FC2ブログ

9年ぶりの木下大サーカス、ホワイトライオン、シマウマ


イメージ 1
2010年の木下大サーカス

11時の回を見ました、全然並ばずすぐ入れましたが終わって外に出ると次の回の長い行列ができていました、平日です。

盛り沢山のショーです、定番のクラウン、空中ブランコのほかに太鼓、オートバイ、
…動画にあります。

自由席だったので大好きなライオンの正面が気になりましたが次々と、ショーが繰り広げられて退屈などしません。

新体操やバレエの雰囲気から始まり私のお目当ての動物は手品で人間がメスライオンにすり替わるショー

人に慣れないというシマウマ3頭

とホワイトライオン含むなんと7頭のライオンショーです。

調教師はライオンにちょっと乗ったり抱き着いたり、かわいがってるように見えました。ライオンは痩せてないし…
小さいころから世話しないと、一人で檻の中に入ることもで来ませんね。

動物園のショーも非難されてみることができなくなりました。
飼育動物の血液検査などに欠かせないので人間と触れ合うことも大事。

動物園の檻に閉じ込められ退屈している場合とショーに出されるのか、
どれが動物にとり幸せなのか。

私にはわかりません。


本物サファリでは生まれてすぐほかの動物の餌になる子もいます。

舞台にあげられ色々体験された方は一生の思い出になりますね。

フランスミュージカルのようなサーカスも以前見ました。

久しぶりのボリショイサーカス👈 2018年

久しぶりのサーカス♪👈2010年
👇は2010年の体験 もう簡単にはこういう過去記事は探せなくなります、残念です。

平日なのにほとんど満員でした。チケット頂いたので早めに行き並びました。猫のサーカスやコルテオはちょっと前に観ましたが木下サーカスは子供時代以来です。

入り口近くで象さん2頭との記念撮影が800円で出来ます。
この象さんもあとで器用な芸見せてくれました。

ピエロの芸から、マジック、つりロープショーへとなかなか迫力ありますね。オートバイの曲芸は轟音と排気ガスで苦しかったけれど。

皆さん動物出てくると嬉しそう。

シマウマ(お互いの背中に頭を置くなど可愛い~)、
キリン(みなさん、キリンってこんなに大きかったのかと声揚げていましたお客さんから餌をもらう)

象(狭い台の上に乗りお辞儀したりお客さんに帽子かぶせる、鼻と鼻をつないで美女を乗せたり)象の曲芸は最近動物園でも観ましたが。

圧巻はトラ4頭とライオン6頭、うなったり吠えたり牙むいたり。それがお腹見せて猫のゴロニャンみたいにしたり。芸が細かくて上手です。たった一人であやっているように見えてお見事。

空中大車輪と言って大きな輪のようなのが二つ連結していて、(公式キサイトに写真あります)スリル満点


空中ブランコの目隠し飛行、紙破り飛行!
落ちた方が一人いてドキッとしましたがすぐやり直して成功!
木下さんと紹介された方がいました。経営者の御家族?



七丁椅子の妙技はありましたが歌舞伎葛の葉やロシアンバーはなかったです。葛の葉はここのお家芸らしいので観たかったです。
木下サーカスは1902年、初代木下唯助が木下サーカスを創立して以来1世紀を越えました。創業期から発展・充実期へと、2代目木下光三の天性の経営手腕の発揮と、3代目木下光宣の優れた指導力によって、多くの困難を克服し、発展を遂げてきました。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

こんにちは♬
木下大サーカス、テントの雰囲気で中の様子が見える様で、
わくわくします。
キリンにライオンにETC・・次々出て来て楽しかったデスネ🎶

街子さんありがとうございます!

今日は動物園もお休みなので、朝から白川公園のサーカスに行ってきました。動物の登場が待ち遠しかったです( ´艸`)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR