FC2ブログ

フェネックの「ゴン」亡くなる

  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1

    やっぱり、なくなりました。
    連れ合いの緑さんがなくなり、顔伏せて寝てばかりいた「ゴン」
    可哀想でした。
    この写真は依然撮影したもの、ゴンかな?
    家庭で飼われていた子だとか。さみしかったね。

    イメージ 3

    猫科監獄長屋で私が見送ったのは、サーバルのムサシ、アライグマのアライさん、フェネックの緑とゴン、セグロジャッカル

    昨日動物園にったら新しいカンガルー舎に人が入れるようになっていて、
    テレビ局も来ていました。カンガルー舎前のも悪くなかったのに、いつになったらネコ長屋はよくなるのか。
    最近ジャガー舎に小さなプール作ってくれたり、ジャングルキャットの雄の所にタワーできたり、飼育員さんありがとう

    東山動物園公式サイトより
    2019年06月17日(月)
    動物園
    2019年6月16日(日)、食肉小獣舎で飼育していたフェネックの「ゴン」が、肝不全のため亡くなりました。
    先週より体調不良となり治療を続けておりましたが、残念な結果になってしまいました。

    「ゴン」は、2012年1月6日生まれで、2012年8月30日に来園しました。
    自然動物館で飼育されていたころから、皆様には大変に可愛がっていただきありがとうございました。
    「ゴン」が亡くなったことにより、フェネックの展示は終了となります。

    食肉小獣舎に2個体暮らしています。

    夜行性なので眠っていることも多いのですが、開園直後はよく動き回っています。


    オスのゴン。2012年1月6日うまれ。

    メスのミドリ。2009年7月11日うまれ。


    野生では砂漠に暮らしていて、足の裏もモフモフです。

    イヌ科では最少サイズです。

    ミドリが2018年9月25日腹膜炎で死亡しました。

    ゴンが2019年6月16日肝不全で死亡しました

    ☟の写真は公式サイトから拝借

    イメージ 2
    スポンサーサイト



    コメント

    Secret

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    acaluliaのブログ

    鳥待ちdiary

    『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

    アマルフィに憧れて

    しあわせの青い鳥

    東京にしがわ散歩

    不思議な瑞(水)で元気に

    心の隙間

    リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
    プロフィール

    hitomi5235

    Author:hitomi5235
    猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR