FC2ブログ

映画「清須会議」に笑えました

若い、三谷さん。

 

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化。本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。三谷監督作品では初の時代劇。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を掌握していく。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が交錯する。

2013年製作/138分/G/日本

 

テレビ鑑賞でCMの間に映画という感じ。

 

まず大きな鼻の信長(篠井英介は監督の先輩)と息子たち、お市(鈴木京香)、松姫(剛力彩芽、あの最後の笑、うまい)の

 

眉そり、お歯黒メイクにちょっと引きますが笑えました。

 

レビューはそれほどの評価でもないのですが、私はパロディが好きなので

 

三谷監督のNHK大河ドラマ解説、選挙公報は忘れられなくなります。

 

衣装も黒澤和子だから特徴ありますね。

 

とにかく秀吉は派手で上等、斬新、柴田は武骨、メイクも自然

 

秀吉メイクも度肝抜かれます。

 

人のいい柴田は人たらしの秀吉にいいようにされてしまいます。

 

瀬戸カトリーヌ(ファンです)天海祐希、中谷美紀

 

尾張弁の戸田恵子、二度見しました。

 

巳之助の織田信孝の奥方松姫は信玄の娘ではないらしい。信玄の娘のほうが面白いのでしょう。

 

織田家は滅んだように見えますがお市の娘、江は秀忠の正室となり徳川の中で生き続ける…

 

長女は豊臣秀頼 に嫁いだ千姫。次女は加賀の前田利家の孫で三代藩主利常に嫁した珠姫。

 

4女は後水尾天皇の女御として入内した和子
 

織田信包の趣味人ぶり(・・?部屋の調度に興味深々。

 

 

 








スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

やはり演劇通のhitomiさんはこのような映画やお芝居が好きなんですね!
少しだけ演劇をやっている我RoommateもやはりこのようなParodyが好きなんです。
フジTVの『検視医…朝顔』をよりNHK『これは経費で落ちません!』の方がずっと面白いと言っていました。
本当は上野樹里は好きなTalent なのですが。

Re: No title

通ではありませんよ~お連れ合い様もパロディお好きですか、
上野樹里は私も好きですがこの2本見逃してます、見るものが多く困ります。本や写真集も読みたいし。
「これは経費で落ちません!」検索してみます。
いつもありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR