FC2ブログ

大川橋蔵「恋や恋なすな恋」






内田吐夢監督の古典芸能四部作の最終作です。 「葛の葉」と「保名」より、安倍晴明の父母=陰陽師と狐の異類婚姻譚。 内田時代劇独特の力強い骨格はそのままに、歌舞伎の舞台 ...

暮れに玉三郎の舞踊保名を見て大川橋蔵のこの映画を再見したくなりました。

子供の時には映画の拷問の場面が怖くて、

後にテレビ放送を録画したけど今は再生もできなくなり捨ててしまった。

OSKの東雲あきらの大津皇子などのビデオも捨てて後悔、
今ならダビングしてくれる所もあるに。

当時は著作権でダビングできないと言われた。

母は最後のビデオデッキを家電屋のバイトに奪われてしまった。

年寄りは何もわからないと思いひどいことをする人たちがいる。

政界のトップが何回逮捕されてもおかしくない悪事を働いてるのに、
大手を振って歩いてる醜悪な国ですから。

橋蔵は歌舞伎界から映画界へうつり大人気でした。

はじめは美空ひばりが相手役になり敦盛を演じデビュー

後には若様侍や新吾シリーズ、
ハムレットの時代劇版や大島渚監督の「天草四郎」

「この首100万石」も悲惨だったけど、社会派映画で良かった。

夕刊一面の主演映画の宣伝を覚えています。

6代目菊五郎譲りの確たる実力ですから。

実子ではないけど6代目の芸養子、
歌舞伎界を去っても自分で歌舞伎を舞台にあげていました。

今なら両方極めることもできるけれど、橋蔵は6代目の死後は後たてないから。


この予告編は冒頭、豪華な回り舞台、舞台の要、ファンタジーにあふれています。
安倍清明の両親のお話

相手役嵯峨美智子は大俳優の山田五十鈴の娘だけど育ててもらえず、生涯は苦難の連続、
母より一目見たら忘れられない美人なのに、母親は演技力でも名高くコンプレックスあり、苦悩、整形をしてしまった。
そのままで十分な器量、かけがえのない色気があったのに。

痛々しいですね、母よりずっと早く50台で死去。

山田はこんな社会派の映画にも出ています。
女ひとり大地を行く監督:亀井文夫/出演:山田五十鈴、岸旗江、宇野重吉、沼崎勲、織本順吉、内藤武敏/1953/モノクロ/35mm/スタンダード/132分昭和初期から戦後までの20年間を通じて、北海道の炭鉱で働くシングルマザーの波乱万丈の人生を力強く物語る。炭鉱労働者たちの出資で製作され、夕張と釧路での長期ロケ撮影により炭鉱の暮らしを描きだした作品。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

hitomiさん、明けましておめでとうございます。
こういう映画もあったのですね。

私は清明について彼の師加茂の忠行やその長男保慶との確執があり、陰陽頭や天文博士の座を奪い取ったのではないかという暦法の本で読んだ記憶があります。
清明はなかなかの策謀化でそれまで天文や暦についての役職を加茂一族から奪い取ったのではないでしょうか???
以後子孫は土御門家として江戸時代まで天文や暦についての朝廷の役職を独占していました。
『令和』選定のように権力者の独占の傾向が天文・暦法・年号等にはあるのです。
ところが江戸の天文方がその土御門家から暦の在り方を奪い取り、地動説の西洋の暦に近づけたはずです。
だから安倍晴明はどうも私にとって好きになれない迷信を振りまく権化に見えて仕方ないのです。
唯物論者の私から見れば、安倍と同じようなOcultの人です。
またつまらないことを書きました。

Re: No title

あれ、返信したはずが。コメントありがとうございます!清明は物語した知らないのでコメント感謝します。
検索しました、のし上がるためには何でもしたのでしょうね、死後すぐ神格化は始まったと。


> hitomiさん、明けましておめでとうございます。
> こういう映画もあったのですね。
>
> 私は清明について彼の師加茂の忠行やその長男保慶との確執があり、陰陽頭や天文博士の座を奪い取ったのではないかという暦法の本で読んだ記憶があります。
> 清明はなかなかの策謀化でそれまで天文や暦についての役職を加茂一族から奪い取ったのではないでしょうか???
> 以後子孫は土御門家として江戸時代まで天文や暦についての朝廷の役職を独占していました。
> 『令和』選定のように権力者の独占の傾向が天文・暦法・年号等にはあるのです。
> ところが江戸の天文方がその土御門家から暦の在り方を奪い取り、地動説の西洋の暦に近づけたはずです。
> だから安倍晴明はどうも私にとって好きになれない迷信を振りまく権化に見えて仕方ないのです。
> 唯物論者の私から見れば、安倍と同じようなOcultの人です。
> またつまらないことを書きました。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR