FC2ブログ

動物園の昭和史―おじさん、なぜライオンを殺したの 戦火に葬られた動物たち

涙なしには読めない「動物園の昭和史―おじさん、なぜライオンを殺したの 戦火に葬られた動物たち  秋山正美

イメージ 1
東山動物園の図書室で見つけた本、

これほど戦時下の日本の動物に対する残虐な行為を詳しく教えてくれる本は知りません。
動物園では貸し出ししないので図書館で借りました

1995年発行

動物を殺せと命令したのは軍部でなく当時絶大な権力を持っていた内務省。

今も昔も天皇や上役に背くこともできずにいる日本人。

その中で現在の前川さんや東山の北王園長は立派ですが。

殺さなくてもよかった動物たちを長期間苦しめながら餓死、毒殺、絞殺、銃殺した(´;ω;`)

動物園では共食いのようなことにもなった…

その前に疎開させることもできたのに。

東条が「危ない動物は秩父、木曽の山中に移せ」と一言命じていたら100頭以上の動物は死ななくてよかったし、可愛がっていた飼育員、国民も救われ東条自身も絞首刑にならなかったと。

あの頃切腹しても開戦に反対すると逆らった軍人は一人もいなかった。

敗戦後天皇に死んでお詫びすると腹を切ったものがパラパラといたに過ぎない。

1時間37分ももがき苦しみながら殺されていったメスライオン

東山のライオン舎は戦火を浴びたわけでなく今も健在。
だったら殺す必要はなかった。

私は同調する日本人が恐い。


それどころでない、何が何でもゾウを殺せといったむごい命令を発した直接の
責任者大達茂雄は戦争犯罪人にもならず、一時的に公職追放になっただけ(橋本治のリア家の人々読みました、これは公職追放になったのに返り咲いた役人の話でした。もうちょっと期待したのに)

返り咲きを果たし参議院議員、文部大臣となり
教職者の政治運動を弾圧したことで
一躍名を轟かした。



勲一等瑞宝章
勲一等旭日大綬章


今でも人間社会の都合により犬ネコだけでも目を覆いたくなるほどの頭数が処分されている。

訴える手段を持たない犠牲者たち。

ニワトリや牛、豚を太らせ、殺して食べている人間

20間の命を救うための提案



追記
上野と大阪で動物たちが殺されてから空襲が激化するまでに、たっぷり一年以上の余裕はあった
阪神パークのように内務省が何か言いだす前に動物を疎開させたり動物を動物商に売り渡すなり、打つ手は何かあったはず、
動物商なら大事な野生動物を殺さない!損失になるから。
公営の動物園はこういう緊迫感がない。経営基盤は揺るがないから
参考図書の中に岩合さんのお父様の「カメラサファリ」
地球の歩き方「東アフリカ・ケニア・タンザニア」

あとがきにあきやまマル君がこう言っています。
「犬や猫のポイ捨てだけはどうかやめてください」
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR