FC2ブログ

岐阜県の「江戸の粋から東京モダンへ」小村雪岱展

2019年12月21日(土)〜 2020年2月16日(日)の期間中、岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠにて、展覧会「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンへ」が開催されます。大正から昭和初期にかけて装幀・挿絵・舞台美術など多岐にわたるジャ.https://life-designs.jp/event/komura_settai/


行って良かった、気になっていた小村雪岱、モダンでハイセンス。肉筆画は貴重。

吉川英治や泉鏡花の挿絵、

歌舞伎座の舞台装置、

資生堂の化粧瓶のデザインなど。これは出ていません。

他にも

草花が一面にちらしてある文机、並河靖之の七宝なども展示。

美術雑誌に逃すなと!といわれてる展覧会です。

 

京都三年坂美術館の素晴らしいコレクションを多治見で鑑賞。

 

金沢の鏡花記念館で小村雪岱の装丁本を見て以来です。。

 

三年坂美術館にには行きましたが。明治の超絶技巧の名品の七宝、櫛など。

 

 

小村雪岱(こむら・せったい、1887-1940)は、埼玉県川越市生まれ。16歳で日本画家、荒木寛畝(かんぽ)に弟子入りしたのち、東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科選科で下村観山に就いて基礎を学びました。卒業後は、美術雑誌の国華社や資生堂意匠部を経て、泉鏡花や里見弴の本の装丁や「一本刀土俵入り」や「大菩薩峠」の舞台装置など、おもに出版界や演劇界で活躍していました。


スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR