FC2ブログ

伊藤野枝 恋と革命と未成年女性と無理やり性交も無罪… 被害者が語る刑法の問題点

未成年女性と無理やり性交も無罪… 被害者が語る刑法の問題点


山本潤(やまもと・じゅん)/1974年生まれ。看護師・保健師。13歳から20歳の7年間、父親から性暴力を受けたサバイバー。性暴力被害者支援看護師(SANE)として、その養成にも携わる。性暴力被害者の支援者に向けた研修や、一般市民を対象とした講演活動も多数行う



山本「現行法では強姦は10年、強制わいせつは7年で時効となります。証拠が散逸したり、証人の記憶が曖昧になったりすることを考えてこの年数になったのでしょうが、被害者が子どもである場合はどうでしょう。6歳のときに強姦された子が、16歳になる前に被害を訴え出られるでしょうか。海外では、子どものときの性暴力被害を公にできるのは46歳になってからというデータがあります(刑事法ジャーナル2015 vol.45 p.100)。私もこれまで多くの当事者を見てきて、20代までは混乱のうちに過ごし、30代になってようやく少しずつ被害の現実に向き合い始め、整理ができるようになり


山本「現行法では強姦は10年、強制わいせつは7年で時効となります。証拠が散逸したり、証人の記憶が曖昧になったりすることを考えてこの年数になったのでしょうが、被害者が子どもである場合はどうでしょう。6歳のときに強姦された子が、16歳になる前に被害を訴え出られるでしょうか。


海外では、子どものときの性暴力被害を公にできるのは46歳になってからというデータがあります(刑事法ジャーナル2015 vol.45 p.100)。私もこれまで多くの当事者を見てきて、20代までは混乱のうちに過ごし、30代になってようやく少しずつ被害の現実に向き合い始め、整理ができるようになり、40代前後になってやっと人に打ち明けたり、公に発信したりできるようになるという実感があります。ドイツでは被害者が満30歳になるまで公訴時効を停止(刑事法ジャーナル2015 vol.45 p.99)し、時効はカウントしないと法律を改正しましたし、スイスでは12歳以下の児童に対して性犯罪がなされた場合には、時効を撤廃すると規定しました(刑事法ジャーナル2015 vol.45 p.115)。子どもへの性暴力における時効を撤廃しています」

 今回の刑法改正案では、時効についての項目は含まれていない。

山本「性暴力被害は時間が経ったから終わるものではありません。時効を撤廃するということは、社会は性暴力をいつまでも監視し、追いかけ、過去のことにはせずに発覚した時点で逮捕して処罰するぞという強いメッセージを発していることでもあります。性暴力を許さないことで、すべての人が安心安全に暮らせる社会を提示する……いまの刑法改正の議論を見ていると、こうした強いメッセージを発する意志が欠けていると感じます」

 同じく、社会が性暴力をどう捉えているかを示すうえで重要であるにも関わらず、今回改正案に含まれていない重要な案件がある。

山本「現行法では、暴行や脅迫があってはじめて強姦罪とみなされます。これが強制性交等罪になっても“暴行・脅迫”が条件として残ってしまうのです。多くの被害当事者が性暴力にさらされている最中に“フリーズ”という身体反応を経験しています。心身が凍りついて動けなくなる状態のことで、これは心理学・精神医学の研究でも明らかにされています。しかし裁判の場では“抵抗しなかったから暴行や脅迫はなかった”“同意があった”とされてしまうことが多いのです。さらに、暴行や脅迫を使わなくても女性に同意なき性交を強要することはできます」https://dot.asahi.com/dot/2017041900019.html?page=2

日本がいかに女性の権利が激しく遅れているのかわかります。

先日も新聞に小さく載った記事はなんと

ご飯を作らないと言って妻を殴り殺したというもの。


バカリズムの悪女伝説 瀬戸内寂聴プレゼンツ 伊藤野枝 恋と革命 -を観ました。


不倫と言っても責められ逮捕までされるのは女だけ。
男が浮気や女を囲うのは男の甲斐性とされていた

そんな中伊藤野枝はこれを批判し、愛した大杉栄と甘粕大尉に惨殺された。
大杉の幼い甥立花少年までも。
名古屋の覚王山に少年の父が建てたお墓があります。
官憲どもに殺された愛しいわが子。



  松下竜一の全集は図書館で読みましたが

私が持ってるのはこの「豆腐屋の四季」と「ルイズ 父に貰いし名は」「砦に拠る」」での3冊だけで松下先生に申し訳ない。ルイズは伊藤野枝、大杉栄の遺児。
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR