FC2ブログ

僕たちは希望という名の列車に乗った



 

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』予告編

 
ベルリンの壁建設前夜の東ドイツを舞台に、無意識のうちに政治的タブーを犯してしまった高校生たちに突きつけられる過酷な現実を、実話をもとに映画化した青春ドラマ。1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を見る。自由を求めるハンガリー市民に共感した2人は純粋な哀悼の心から、クラスメイトに呼びかけて2分間の黙祷をするが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは社会主義国家への反逆とみなされてしまう。人民教育相から1週間以内に首謀者を明らかにするよう宣告された生徒たちは、仲間を密告してエリートとしての道を歩むのか、信念を貫いて大学進学を諦めるのか、人生を左右する重大な選択を迫られる。監督・脚本は「アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ。映画comより
イメージ 1
 
週刊金曜日、堺分万純 「僕たちは希望という名の列車に乗った」
ラース・クラウメ監督に聞く
 
 
 
ナチス戦犯アイヒマン逮捕・訴追の功労者、バウアー検事長を描いた
アイヒマンを終え!ナチスが最も畏れた男」の監督で大変感心しました。
 
 
 
今の日本人が学ぶべき「アイヒマンを追え」👈
 
昨夜鑑賞、素晴らしかった。
高校生は未来に禍根残すことのない選択をしました。
あのクライマックスの感動、ここで書いてしまってはこれから鑑賞される方の邪魔になるでしょう。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR