FC2ブログ

地のはてまで

イメージ 1

こんな映画があったとは。

ドフトエフスキーーの「罪と罰」を戦後の日本に置き換えて映画化。
学生時代にはよくロシア文学も読みました。

CSで録画、やっと観ました。新藤監督のホンも興味ありましたが
主演の二人がすがすがしいからでしょうか。

今も貧困が課題ですが帝政期のロシア、敗戦後の日本、
どんなにか生きずらかったことでしょう。

良家の娘もパンパンなった話は聞きます。

大きな荷物を運ばされる馬が虐待されるシーンから始まります。


政府が米軍のために慰安所作った国です

日本兵が看護師もレイプし殺害した実話
再掲載、1942年に日本兵、豪の看護師21人を銃殺する前に何を 真実追求の動き 👈


映画監督になるのが希望だった池部良は178センチ、当時としては長身、知的なハンサムで
子供心にも憧れました。

大学では富田彬などから学ぶとともに[3]、映画監督になるのを夢見て在学中の1940年東宝撮影所のシナリオ研究所に研究生として入り、1941年に卒業と同時にシナリオ研究所を卒業し東宝に入社する。監督希望だったが[4]戦時下の作品制作数の大幅減少で助監督の空きがなく、文芸部に配属。早々部長に、面食いだからと当時子役の大スターだった中村メイコの子守を命じられ、彼女の大絶賛を聞いた映画監督・島津保次郎に請われて『闘魚』に脇役で出演する[5]。それが好評となり知的でスマートな若手俳優のホープとして目された。

青春スターの第一人者として活躍を続けた。特に1949年の『青い山脈』では当時30代だったにもかかわらず[18]旧制高校の生徒をさわやかに演じ、戦後の自由な雰囲気を象徴する映画として大ヒットした。

清純な雰囲気の久我美子がこういう役とはと驚きましたが最後は…
彼女の顔、声もよく覚えています。

久我家(こがけ)は村上天皇まで遡る村上源氏の流れを汲む華族家柄で、東京市牛込に生まれる。1946年学習院女子中等科在学中、第一期東宝ニューフェイスに合格。同期に三船敏郎堀雄二伊豆肇若山セツ子堺左千夫らがいる。1947年学習院を中退し、『四つの恋の物語』で映画デビューを果たす。
1950年の映画『また逢う日まで』での岡田英次との窓硝子ごしの接吻を演じた(日本の映画界では1960年代のはじめ頃まで接吻のクロースアップはタブーだった)。
三ツ矢歌子(義姉)


↓はネタバレがありますからご注意。

ドストエフスキーの「罪と罰」を「君に捧げし命なりせば」の新藤兼人が翻案・脚色し、「怒れ三平」の久松静児が監督した。「チャタレー夫人は日本にもいた」の高橋通夫、「南十字星は偽らず」の斎藤一郎が撮影、音楽をそれぞれ担当している。「坊っちゃん(1953)」の池部良、「あにいもうと(1953)」の久我美子、浦辺粂子、「浅草物語」の木村三津子、「春雪の門」の高松英郎、「続々十代の性典」の根上淳、上田吉二郎、「早稲田大学」の信欣三、「青色革命」の青山杉作などか出演している。
江藤夏雄は学費生活費をはげしいアルバイトで稼ぎながら、大学へ通っている。貧しい裏街のアパート。隣室には無気力な父、病身の母、幼い妹を抱えて夜の女に身を落した娘万里が住む。疲労しきった二人は、互いの好意を言葉にする力さえない。同室する学友吉田は高利貸大岩から卸した外国製品が自動車にふれて散乱し、彼らの一ケ月の生計費にちかい被害を蒙むった。絶望する彼をはげまして夏雄はともども詑びに出かけたが、大岩の剛慾ぶりは変らなかった。弁償として遺品の銀時計を大岩につきつけ、吉田はその夜、鉄道自殺した。もう一人の学友、川端は結核に犯され、特効薬をもとめようにもその余裕がない。まじめに学ぶじぶんたちが窮迫し、不正を働く者が肥ってゆく社会。--夏雄の頭はしだいに混乱した。川端に薬代をあたえるために、夏雄は大岩殺害を決意する。憑かれたように大岩の家に忍びこんだ彼は、ステッキで相手を撲殺し、それを目撃した中年の女中をも殺害する。かすめた金六千円の大部分は、それとなく川端に与えたが、それよりはげしい苦悩が日夜彼をひき裂いた。恋する女の敏感さでいちはやく事件の真犯人と勘ずいた万里は、しかし彼のすべてを温く包容してやった。ペンキ屋が被疑者として拘引されたのを知った夏雄の苦悩は極度に達する。ついに耐えかねた彼は万里に一切を告白し、彼女に伴われて自首した。彼の実直な日常への同情と大岩へのにくしみがまずしい隣人の証言を有利にみちびいて、判決は意外に軽く、十年であった。遠く網走へ護送される彼ら囚人一行のかたわらにピタリと寄りそった万里の姿があった。彼女は十年、網走で働きながら夏雄を待つ決意なのである。...
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR