スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな演劇観たことない倉本聰「走る」

未分類
02 /18 2017
news_header_hashiru_3.jpg
富良野GROUP特別公演「走る」. 「走る」は、倉本聰がスポーツマンの強靭な精神力と 演劇とを融合させた舞台。 1997年の初演から、肉体的に鍛え上げられた演者が舞台を 縦横無尽に走る姿を. 通じて、それぞれが駆け抜けた人生を描く「人間ドラマ」で大きな ...




公式サイト

キャスト. 東 誠一郎 伊藤 壮太郎 猪子 智史 大山 茂樹 勝又 啓太 久保 勝史 久保 隆徳 熊耳 慶 倉林 一成 小林 宏樹 斉藤 佳器七里海流 クノー 篠木 隆明 シマハラ ヒデキ 水津 聡 竹原 圭一 TERU 黨 清信 沼田 晃平 蓮井 佑麻 羽吹 諒 前田 隆成曖昧 モコ おか ...




これから観劇される方は読まないほうがいいです

私も知識なく観て衝撃と興奮の渦に




皆さま、よく鍛えられて、美しいです




倉本さんは演劇はスポーツより感動出来ないのかと悔しくて

この舞台作られました。




私はいつも充分観劇で感動してます、

勿論脚本が駄目なものは感銘受けず不満が残ります。




金返せと言いたくなる酷い作品もあります。




昨年に続き倉本さんは最後に舞台に上がられました。

本当にお疲れ様です。走らなくても疲れるでしょう。

名古屋に来てくださり感謝です




ウィルあいち二階の大ホールは名鉄劇場のように階段状で観やすい。

名古屋駅にあるので便利です。




松坂屋にもホールが有り昔シラノを観たのでもっと活躍してほしいです。




倉本作品の舞台は昨年と二回しか観ていませんでした。




もっと早くから倉本さんの演劇観ればよかった




最終公演なのです。




迫真の走り、足音揃い、素晴らしい、倒れても不思議ない。




サラリーマンも半端な人数でなく走る、迫力満点です。




ロビーにスーツの男性が多いと思ったら。




完売のはずが真ん中の7席ぐらい空席、これなかったのか、




明日も完売ですがこういう事はない方がいいですね。




高度成長の時代「24時間走れますか」と言うCMが有りました。




走り続けで大事なものを忘れてきたと良く言います。




環境破壊、公害、自衛隊の海外派兵、親子、恋人との別れ、心の荒廃…




昨年北海道の「風のガーデン」見学出来て良かった

ドラマの舞台風のガーデンと倉本さんの思い←











今年は竹下恵子






特別公演に向けた思いを語る倉本さん=北海道富良野市の富良野演劇工場で、横田信行撮影
 北海道富良野市在住の脚本家で演出家の倉本聰さん(82)が率いる演劇集団「富良野GROUP」の特別公演「走る」が15日、富良野演劇工場(同市)で始まり、3月まで全国17都市を回る。倉本さんは「疲れが半端でない。これが最後の舞台演出」と表明。富良野GROUPも今後の活動予定はないという。

 ドラマ「北の国から」などテレビやラジオ、映画などの脚本で長く活躍してきた倉本さんは1984年、富良野市に脚本家と俳優を養成する演劇の私塾「富良野塾」を開設。自らが演出も手掛け、若手の育成に取り組んだ。2010年の閉塾後は、卒塾生らでつくる富良野GROUPが演劇工場や全国で公演を続けてきた。

 「走る」は、1997年初演の富良野塾生向けの作品。それぞれの目的を持って人生という「マラソン」を走…
news_header_hashiru_3.jpg


富良野GROUP特別公演「走る」. 「走る」は、倉本聰がスポーツマンの強靭な精神力と 演劇とを融合させた舞台。 1997年の初演から、肉体的に鍛え上げられた演者が舞台を 縦横無尽に走る姿を. 通じて、それぞれが駆け抜けた人生を描く「人間ドラマ」で大きな ...




公式サイト

キャスト. 東 誠一郎 伊藤 壮太郎 猪子 智史 大山 茂樹 勝又 啓太 久保 勝史 久保 隆徳 熊耳 慶 倉林 一成 小林 宏樹 斉藤 佳器七里海流 クノー 篠木 隆明 シマハラ ヒデキ 水津 聡 竹原 圭一 TERU 黨 清信 沼田 晃平 蓮井 佑麻 羽吹 諒 前田 隆成曖昧 モコ おか ...




これから観劇される方は読まないほうがいいです

私も知識なく観て衝撃と興奮の渦に




皆さま、よく鍛えられて、美しいです




倉本さんは演劇はスポーツより感動出来ないのかと悔しくて

この舞台作られました。




私はいつも充分観劇で感動してます、

勿論脚本が駄目なものは感銘受けず不満が残ります。




金返せと言いたくなる酷い作品もあり案す。




昨年に続き倉本さんは最後に舞台に上がられました。

本当にお疲れ様です。は知らなくても疲れるでしょう。

名古屋に来てくださり感謝です




ウィルあいち二階の大ホールは名鉄劇場のように階段状で観やすい。

名古屋駅にあるので便利です。




松坂屋にもホールが有り昔シラノを観たのでもっと活躍してほしいです。




倉本作品の舞台は昨年と二回しか観ていませんでした。




もっと早くから倉本さんの演劇観ればよかった




最終公演なのです。




迫真の走り、足音揃い、素晴らしい、倒れても不思議ない。




サラリーマンも半端な人数でなく走る、迫力満点です。




ロビーにスーツの男性が多いと思ったら。




完売のはずが真ん中の7席ぐらい空席、これなかったのか、




明日も完売ですがこういう事はない方がいいですね。




高度成長の時代「24時間走れますか」と言うCMが有りました。




走り続けで大事なものを忘れてきたと良く言います。




環境破壊、公害、自衛隊の海外派兵、親子、恋人との別れ、心の荒廃…




昨年北海道の「風のガーデン」見学出来て良かった

ドラマの舞台風のガーデンと倉本さんの思い←











今年は竹下恵子






特別公演に向けた思いを語る倉本さん=北海道富良野市の富良野演劇工場で、横田信行撮影
 北海道富良野市在住の脚本家で演出家の倉本聰さん(82)が率いる演劇集団「富良野GROUP」の特別公演「走る」が15日、富良野演劇工場(同市)で始まり、3月まで全国17都市を回る。倉本さんは「疲れが半端でない。これが最後の舞台演出」と表明。富良野GROUPも今後の活動予定はないという。

 ドラマ「北の国から」などテレビやラジオ、映画などの脚本で長く活躍してきた倉本さんは1984年、富良野市に脚本家と俳優を養成する演劇の私塾「富良野塾」を開設。自らが演出も手掛け、若手の育成に取り組んだ。2010年の閉塾後は、卒塾生らでつくる富良野GROUPが演劇工場や全国で公演を続けてきた。

 「走る」は、1997年初演の富良野塾生向けの作品。それぞれの目的を持って人生という「マラソン」を走…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

hitomi5235

猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。