【「コソクな安倍自民党」ー沢尻被告の元恋人・横川直樹容疑者が処分保留のまま釈放。 事実上の”不当逮捕”に!「桜疑獄の隠し捜査」である 地検特捜部よ「正義感はないのか?」】
 以前にも、何か政権に不利な状況になると、これまでも多くの芸能人が逮捕されたりして、ワイドショーの話題を変える。よくある自民党の手口なのはミエミエじゃんか!


 
だから、あのタイミングで沢尻エリカ容疑者を逮捕したのは「不自然」と思っていたが、やっぱりなのだ。

自民党は、こういう時にために、警察は安倍官邸の「内閣情報調査室(気密警察の団体みたいな感じ)」とつながっているから、普段は、芸能人や有名人の「犯罪」を知っていても、泳がせておいてるとうこと。 
 さて、12月17日、女優の沢尻エリカ被告と共同でMDMAを所持していた容疑で逮捕された横川直樹容疑者が、処分保留のまま釈放された。
 横川容疑者は取り調べに対して一貫して黙秘し続けたことで、容疑を裏付ける供述を得られなかった。横川容疑者の事務所を捜索しても薬物が発見されず、尿検査も陰性だった。
 横川容疑者の逮捕は、事実上の”不当逮捕”だったことになる。世間を騒がせただけである。
普通、捜査に入る場合「確証ある事実や証拠」がなけばならないが、横川容疑者の事務所を捜索しても薬物がなかったのは、本末転倒だ。



世間やマスコミの「桜疑獄」の話題を変えたいだけだったのはミエミエだ。
 

【沢尻被告の元恋人釈放 MDMA共同所持の疑いで逮捕 黙秘貫いたか】
スポニチアネックス  2019.12.18
 MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反罪で起訴された女優沢尻エリカ被告(33)の元恋人で、同被告とMDMAを共同所持したとして逮捕されたファッションデザイナーのNAOKIこと、横川直樹容疑者(38)が17日、勾留先の警視庁本部庁舎から釈放された。
 先月26日に逮捕され、この日が勾留期限だった。取り調べに黙秘を貫いたとみられる。
 沢尻被告は、横川容疑者との共同ではなく単独での所持で起訴された。MDMAについて「NAOKIの物を預かった」と供述しているが、横川容疑者が黙秘を続けた場合、「沢尻被告の証言だけでは信ぴょう性が低く立証にはつながりにくい」(法曹関係者)と、同容疑者が不起訴処分になる可能性が指摘されていた。

 

更に詳しくリテラ 2019.12.19.で報じているーー。
【警視庁が沢尻エリカの元恋人を立件できず釈放! 拙速すぎる捜査に「桜を見る会」陰謀論が再燃。 前川喜平も橋下徹も「疑ってしまう」】
要旨;マスコミよりももっと追及されなければならないのはやはり、横川氏を逮捕した警視庁組織犯罪対策5課の責任だろう。警視庁担当記者も「このままいけば起訴はほぼ無理、不当逮捕と批判されかねない失態だ」と言う。

 「横川氏は沢尻宅から出てきたMDMAを沢尻と共同所持していたという容疑で逮捕されたのですが、事務所をガサ入れしてもまったく薬物は出てこず、尿検査もシロ。なんとか自供させようとぎりぎりまで勾留したんですが、横川氏が黙秘を貫いたため起訴できないままの釈放となったわけです。しかし、これは逆にいうと、組対5課が沢尻の自供だけで、ほかになんの材料もないのに、横川氏の逮捕に踏み切っていたということ。無茶もいいところで、普通ならこんなやり方はありえない。実は報道陣の間でも途中から『捜査が強引すぎる』という声が出始めていたんですが、悪い予感が的中した感じです」

しかし、組対5課が強引だったのは横川氏の逮捕だけではない。以前も指摘したように、そもそも沢尻エリカの逮捕からしてあり得ないくらい杜撰で荒っぽいものだった。

というのも、組対5課は最初、まったく別の見立てで沢尻を逮捕しようとし、完全に空振りに終わっていたからだ。
 裁判の帰趨はともかく、今回の捜査に相当な無理があったことはもはや疑いようがない。沢尻の自宅に“たまたま”薬物が微量残っていたことを沢尻が自己申告し、沢尻が自分のものだと自供したから逮捕・起訴できただけで、実際はギャンブルと言ってもいいような捜査だったわけだ。しかも、沢尻の容疑を固めるために逮捕した元恋人の横川氏のケースでは、立件できず、結果的に「不当逮捕」となってしまった。

前川喜平・元文科事務次官、橋下徹・元大阪市長も「桜を見る会」潰しの可能性に言及
 あの橋下徹前大阪市長までが11月21日のAbemaTV『NewsBAR橋下』で「安倍さんが指示したという証拠は無いので、僕はないと思っているし、そう思いたい」とした上で、「桜を見る会」の名簿の廃棄問題にふれ、こう語っているのだ。

「民主国家でもっとも権力を持っている検察や警察が政治権力の不祥事をかばうために事件化したなんてことは思いたくない。ただ、いまの霞が関の状況を見ていると、そう疑ってしまう部分もあると思う」

 そして、自ら安倍政権の謀略攻撃のターゲットになった前川喜平・元文科事務次官も「smart FLASH」の取材にはっきりとこう答えていた、

 「警察も検察も官邸の意向次第で動く、そういう組織になっていることを感じています。いまの黒川弘務・東京高検検事長など、官邸のイエスマンですよ。警察にしても、警察庁の中村格官房長は、例の伊藤詩織さんの事件の逮捕状執行を止めた人間です。重大な犯罪でも見逃すし、遂に小さな犯罪で都合のいいときに捕まえることもできてしまう。そう考えると、沢尻さんの件も疑惑隠しという可能性は否定できないでしょう」

 これは、橋下氏や前川氏が安倍官邸のためなら行政手続きを無視して無理を通すいまの官僚の実態を知っているからだろう。

◆しかも、ここにきて、警視庁組対部と安倍官邸の接点がもうひとつ浮かび上がった。
 それはほかでもない、沢尻を捜査した警視庁組対部の最高責任者で、捜査の尻を叩いていたといわれる猪原誠司・警視庁組対部長の存在だ。
 しかも、猪原部長には安倍首相との間をつなぐ具体的なパイプもある。それは、安倍首相の側近中の側近で、山口敬之氏の事件(詩織さんのレイプ)ももみ消しに動いていたことが発覚した北村滋・前内閣情報官(現・国家安全保障局長)だ。

 北村氏は安倍官邸の「内閣情報調査室」(内調)トップだった時代の2014年、警察組織向けの『講座警察法』 (立花書房)という専門書の編集委員を務めているが、その第1巻に猪原部長の原稿を掲載しているのだ。 「北村さんと猪原さんは警察庁刑事局時代の先輩後輩。北村さんが刑事企画課長だった2007年頃、猪原さんは警察庁長官官房企画官と刑事局の企画分析課理事官を兼任していて、仕事上の接点も多かった。その頃からの付き合いで、いまもかなり親しいと思うよ」(警察関係者)


※ 詳細はかなり長い記事ですリンクをご覧いただきたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterの反応ーー。

 


ーー以下略ーー
以前の2019-11にもブログでもこのことは書いた。

【安倍総理の窮地の時に必ず登場する芸能人らの逮捕 これまで何度も同じことがあった。 政治に関心のない国民よ。目を開け!! これらは官邸の「内閣情報調査室」と「電通」のしわざだろう!!】
要旨; 「買収」など「公職選挙法違反」や「公金横領罪」などの疑いが出てきて、安倍政権は窮地にはいっている。 安倍政権にとって、森加計疑惑よりも国民にわかりやすい「公職選挙法違反」「公金横領」で犯罪直結だからだ。 この桜を見る会の前夜祭の問題は、最大のピンチであろう。
 ところが、そこに登場したのが「タレント、沢尻エリカの禁止薬物使用の逮捕劇」である。
警視庁は16日、合成麻薬MDMA1錠を含む粉末約0.09グラムを自宅で所持したとして麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕したと発表した。

 

 過去の例からいって、この安倍政権のピンチのタイミングで逮捕したのは明らかだ。
私はこの逮捕劇は安倍を窮地から救うための、またもやのカモフラージュだと思っている。

ーー以下略ーー

 

この思いは、この記事をアップしたときから感じていた。前川喜平も橋下徹も「疑ってしまう」と同じ事を考えていたことで、さらのこの論議は広がっていきそうだ。


そして、カジノの汚職事件であるー。

【カジノ推進への影響懸念 秋元司氏捜査めぐり 政府・自民】
産経新聞 2019-12-20

 統合型リゾート(IR)担当の内閣府副大臣だった自民党の秋元司衆院議員の事務所が東京地検特捜部に家宅捜索され、政府・与党内には動揺が走った。
ーー以下略ーー

【たまたま、このタイミングだったのかもしれないが、これだって、怪しい感じがする】
自分の党の議員でも犠牲にする安倍総理周辺なら、「安倍総理保身のため」なら考えるのではないか。
この事件も、以前から分かっていて、特捜部は、このタイミングでこれも捜査に入ったのではないのか?
私には、そんな気がしてならないのだ。

 

【東京地検特捜部は、こんな事をやってる場合ではないはずだぞ!!】
 今朝、投稿したようにーー。
【「桜を見る会」で新たな重要証言「会費5000円払わなかった人も」 「完全にアウト」で「公選法違反」確定的」! 「東京地検特捜部」は一体何のためにあるのか!】
こっちは、デカイ話で、普通なら東京地検特捜部はこっちを本気になって捜査すべき事件である
 「桜を見る会」の前夜のホテルニューオータニでおこなわれた、「安倍晋三後援会に無料で入った人が複数いた」ことが明らかになったのだ。これは、もはや「完全に安倍総理はアウト」でる。

 

【桜を見る会前夜祭「会費5000円払わなかった人も」 首相地元の市議が証言した】
https://mainichi.jp/articles/20191219/k00/00m/040/109000c

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日の4月12日に首相の後援会が開いた「前夜祭」を巡り、首相の地元・山口県下関市の田辺よし子市議(無所属)は19日、国会内で開かれた野党追及本部の政府側へのヒアリングで「会費5000円を支払わなかった人がいる」と証言した。
 首相は国会で「受付で安倍事務所の職員が1人5000円を(ホテルの代わりに)集金した」と答弁しているが、野党議員からは「後援会主催で飲食を提供して会費を受け取っていないなら、公職選挙法違反ではないか」と指摘する声が上がった。


 通常なら、こっちを本気になって捜査せべきではないのか?


そもそも地検は自民党とは深い繋がりがあるーー。
【「冤罪・陸山会事件」 小沢氏 「私一人の問題で終わらせたくない」】
東京地検特捜部は、国民から選ばれた民主党の小沢幹事長や鳩山首相の政治を大事な国費を使って邪魔した。

▼小沢逮捕のために、前田大阪地検捜査検事は偽装文書まで作成していて、それがバレて逮捕された

 検察が当初描いたストーリーは――
 2004年は胆沢ダム(岩手県)建設の入札時期と重なっていた。岩手県の公共工事発注に影響力を持っていた小沢氏が、口利きの謝礼として1億円を水谷建設に要求し、受領したとしている。石川秘書と大久保秘書は、これを隠すために2004年の収支報告に記載しなかった。しかし贈収賄の立件は見送りとなった。

 読者諸氏もご存知のように小沢氏は検察審査会により強制起訴されたが、昨年11月無罪が確定した

冤罪を作り出そうとまでして、検察官のがウソの文書まで書いていた。
 小沢氏は元秘書の石川知裕衆院議員(右)も出席してる中で。「国策捜査は2度とあってはならない」と話した。

 

【以前は、自民党議員でも「不正を暴く」のが地検であったが、新進党などが誕生してから地検は自民党の奴隷となっている 以前は総理なども捜査して逮捕している】
過去をみれば例えばーー。
・田中角栄氏のロッキード事件 ・リクルート事件 ・中村喜四郎建設相のゼネコン汚職事件 ・KSD事件(画像参照)

【小沢一郎氏の冤罪の陸山会事件は「国策捜査」で、安倍総理は故意的の捜査しない「国策無捜査」なのだ】
 今は自民党言いなりの東京地検特捜部は、安倍総理の「森加計疑惑」でも「今度の桜を見る会」でも動かないのだから「正義のための、独立した捜査機関ではなくなった」 だから、これまで、安倍総理にあった、犯罪性の高いものも全て「国策無捜査」(故意的の捜査しない)というしかない。
何が、「正義のための東京地検特捜部か!!」と言いたい。
沢尻エリカ逮捕も目くらましだったのは明らかだろう。
いろいろな、目くらましをしているアベ官邸である。