FC2ブログ

西さんからのメール「アフガン戦争から安保法制を考える」

みなさま  西英子です。
 
雨のうっとうしい日が続いていますが、お変わりありませんか。
私も毎日スーパーに買い物にいくのを楽しみにしています。
 
いま、安倍政権の「自衛隊を憲法に明記する」という改憲案が
問題になっています。
しかし、自衛隊が初めて海外に派遣されたのは、18年前のこと
でした。そのことを当時の記憶をたどって書きます。
 
ブッシュ米大統領の「テロとの戦い」でアフガ
ニスタン派兵から始まった
 
(1)小泉純一郎政権は、米国のアフガニスタン攻撃を支援するため
 『テロ対策特別措置法』を民意を無視して強行に成立させました。
 憲法9条がある日本が自衛隊を海外へ派兵することになってし
 まったのです。
 
 そして、2001年11月25日に自衛隊は戦場へ派兵されて、米軍の
 後方支援にふみ切りました。海上自衛隊の補給艦・護衛艦をインド洋
 に向かわせ多国籍軍の軍艦に給油したのです。
 
(2)自衛隊が派遣された翌日、11月26日に予定された衆議院憲法
  調査会の愛知公聴会が開催されました。会場はナゴヤキャッスル
  で、まわりでは、「アフガニスタン戦争反対」のチラシが配られ
  緊張した空気が張りつめていました。
 
  一般公募で選ばれた意見陳述人6名で、その一人として私も
  陳述しました。大学教授や弁護士にまじって改憲派の大学生と
  64才の主婦・西英子も加わった顔ぶれでした。
  テーマは『国際社会における日本の役割』でした。
 
  私は憲法前文の『全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から
  免れ、平和のうちに生存する権利を有する』の理念をもとに
  話しました。
  自衛隊が米軍に対して、戦争に必要な物資を供給する行為は
  憲法に違反するのではないか。今、日本がすべき役割は、テロ
  の背景にある「貧困」をなくす対策を真剣に取り組むべきだ
  と述べました。
 
(3)その当時、アフガニスタンの子どもたちのことを、毎日テレビで
  見ていて、私は耐えられなくなりました。爆撃で家を焼かれ、
  家族を殺され、ひとりぼう然と立ちつくす子どもたちもいました。
  食べ物も衣服も靴もない子どもたちをみて、私の子どものころ
  を思いだしました。
 
  太平洋戦争の末期から戦後にかけて、空地に自分でつくったさつ
  まいものツルまでたべました。極度の栄養失調で、道端に倒れて
  いる大人もいました。名古屋駅近くで、私と同じ10才くらいの子ども
  たちが「浮浪児」になっているのをみたこともありました。
  戦争で被害を受けるのは一般の庶民です。特に、子どもたちです。
 
 
(4) 次回は、その直後に起こった イラク戦争で私が感じたことを
   書きます。
  いま、安保法制を廃止しなければ、たいへんなことになります。
  今度は、自衛隊は集団的自衛権を行使して、米軍と一体となって
  戦争に参加することになります。相手を爆撃することにもなります。
 
  日本はトランプさんの言いなりで、軍備の増強を進めています。
  1機100億円超のステルス戦闘機を147機も買うことになります。
  これは一部です。そのほか莫大な予算が軍事に使われます。
  私たちが声をあげないと安倍政権の「軍拡」はとどまるところ
  なく進みます。
 
  7月7日の集会では、イラク自衛隊派遣は違憲という判決を下した
  青山元裁判長のお話しをまじえて、安保法制廃止の集会をします。
 
 
 
〇 安保法制を廃止せよ 集会に来て下さい。
  
 7月7日の『青山元裁判長と川口弁護士の対談』の集会に
 ぜひ、ご参加ください。みんなで語り合いませんか。
 
 
   青山邦夫弁護士の陳述が裁判官の心にとどき、「安保法制は憲法違反」
   の判決が出されることを願っています。
 
   青山弁護士のすばらしいお話しがたくさんの人たちに広まり、当日の
   会場をいっぱいにして「安保法制を廃止!」の声が大きく盛りあげたい
   です。
   みなさん、どのような方法でもよろしいですから、宣伝して下さい。
   お願いします。テーマは以下のとうりです。
 
     『憲法違反の安保法制を廃止のために!
     イラク派兵違憲判決から考える。
     元裁判長と弁護士の対談』
 
   青山邦夫さんは「自衛隊イラク派兵は憲法違反」と画期的判決
   を出した名古屋高裁の元裁判長です。
   現在、弁護士で「安保法制違憲訴訟」の共同代表をされています。
 
   対談の相手は、川口創弁護士です。イラク訴訟弁護団事務局長
   として3000名以上の原告と共に、画期的判決を勝ちとりました。
 
   憲法を壊して「戦争をする国」にさせないために、
   ぜひ、ご参加ください。
   みんなで語りあう時間をつくります。
 
 
   日時: 7月7日(日)午後1時30分~4時30分
     会場: 名古屋市博物館 地下講堂
     地下鉄桜通線 桜山駅下車5分
   
         主催: 川口弁護士と市民有志たち
   問合せ: 西英子 (052)808-3241
   参加費: 800円
 
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR