スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金曜日の声 官邸前】反原発 無関心に怖さ 2017年2月4日  東京新聞  

02 /04 2017

 千葉県柏市の看護教員 山本浩毅さん(31) 被ばくして体内の染色体が壊されると、今の医学では元に戻すことは不可能。原発を再稼働することは命や健康を危険にさらす可能性があるということで、経済性とてんびんに掛けるべきではない。

 さいたま市南区の専門学生 竹村遊さん(29) 原発事故から間もなく6年。学生団体SEALDs(シールズ)の登場で若者に反原発の声が盛り上がった時期もあったが、最近は下火になっている。無関心が広がっているようで怖さを感じる。


===========================================
脱原発のメッセージを掲げて抗議活動に参加する人たち



転載元: 情報収集中&放電中

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

hitomi5235

猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。