FC2ブログ

続宮崎駿「最貧前線」舞台鑑賞しました。

 

皆さん、ハンサムですね。

 

キャストは全員男子ですがスタッフは女性が多いとか。

 

戦争中、動物園では猛獣たちが残酷に餓死、毒殺、絞殺などされました。

 

田舎や動物商に移動させるとか工夫もない。

 

動物は狂暴な人間を恐れています。

 

賢いゾウは独えさを食べなかったが…

 

家庭の犬ネコも兵隊の防寒具のために供出させられました。

 

お寺の鐘や思い出の指輪、など鉄製品、貴金属等々救出され、

 

金属製のものは陶製で代用されお金まで陶製を大真面目で考えられた。

 

世界を相手に勝てるはずないのに、狂気です。

 

今も地震国なのに54基もの原発があり、そこを狙われたら簡単に日本など消滅。

 

愚かすぎる。

 

さてこの舞台は軍艦など米国に撃沈され(それを隠していた政府、新聞)

 

代用に漁船、漁師が狙われました。

 

冷酷な軍人は生きて帰るのを恥だと考えるが

 

海の男は、生き抜くことを考えて、宮崎さんですからその強い思いが軍人を変えていく…

 

井上ひさしの一人芝居「化粧」で内野さんを観たので、観たくなりました。

 

昼ドラでは気弱な田舎の青年を演じている風間君が凛々しくも冷酷そうなエリート軍人を演じています。

 

エリートがなぜ漁船に(・・?

 

俳優さんもすごい。

 

舞台は木造船の大道具を動かし照明や音楽で嵐や戦闘を表現します。

 

人力でも船を動かします。

 

私はチケ遅く買ったので2階席ですから全体が見渡せました。

 

迫力あり。

 

当日券もありましたが満席のようでした。

 

 

 

以下は引用

 

 

宮崎駿氏のオリジナル作品「最貧前線」(『宮崎駿の雑想ノート』より)の国内初の舞台化。宮崎氏が模型雑誌『月刊モデルグラフィックス』(大日本絵画刊)に1980~90年代に不定期連載した『宮崎駿の雑想ノート』は、戦争の時代に兵器と人間が織りなしたドラマを描いた連作絵物語&漫画で、「最貧前線」はその中の11番目の物語。大平洋戦争末期の事実をもとに、平和への願いを込めて描いた5ページの小品で、南方の海の最前線海域に監視艇として派遣されることになった小さな漁船に乗り込んだ軍人たちと漁師たちの人間ドラマが繰り広げられる。太平洋戦争末期、小さな漁船・吉祥丸に徴用の知らせが届く。ほとんどの軍艦を沈められた日本海軍は、来襲するアメリカ軍の動静をそれでも探ろうと、漁船を海に駆り出して、見張りをさせようとしたのだ。特設監視艇となった吉祥丸に乗り込んだのは、元々の漁船の船長(内野)と漁師たち、そして艇長(風間俊介)とその副官(溝端淳平)の軍人たち。航海経験に乏しい軍人たちは、鯨を敵潜水艦と間違えたり、嵐になる兆しを察知できなかったり、海の職人である漁師たちとことあるごとに対立してしまう。やがて軍人たちは、漁師たちの知識や行動力に一目置くようになり、徐々にお互いに信頼感を芽生えさせていく。しかし、戦況は厳しく、吉祥丸は海の最前線ともいうべき南方の海域に、わずかな武器を携えて急きょ派遣されることになってしまう。果たして、吉祥丸は帰って来られるのだろうか…。内野は、監視艇となった小さな漁船・吉祥丸の元々の船長を演じている。舞台版「最貧前線」ならではの魅力について内野は「恐怖、不安、畏れ、喜び、希望、そういうものを、今を生きる人間たちの生身の精神と肉体でなまなましく演じられていくことが一番の魅力だと思います。日本が歩んだ道のりは、歴史の教科書の中にどんどん入りこんでいくけれど、ライブ感の中で沢山生生しくお客様の心に届くといいなと思っています。」と答えた。👈

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月末~10月に上演される、「宮崎駿の雑想ノート」より『最貧前線』に出演する内野聖陽、風間俊介、溝端淳平の3ショットビジュアル

、そしてスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーよりコメントが到着した。『最貧前線』は、宮崎駿が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に1980~90年代に不定期に連載した『宮崎駿の雑想ノート』の中の一つの物語。わずか5ページの小品ながら、宮崎らしいユーモアとスペクタクルを併せ持った内容で、舞台では太平洋戦争末期、ある目的により小さな漁船・吉祥丸に乗り込んだ漁船の船長と漁師、日本海軍たちの姿を描く。株式会社スタジオジブリ 代表取締役プロデューサー 鈴木敏夫 コメント今回、宮さん(宮崎駿)のオリジナル作品が初めて国内で舞台化されるが、戦争の真っただ中にいる人間たちをどのように描くか、そこに注目したい。本公演は、2019年8月27日(火)~29日(木)神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホールを皮切りに、全国8か所、横浜、豊橋、水戸、上田、新潟、東京、兵庫、大和にて10月まで上演される。【STORY】物語の舞台は太平洋戦争末期の日本。ほとんどの軍艦を沈められた日本海軍は、来襲するアメリカ軍の動静をそれでも探ろうと、苦肉の策として漁船を特設監視艇として太平洋に送り出します。乗り込んだのは、元々の乗組員の漁師たちと海軍の兵士たち。海の最前線に送り込まれた男たちは、果たして無事に帰ってこられるのだろうか…。船長役を内野聖陽、海軍指揮官に風間俊介、海軍副官を溝端淳平が演じます。 👈

スポンサーサイト



コメント

Secret

軍のべニア板で造った小型輸送船

本日Yahooの我Blogを全部Amebaにも移しました。
でもやはりAmebaの方はあまり面白くはなさそうですね。
移しただけでそのままの状態ですが…。
やはりみちゃん‐はあちゃんBlogですね。
ここでうまく皆さんと一緒にComunityを作って、拡散する方が良いかなと思いました。


若い頃、沖縄返還前の沖縄にPassportを持って沖縄へ行ったことがあります。
その時知合いが「私は戦時中この那覇港まで夜陰に紛れてやって来たことがあるんだ。軽いべニア板にエンジンをつけた小舟で物資を届けたんだ。」と話してくれた。
何の物資だか忘れてしまったが、やっとの思いで鹿児島まで帰って来たそうです。
多分軽いべニア板で造った特高用の四式肉薄攻撃艇というものだったのでしょう。
海軍の震洋と同じようなものだったのでしょう。




Bohken-Dankichi sannheさんへ

ベニヤ板の船で…
回天も残酷すぎます、今の企業が知覧で研修、特高よりまし、死ぬまで働けにはぞっとします。
前にコメント下さっていた野鳥撮影の方は2ヵ月も更新がありません。ここで交流を広めるにはどうしたらよいのでしょうね。

hitomi's Communityの開設

まずhitomiさんのCommunityを開設してください。
私もすぐ会員になります。
多分Communityはいくつも作れるはずです。
一つのCommunityに、確か3つのCategoryを選べますから。

それからあちこちのCommunityの気に入ったら会員になることです。
自分のBlogをToppicとして入れればと思うのです。
もう一つ魅力あるtemplateを選んでください!
記事欄に大きなThumnailもお忘れなく。

それからYahoo難民助け隊というCommunityの会員になってください。
Janedoe1471とい人がすごく丁寧に教えてくれますよ。

一度そんなことをやってみてください。
hitomiさんの記事ならきっと訪問者が増えますよ。

Bohken-Dankichi さんへ

アドバイスありがとうございます。さっそく聞いてはいたお助け隊に入りました。
コミュニティ作るを検索したらPCが固まり先に進みません。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR