転載記事アベ長期政権のもとで広がる「忖度」の弊害


アベ長期政権のもとで広がる「忖度」の弊害

 

安倍長期政権のもとで広がる「忖度」の弊害

 

f:id:pinoko2522:20191211142206j:plain

新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  

                                                                             毎日新聞デジタルより転載

ポスト安倍は「冷凍食品を解凍したみたいな人ばかり」

 臨時国会が9日閉会した。安倍晋三首相の「桜を見る会」疑惑を置き去りにして。一問一答形式の質疑を拒み続けて逃げ切りを図る、こんな政治に誰がした? 与野党を問わず直言してきた田中真紀子元外相(75)は今、永田町の外でそう感じているのではないか。東京都内で真紀子さんを直撃した。【奥村隆】

 岸田文雄自民党政調会長野田聖子総務相浜田靖一元防衛相、塩崎恭久厚生労働相、そして安倍首相。共通点は何かといえば、父や祖父の代からの世襲政治家ということ。もう一つ。1993年衆院初当選の同期という点だ。4日、この面々が都内の日本料理店に集まって同期会を開き、安倍首相は「全員『ポスト安倍』だね」とにこやかに語りかけたという。

 実は真紀子さんも93年の衆院選で初当選した同期である。

 振り返れば、真紀子さんの政治家人生はいろいろあった。小泉純一郎内閣で外相に就任したが、官僚との対立で更迭された。2002年には秘書給与を巡る問題で議員辞職。無所属で出馬した翌年の衆院選で返り咲き、09年に民主党入り。野田佳彦政権で文部科学相。12年の衆院選で落選し、以降は政治の表舞台から遠ざかっている。

 一方で、自民党にいた頃から歯に衣(きぬ)着せぬ自由奔放な発言で知られた。98年の自民党総裁選に立候補した小渕恵三梶山静六小泉純一郎の3氏を「凡人、軍人、変人」と評したり、うるさ型の亀井静香氏を「静かじゃない静香さん」と呼んだり、12年に東京都知事を辞任して新党を結成した石原慎太郎氏を「暴走老人」と名付けたり。

 そこで聞いてみた。通算在職日数が憲政史上最長となった安倍首相をどう見ているのか。

 「はぐらかす、ごまかす、強弁する。たちの悪い人。勉強もしていない。権力の頂点に立つと、その人の特性が出ると言うけど、安倍さんは姑息(こそく)な人だと思います」。いきなり、けちょんけちょんに痛罵した真紀子さんは、さらにこう続ける。「以前、安倍さん…

 

 

 

f:id:pinoko2522:20191211142334j:plain

散断行―「桜」全般的に見直し・首相会見

 2019年12月9日 20:59時事通信ニュース

 

                           時事通信社より転載

 安倍晋三首相は9日、臨時国会閉幕を受けて首相官邸で記者会見し、憲法改正について「決してたやすい道ではないが、必ずや私の手で成し遂げたい」と述べ、2021年9月までの自民党総裁任期中の実現に強い意欲を示した。また、衆院解散・総選挙に関し、「国民の信を問うべきときが来たと考えれば、断行することにちゅうちょはない」と表明。首相主催「桜を見る会」については全般的な見直しを進めると改めて説明した。
 首相は臨時国会国民投票法改正案の審議が進まなかったことを「誠に残念だ」と振り返りつつ、改憲について「国民的関心は高まりつつある」との認識を表明。その上で「来る通常国会憲法審査会の場で憲法改正原案の策定を加速させていきたい」と述べ、来年1月召集の通常国会で発議に向けた与野党の調整に入りたい考えを示した。
 首相は「国のかたちに関わる大改革に挑戦し、新たな国造りを力強く進める。その先に憲法改正がある」とも強調した。


 

 

桜を見る会」問題が象徴する安倍政権の体質

「安倍一強」政権が政官界の倫理観を破壊する

                      東洋経済Onlineより転載

 

またもや首相が逃げ切ったという感じの臨時国会の幕切れとなった。

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に関する野党の追及に、菅義偉官房長官や官僚らが矛盾だらけの説明を繰り返す一方、安倍首相はまともに対応しようとはしなかった。国会が閉幕した12月9日の記者会見も、「招待者の基準が曖昧であり、結果として招待者の数が膨れ上がってしまった」などとひとごとのような説明に終始した。

この間、日米貿易協定などの重要政策の審議は国民の視野から遠のいてしまった。自らの関与が疑われている問題について誠実に説明しようとしない安倍首相の倫理観の欠如した姿勢は、「森友・加計問題」以降繰り返されているが、今やそれが政界と官界にまで拡散している。

責任感が見られない安倍首相の姿勢

桜を見る会に対する安倍首相の説明回避の姿勢は徹底していた。不都合な事実関係が次々と表面化すると、首相官邸で記者団に一方的に説明する「ぶら下がり」を数回行い、それを免罪符だと考えたのか、予算委員会は結局開かれなかった。代わりに説明役を引き受けたのは内閣府の官僚や菅官房長官だったが、その説明も新たな事実を前に矛盾だらけとなっていった。

廃棄した出席者名簿がバックアップデータとして残っていた事実が出ると、菅官房長官は「バックアップデータは行政文書に該当しないことから、情報公開請求の対象にはならないと聞いている」と説明するしかなかった。記者からの質問に答えられないため、繰り返し秘書官に説明を求める菅長官のやる気のなさそうな映像が、安倍政権の体質を象徴していた。

国会審議では政権の成果を強調し、都合のいい主張を繰り返す。野党の追及には時に自席からヤジまで飛ばす。ところが不都合な事実が表面化すると、委員会出席を拒否し、普段はやらない「ぶら下がり」で一方的に話す。このような安倍首相の対応には、国民にきちんと説明しようという責任感は見られない。

 

より深刻な問題は、「安倍一強」と言われる政治状況の中で首相のこうした姿勢が、政界や官界にも広がっていることだ。

桜を見る会のような問題が表面化しても、安倍首相は非を認めず、説明もしない。代わりに対応する官僚は、首相の対応に合わせて答弁したり、つじつまを合わせるための理屈を作り出さなければならなくなる。その結果、前述のように首相を守るために公文書を書き換えるというような行為も出てくるのである。逆に首相の対応には問題があったなどと正論を主張すれば、つぶされてしまいかねない。こんな空気が官僚機構の中に広がっているのだ。

長期政権のもとで広がる「忖度」

むろん、多くの官僚が私欲を捨ててまじめに仕事をしていることは事実である。桜を見る会についても、複数の中央省庁幹部が、官庁に割り振られた招待者の推薦名簿については、「OBで叙勲などを受けた人を対象に厳格に選んでいる。恣意的に招待するなどということはありえない」と話してくれた。しかし、首相官邸主導の下で物事が決められていく中、官僚の行動様式に変化が生まれていることも事実である。

政界も同じである。政治資金をめぐる問題で辞任した菅原一秀経済産業相河井克行前法相とその妻の参院議員は、結局、国会開会中には姿を現さないままに終わった。彼らも何の説明もする気がないようだ。時間が経てばほとぼりが冷めるとでも思っているのであろう。

悪い冗談のような話だが、安倍首相は2018年4月、国家公務員合同初任研修の開講式で国家公務員になったばかりの若者を前に、「国民の信頼を得て負託に応えるべく、高い倫理観の下、細心の心持ちで仕事に臨んでほしい」と訓示している。首相が言うように私益を追求するのではなく、公益の実現が使命である公務員や国会議員に、倫理観は最低限、必要なものである。

ところが長期政権の下で、「首相に逆らうわけにはいかない」「いうことを聞いておけば守られる」という忖度の空気が広がれば、行政における恣意性が高まり、その結果、公平さ、公正さが損なわれ、不平等が生まれかねない。そうなると官僚機構のみならず統治システム全体に対する国民の不信感が拡大していく。そして、一度壊れた倫理観を修復することは容易ではない。

 

 

 あまりに右にブレ過ぎた安倍政権には絶望しかないが、その反動で必ず左にブレるという掟がある。日本人は治める者がいなくても自然と治まる国だということを藤原直哉氏が言っていた。他国のように革命をしなくとも日本人の気質だと、そのうちに中道の力が甦りうまくいくということを言っていた。そこには日本人の稀有な特質があるのかもしれない。西洋人が恐れているYAP遺伝子が日本人のDNAの中には組み込まれているという。それを発揮できないように封印させられてきた歴史があるようだ。

 

 

 

 

 

 

topbanner

プロフィール

hitomiのプロフィール

hitomi

自己紹介:
親子ねこ3匹と暮らし、映画・舞台・美術鑑賞、庭園巡りから動物に興味が移行しました。どうぞよろしく。 ...

続きを見る >

フォロー

AD

アベ長期政権のもとで広がる「忖度」の弊害

 

安倍長期政権のもとで広がる「忖度」の弊害

 

f:id:pinoko2522:20191211142206j:plain

新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  

                                                                             毎日新聞デジタルより転載

ポスト安倍は「冷凍食品を解凍したみたいな人ばかり」

 臨時国会が9日閉会した。安倍晋三首相の「桜を見る会」疑惑を置き去りにして。一問一答形式の質疑を拒み続けて逃げ切りを図る、こんな政治に誰がした? 与野党を問わず直言してきた田中真紀子元外相(75)は今、永田町の外でそう感じているのではないか。東京都内で真紀子さんを直撃した。【奥村隆】

 岸田文雄自民党政調会長野田聖子総務相浜田靖一元防衛相、塩崎恭久厚生労働相、そして安倍首相。共通点は何かといえば、父や祖父の代からの世襲政治家ということ。もう一つ。1993年衆院初当選の同期という点だ。4日、この面々が都内の日本料理店に集まって同期会を開き、安倍首相は「全員『ポスト安倍』だね」とにこやかに語りかけたという。

 実は真紀子さんも93年の衆院選で初当選した同期である。

 振り返れば、真紀子さんの政治家人生はいろいろあった。小泉純一郎内閣で外相に就任したが、官僚との対立で更迭された。2002年には秘書給与を巡る問題で議員辞職。無所属で出馬した翌年の衆院選で返り咲き、09年に民主党入り。野田佳彦政権で文部科学相。12年の衆院選で落選し、以降は政治の表舞台から遠ざかっている。

 一方で、自民党にいた頃から歯に衣(きぬ)着せぬ自由奔放な発言で知られた。98年の自民党総裁選に立候補した小渕恵三梶山静六小泉純一郎の3氏を「凡人、軍人、変人」と評したり、うるさ型の亀井静香氏を「静かじゃない静香さん」と呼んだり、12年に東京都知事を辞任して新党を結成した石原慎太郎氏を「暴走老人」と名付けたり。

 そこで聞いてみた。通算在職日数が憲政史上最長となった安倍首相をどう見ているのか。

 「はぐらかす、ごまかす、強弁する。たちの悪い人。勉強もしていない。権力の頂点に立つと、その人の特性が出ると言うけど、安倍さんは姑息(こそく)な人だと思います」。いきなり、けちょんけちょんに痛罵した真紀子さんは、さらにこう続ける。「以前、安倍さん…

 

 

 

f:id:pinoko2522:20191211142334j:plain

散断行―「桜」全般的に見直し・首相会見

 2019年12月9日 20:59時事通信ニュース

 

                           時事通信社より転載

 安倍晋三首相は9日、臨時国会閉幕を受けて首相官邸で記者会見し、憲法改正について「決してたやすい道ではないが、必ずや私の手で成し遂げたい」と述べ、2021年9月までの自民党総裁任期中の実現に強い意欲を示した。また、衆院解散・総選挙に関し、「国民の信を問うべきときが来たと考えれば、断行することにちゅうちょはない」と表明。首相主催「桜を見る会」については全般的な見直しを進めると改めて説明した。
 首相は臨時国会国民投票法改正案の審議が進まなかったことを「誠に残念だ」と振り返りつつ、改憲について「国民的関心は高まりつつある」との認識を表明。その上で「来る通常国会憲法審査会の場で憲法改正原案の策定を加速させていきたい」と述べ、来年1月召集の通常国会で発議に向けた与野党の調整に入りたい考えを示した。
 首相は「国のかたちに関わる大改革に挑戦し、新たな国造りを力強く進める。その先に憲法改正がある」とも強調した。


 

 

桜を見る会」問題が象徴する安倍政権の体質

「安倍一強」政権が政官界の倫理観を破壊する

                      東洋経済Onlineより転載

 

またもや首相が逃げ切ったという感じの臨時国会の幕切れとなった。

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に関する野党の追及に、菅義偉官房長官や官僚らが矛盾だらけの説明を繰り返す一方、安倍首相はまともに対応しようとはしなかった。国会が閉幕した12月9日の記者会見も、「招待者の基準が曖昧であり、結果として招待者の数が膨れ上がってしまった」などとひとごとのような説明に終始した。

この間、日米貿易協定などの重要政策の審議は国民の視野から遠のいてしまった。自らの関与が疑われている問題について誠実に説明しようとしない安倍首相の倫理観の欠如した姿勢は、「森友・加計問題」以降繰り返されているが、今やそれが政界と官界にまで拡散している。

責任感が見られない安倍首相の姿勢

桜を見る会に対する安倍首相の説明回避の姿勢は徹底していた。不都合な事実関係が次々と表面化すると、首相官邸で記者団に一方的に説明する「ぶら下がり」を数回行い、それを免罪符だと考えたのか、予算委員会は結局開かれなかった。代わりに説明役を引き受けたのは内閣府の官僚や菅官房長官だったが、その説明も新たな事実を前に矛盾だらけとなっていった。

廃棄した出席者名簿がバックアップデータとして残っていた事実が出ると、菅官房長官は「バックアップデータは行政文書に該当しないことから、情報公開請求の対象にはならないと聞いている」と説明するしかなかった。記者からの質問に答えられないため、繰り返し秘書官に説明を求める菅長官のやる気のなさそうな映像が、安倍政権の体質を象徴していた。

国会審議では政権の成果を強調し、都合のいい主張を繰り返す。野党の追及には時に自席からヤジまで飛ばす。ところが不都合な事実が表面化すると、委員会出席を拒否し、普段はやらない「ぶら下がり」で一方的に話す。このような安倍首相の対応には、国民にきちんと説明しようという責任感は見られない。

 

より深刻な問題は、「安倍一強」と言われる政治状況の中で首相のこうした姿勢が、政界や官界にも広がっていることだ。

桜を見る会のような問題が表面化しても、安倍首相は非を認めず、説明もしない。代わりに対応する官僚は、首相の対応に合わせて答弁したり、つじつまを合わせるための理屈を作り出さなければならなくなる。その結果、前述のように首相を守るために公文書を書き換えるというような行為も出てくるのである。逆に首相の対応には問題があったなどと正論を主張すれば、つぶされてしまいかねない。こんな空気が官僚機構の中に広がっているのだ。

長期政権のもとで広がる「忖度」

むろん、多くの官僚が私欲を捨ててまじめに仕事をしていることは事実である。桜を見る会についても、複数の中央省庁幹部が、官庁に割り振られた招待者の推薦名簿については、「OBで叙勲などを受けた人を対象に厳格に選んでいる。恣意的に招待するなどということはありえない」と話してくれた。しかし、首相官邸主導の下で物事が決められていく中、官僚の行動様式に変化が生まれていることも事実である。

政界も同じである。政治資金をめぐる問題で辞任した菅原一秀経済産業相河井克行前法相とその妻の参院議員は、結局、国会開会中には姿を現さないままに終わった。彼らも何の説明もする気がないようだ。時間が経てばほとぼりが冷めるとでも思っているのであろう。

悪い冗談のような話だが、安倍首相は2018年4月、国家公務員合同初任研修の開講式で国家公務員になったばかりの若者を前に、「国民の信頼を得て負託に応えるべく、高い倫理観の下、細心の心持ちで仕事に臨んでほしい」と訓示している。首相が言うように私益を追求するのではなく、公益の実現が使命である公務員や国会議員に、倫理観は最低限、必要なものである。

ところが長期政権の下で、「首相に逆らうわけにはいかない」「いうことを聞いておけば守られる」という忖度の空気が広がれば、行政における恣意性が高まり、その結果、公平さ、公正さが損なわれ、不平等が生まれかねない。そうなると官僚機構のみならず統治システム全体に対する国民の不信感が拡大していく。そして、一度壊れた倫理観を修復することは容易ではない。

 

 

 あまりに右にブレ過ぎた安倍政権には絶望しかないが、その反動で必ず左にブレるという掟がある。日本人は治める者がいなくても自然と治まる国だということを藤原直哉氏が言っていた。他国のように革命をしなくとも日本人の気質だと、そのうちに中道の力が甦りうまくいくということを言っていた。そこには日本人の稀有な特質があるのかもしれない。西洋人が恐れているYAP遺伝子が日本人のDNAの中には組み込まれているという。それを発揮できないように封印させられてきた歴史があるようだ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR