FC2ブログ

こんな凄いバレエはじめて「フランケンシュタイン」

  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1
    BSで録画鑑賞しました。

    ◇英国ロイヤル・バレエ「フランケンシュタイン」
    <演 目>
    「フランケンシュタイン」(全3幕)
    音楽:ローウェル・リーバーマン
    振付:リアム・スカーレット
    <出 演>
    ヴィクター・フランケンシュタイン:トリスタン・ダイヤー
    エリザベス・ラヴェンツァ(ヴィクターの恋人):サラ・ラム
    怪物:平野亮一 ほか
    英国ロイヤル・バレエ団
    <管弦楽>英国ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団
    <指 揮>バリー・ワーズワース
    収録:2019年3月15・23日 ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

    BSで鑑賞。
    音楽もバレエも素晴らしい。
    ミュージカルフランケンスタインも観ましたが、
    バレエはセリフがなくてわからない部分もあるのですが

    哀しい人物に対する思いがあふれているような…
    えん罪も出てきます。
    自分より大きい男性をリフトしたり、処刑の場面など見ごたえありました。

    原作者はなんと当時19歳の女性だったとは。

    イメージ 2
    ゴシック小説フランケンシュタイン』で名を残した。同作品によってメアリーはブライアン・オールディス他多くの作家・文芸評論家らにより、SFの先駆者、あるいは創始者と呼ばれた。 母親はフェミニズムの創始者、あるいは先駆者とも呼ばれるメアリー・ウルストンクラフト、父親は無神論者でアナキズムの先駆者であるウィリアム・ゴドウィン。 夫は詩人のパーシー・シェリー。日本では単にシェリー夫人と呼ばれることもあった

    イメージ 3
    メアリーの母、男女同権を提唱

    引用はじめ
    イギリス人振付家、リアム・スカーレットによる初の全幕バレエ
    『フランケンシュタイン』

    リアムの『フランケンシュタイン』のヴィクター・フランケンシュタインは、とても愛情深い人物で、家族からも召使い達からも慕われていて、彼も皆を大切にしている様子が伺えました。そして彼がクリーチャーを作るに至ったのは亡き母への愛情からだったというのも分かります。エリザベスとヴィクターのお互いへの愛や2人の深い結びつきも伝わってきました。そしてクリーチャーを作った罪悪感と恐怖心に苛まれていく過程も見えました。

    エリザベスとヴィクター、
    ヴィクターとクリーチャー、
    エリザベスとクリーチャー、
    クリーチャーとウィリアム
    という組み合わせの素晴らしいパ・ド・ドゥもありました。
    ただ、小説にあるクリーチャーが人間らしさを学んで裏切られる過程の描写がほぼ無いに等しいので、小説の内容を知らない人には、クリーチャーはただの凶暴な怪物に見えてしまっていたかもしれません。引用終わり。

    人間は自分が作り出したものに責任が負えないことがある、
    原爆、原発、子供への虐待など
    スポンサーサイト



    コメント

    Secret

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    acaluliaのブログ

    鳥待ちdiary

    『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

    アマルフィに憧れて

    しあわせの青い鳥

    東京にしがわ散歩

    不思議な瑞(水)で元気に

    心の隙間

    リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
    プロフィール

    hitomi5235

    Author:hitomi5235
    猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR