FC2ブログ

死刑弁護人「マスコミは嫌い、弱者をいたみつけるから」

マスコミは嫌い、弱者をいたみつけるから弱いものいじめだから(同感、えん罪でも徹底に叩きのめす、それなのに権力には超弱虫)
はじめから弁護士希望、裁判官は嫌い 学生運動やった人間が国家側に立つことはできない

死刑では解決できない。

安田氏が
弁護士として最初に取り組んだのは山谷http://shikeibengonin.jp/
暴力団にピンハネされ殴られた労働者が逮捕される!何てこと、警察は暴力団とグル。

東海テレビは優れたドキュメンタリーを制作している。映画も何本か鑑賞しました。

オウム真理教事件の麻原彰晃、和歌山毒カレー事件の林眞須美など、死刑判決が下された事件の数々を担当してきた弁護士・安田好弘氏のドキュメンタリー。凶悪事件を起こした者たちの弁護人を務めることから激しいバッシングにさらされるにもかかわらず、彼らのために奔走するのはなぜなのか? これまで手掛けてきた事件を安田本人の言葉と共に振り返りながら、その原動力、司法のあり方、凶悪犯罪が生まれる背景などを浮き彫りにする。裁判員制度によって、誰もが裁く人間として法廷に赴くことになった現在だからこそ観ておきたい作品だ。
        真実を追求することで、本当の反省と贖罪(しょくざい)が生まれるという理念のもと、死刑事件の裁判を数多く担当してきた弁護士の安田好弘氏。「人殺しを弁護する人でなし」といったバッシングを受けるだけではなく、加害者の悔恨と被害者の悲嘆を目の当たりにすることによる苦悩、家族と一緒に過ごすことのできない常軌を逸した忙しさなど、厳しい状況に置かれながらも、彼は弁護士という仕事を全うしようとする。そんな中、顧問を担当していた不動産会社に対し資産を隠すよう指示したとして、強制執行妨害の容疑で身柄を拘束されてしまう。


林真須美は、動機不明、自白なし、状況証拠のみで有罪、死刑とされてしまったのだろうか
証拠ねつ造
憎たらしいから犯人にしてしまえ
名無しさん@1周年:2017/02/04(土) 21:39:32.38 ID:viJ3zyUt0
地元じゃ、林真須美は犯人じゃないって常識だろ。真犯人も噂されてるし。
 お上には逆らえんのかのう。

☝これって名張毒ぶどう酒事件と同じでは。


死刑因の関係先で見つかったヒ素は、現場付近の紙コップに付着していたヒ素とは異なるなどと改めて指摘した。
いくら詐欺師でも証拠もなしに死刑判決とは、恐ろしい国です。
安田氏も
「林は金にならないことはしないと。

小さい子供がいて旦那もパクられている中で
否認を続けて来た強い、おちゃめな人、芯の強い人。大変な人」だと。


バスは一瞬にして猛火に包まれ、約30人の乗客のうち6名が死亡。 ... 新宿西口バス 放火事件「被害者」と「加害者」慟哭のその後 ... 報道を見た安田は「もしかして、犯人ではないかもしれない」と思い、自ら丸山を訪ねて弁護をかってでた。

丸山は殺す人ではない、バスを放火する認識はなかった、動機がなかった

死刑判決から無期になったのに11年後自死

安田は「茫然とし、後悔、法廷だけでは仕事は終わらない。」と

死刑囚(木村修治)を死なせてしまったことは最大の罪と。
http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2012-08/shikeibengonin.html👈おすすめ、ぜひ読んでください。

オウム真理教事件の麻原彰晃、和歌山毒カレー事件の林眞須美、名古屋女子大生誘惑事件の木村修治、光市母子殺害事件の元少年など死刑事件の弁護を請け負う安田好弘弁護士を追ったドキュメンタリー『死刑弁護人』が、8月31日(金) ...


悪魔・鬼畜とののしられた安田弁護士、強姦するつもりはなかった光市母子殺害事件



○卓抜した題材選びと鋭い切り口で多様な作品を生み出している東海テレビ制作のドキュメンタリー作品を大特集します。
A ●平成ジレンマ 「戸塚ヨットスクール事件」で、時代のヒーローから希代の悪役に転落した戸塚宏校長の今。平成ニッポンが抱えるジレンマを突きつける。98分。
B ●青空どろぼう 三重県四日市市。ぜんそく被害の公害裁判へ立ち上がった人々と、40年にわたり彼らを支えた記録人・澤井余志郎の魂の物語。94分。
C ●死刑弁護人 「和歌山毒カレー事件」「光市母子殺害事件」等を担当する弁護士安田好弘の生き様を追う究極の97分。
D ●長良川ド根性 清流を遮る長良川河口堰。推進・反対が対立するが国策は止まらない。構造的な難問を鮮烈に描く80分。
E ●約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯 無実を訴え続けた死刑囚・奥西勝を仲代達矢が演じる。映画とジャーナリズムが司法の根底に突きつける異議申立。120分。
F ●ホームレス理事長 退学球児再生計画2016年版 「退学球児に再び野球と勉強の場を」を謳うNPOの不可解な現実……。可笑しさと恐ろしさが凝縮された怪作。112分。 
G ●神宮希林 わたしの神様 式年遷宮への旅と、そこから立ち現れる人生観。女優・樹木希林、人生初のお伊勢参り。96分。
H ●ヤクザと憲法 実録じゃなくて本物! ヤクザと人権? 強面たちの日常からニッポンの淵が見えてくる。96分。
I ●ふたりの死刑囚 釈放された袴田巌と獄死した奥西勝。冤罪を訴え続けたふたりと家族の人生から、「法治国家」ニッポンの司法が犯した罪を問う。85分。
J ●居酒屋ばぁば 『人生フルーツ』のその後? 女優・樹木希林と津端英子さんが居酒屋で女子会。人生の大先輩が本音で語り合う、ばぁばの女子トーク! 52分。
K ○路上のカルテ 名古屋で路上生活者を支援する民間診療所「笹島診療所」のカルテが、あの「聖域なき構造改革」の後で急増しているという。47分。○きずあと 101歳 戦争と平和のレクイエム 名古屋空襲で左目を失った杉山千佐子さんは、民間人への空襲被害の国による救済を求めてきた。杉山さんを見守り続けた中日新聞の元記者、岩崎建弥さんの心の中は……。72分。
L ○裁判長のお弁当 日曜以外は夜遅くまで働く。執務室で昼と夜、愛妻弁当……。日本で初めて現役の裁判長に長期密着し、肉声と裁判所内部の様子を映し出す。47分。○検事のふろしき 裁判員裁判の導入前夜、日本で初めて検察庁内部の密着取材を敢行。「公益の代表」たる検事たちの知られざる姿、検事の風呂敷の中身とは? 53分。
M ○光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の300日〜 18歳の被告を「死刑にしろ、弁護不要」と熱狂する世論。バッシングされた弁護団の内側から社会の深層を照射するマスターピース。47分。○罪と罰 娘を奪われた母 弟を失った兄 息子を殺された父 犯罪被害者は、みな加害者の極刑を求めているのか……。最愛の肉親を殺害された3人への取材が遺族の多様な思いと死刑制度の現実を明らかにしていく。47分。
N ○熱中コマ大戦 全国町工場奮闘記 日本のモノづくりを支える町工場で、喧嘩ゴマに熱中する職人たち。たかがコマ、されどコマ。200社以上が参加する全国大会に密着。51分。○熱中コマ世界大戦 涙あり、笑いありのモノづくり。アメリカ、韓国、タイ、インドネシア、ベトナム、ボリビア、6か国を日本代表18チームが迎え撃つ世界大戦! 51分。
O ○じゃがいもコロコロ~災害救助犬への長い旅~ 福島県飯舘村から岐阜の訓練所に来た真っ黒な子犬「じゃがいも」。災害救助犬になるべく試験を受け続けるが……。52分。○悪い犬 名古屋市守山区で逃走したドーベルマンが通行人にケガをさせ、殺処分されるはずだったが……。犬の訓練士・高橋忍さんと悪い犬の日々。そこから見える社会の姿を描く。52分。
X ●人生フルーツ 高蔵寺ニュータウンに住む老夫婦の、半自給自足な《普段着のスローライフ》を描くロングラン作品。91分。

追記

ドキュメンタリーの中で最高裁判所の「裁」のが大写しになり、国家権力の恐ろしさを感じます。
死刑囚の独房や裁判所の再現、あります。
死刑反対派をバッシング

誰でも更生する可能性はあるのに。

マスゴミもオウムを散々持ち上げて新たな犯罪を起こさせたような気がします。

世間、裁判所も死刑ありきで、もう生ける屍のような人に死刑判決、恩赦が出ないようにさっさとと大量死刑にしました。

安田さんの弁護士資格を奪おうとでっち挙げ、関係のない事件の書類まで持ち去る
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR