のんほいパークのマンドリルの赤ちゃん、セグウェイ、赤ちゃんざるが平和を守る!


イメージ 1赤ちゃんがしがみついています。お母さんはオヨメ


以下はのんほいパーク公式サイトから引用。
2000年11月16日生まれです。浜松市動物園より来園しました。

ケイ(♂)とアラタ(♂)、ツヨシ(♂)のお母さんです。人懐っこく、飼育員が近づくとお尻を向けてくれます。

イメージ 2
抱かれてる子は
2018年11月13日生まれです。

チュウタロウとオヨメの間に生まれた子です。まだオヨメ(♀)に抱かれていることがあります。
アラタ(♂)の弟です。

類人猿は成長が遅く赤ちゃんサイズが長く観察できます。

指も綺麗で長い、不思議な模様。

イメージ 6

イメージ 3

イメージ 5




マンドリルの2つの大きな部屋が公開されていて何頭もいてびっくり、
今までほとんど見てなかったよう。

イメージ 4
青いお尻も不思議

イメージ 10

イメージ 7





イメージ 9


イメージ 11

赤ちゃんの顔見えます。

ほんと、不思議な顔、

イメージ 8


ここで北海道で2016年に初めて見たセグィエイを発見


主人公は真っ赤な顔のベニガオザル。世にも不思議な平和社会を築いているが、その立役者はなんと赤ちゃん!1年にわたる観察の中で、研究者も驚く意外な生態が見えてきた。 タイの熱帯雨林。世にも珍しい平和な社会を築くベニガオザルに密着。平和の鍵を握るのが、真っ白な姿の赤ちゃん。赤ちゃんを皆で育てることで生まれる大人同士の信頼関係が、群れに平和をもたらしている。まれに起こる大ゲンカにはなんと赤ちゃんが乱入!ケンカを仲裁してしまう。ところがある日、赤ちゃんが命に関わるほどの重傷に。その時大人たちのとった意外な行動とは?不思議な平和社会を編み出したサルの1年にわたる記録。 【語り】滑川和男
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR