FC2ブログ

中車・玉三郎の瞼の母、劇評



中車・玉三郎の瞼の母、劇評

役の重鎮」とに加えて、番場の忠太郎の演技を「歌舞伎俳優中車としての確かな一歩だった」というとき、現在「頂. 点」にある俳優をすべて並び立たせつつ、中車の舞台を歌舞伎界にあって画期的なものとみなしているようである. のは注目に値する。ほかに、「 読売 ...

 

 

 

 

「瞼の母」は勘九郎と中車を観ました。

母役はどちらも玉三郎、

先日改めて衛星放送観て、感銘受けたので劇評探したら上の詳しい記事発見

 

【ステージ 芸】中車「忠太郎」 僕の実人生そのもの、玉三郎

切ない親子関係

市川中車が東京・歌舞伎座の「十二月大歌舞伎」第三部(午後六時半開演)で、股旅物の新歌舞伎「瞼(まぶた)の母(はは)」の主人公、番場の忠太郎を初めて演じる。幼少時に生き別れた母と対面する場面が大きな見せ場となる舞台。一歳の時に実父市川猿翁が家を出て、二十五歳で再会を果たした中車。「親に対する究極の思いを描いたこの舞台は、僕の実人生そのもの」と語り、作品への思い入れの強さを明かした。 
(安田信博)
 

スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR