をせざるを得ませんでした。この時、ルビリンは5歳でした。現在、ルビリンの子供は6頭、孫が7頭です。国内のアムールトラ57頭の内、約4分の1はルビリンの血を引いていることになります。実は残りの4分の3も3系統の血統で占められており、日本のアムールトラを維持するには海外から新しい血統の個体を導入することが必要です。2010年は寅年、名古屋ではCOP10も開催されます。生物の多様性を守ることは、食物連鎖、生物の頂点に立つトラを守ることにも繋がります。


2010年は皆さんで生物の多様性を考える年にしましょう。

 

ルビリンはビッグママですね!

見た記憶はありません、今東山にいるダマイのお相手はクンデしかいないと聞きました。

外国のトラを頂こうとしたらこんな獣舎ではやれないと言われたとか。

 

ダマイが生まれたズーラシアは立派ですが。


続きはこちら

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR