FC2ブログ

アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告編
イメージ 1

フィギュアスケートは大好きでテレビでよく見ていましたが
映画館上映は見逃していてWOWOWで鑑賞。

トーニャ・ハーディングは、自分の映画が作られることにどう反応したのか👈


視聴率ばかり気にしてるテレビ

わっと集中攻撃して、ある日突然ポイ!

愛されるものと嫌われるものを一緒に並べたがる。

第75回ゴールデン・グローブ賞作品賞(コメディー/ミュージカル)にノミネートされたほか、さまざまな映画賞で評価された伝記ドラマ。五輪代表に選ばれながら、ライバル選手への襲撃事件などのスキャンダルを起こしたフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの軌跡を映す。監督は『ラースと、その彼女』などのクレイグ・ギレスピー。『スーサイド・スクワッド』などのマーゴット・ロビー、『キャプテン・アメリカ』シリーズのセバスチャン・スタンらが出演。
シネマトゥデイ (外部リンク)


貧しい家庭で、幼いころから母ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)の暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴッド・ロビー)。
天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと、二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、彼女のスケート人生は一変。
転落が始まる。一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼女を待ち受けていたのは・・・・・・。(公式サイトより)




意外に考えさせられる映画でした。

ナンシーとの確執はほとんど出てこない、暴力夫のことが大半。

母親はもう俳優がやりがいあって受賞するほど。

俳優さん、実物にそっくり。

後半のスケート場面、メークする場面()、スケート靴でたばこの火を消すシーンなど記憶に残ります。

スケート協会はトーニャのプロ生活までは禁止しなかったというが、
その後彼女はボクサーや園芸の仕事をし、今は再婚し、子供も産みふっくら、
平穏な生活を手に入れたようです。

スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR