FC2ブログ

お帰りムック、つかの間の自由の味は?

2019年05月16日(木)
  • 動物園長のZooコラム
  • カナダヤマアラシ
この度は、当園のカナダヤマアラシの脱出にあたり、大変なご迷惑とご心配をおかけしました。
動物園として動物脱出はあってはならないことであり、深く反省しています。
動物脱出の原因につきましては、前日に行いました展示施設のレイアウト変更作業の際に外した部材が、そのまま残された状態でした。
この木片を足がかりに、擁壁を超えてヤマアラシ(ムック)は外に出たと推測しています。
夜に活発に動く習性に加えて木登りの得意のムックは園外にまで到達し、夜の公道を移動していたところを、心ある市民の方に発見していただきました。
イメージ 1



発見場所となった動物園外周のトウカエデ並木道
すぐに通報をいただいたことから、短時間での保護につながりました。

イメージ 2
通報を受け保護コンテナで収容
バックヤードに収容後のムックは喉が渇いていたようで、水を飲んでいました。

イメージ 3


保護直後に水を飲むムック
落ち着いたのを見計らって、健康チェックを行いました。
ムックは発見していただいた方の機転で、動物園正門横の電話ボックスをシェルター代わりに閉じ込められていました。

イメージ 4

保護場所となった動物園正門横の電話ボックス

(ここに電話ボックスがあるのも気が付いてませんでした)

そのおかげで、無傷で健康上の問題もありませんでした。
カナダヤマアラシ舎につきましては、改めて安全確認を行い、再展示の準備を整えました。
本日(令和元年5月16日)より、ルーリー(メス)と一緒に展示を再開します。
今後も飼育動物の安全管理には十分留意して参りますので引き続き、東山動植物園のカナダヤマアラシをよろしくお願いします。
動物園長  黒邉 雅実
引用終わり

カナダヤマアラシのムックは北園から逃げ出し、この並木にまで来たのに、

よく電話ボックスに誘導できましたね、神業です、感謝します。

ムック、つかの間の自由はいかがでしたか。
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR