死んでるように大人しい ヘ(´o`)ヘ




 帰宅した次男の第一声です。いつもはやんちゃの仔猫が避妊手術から帰ってきました。

 朝、病院へ連れて行き夕方には帰宅。母猫と同じで1週間後抜糸に行く。2,3日辛そうだった。

 オスは去勢手術でメスのように開腹手術でないのですぐ元気になりました。

 この病院には以前、いつもいる猫がいて聞いたら

 「病院の方が好きになった。おうちに帰れなくなった」と。

 本でも多頭飼の場合、長く病院にいるとその臭いが付いて前に一緒に暮らしていた仲間と分からなくなり他の猫に攻撃される事があると読んだことがある。

 

 餌を少し食べて、ブランが夫の布団の上で、ダブルンが私の布団の上で寝ました。

 普段はダブルンは父ちゃん猫のそばか、人間の父さんの布団の上が好きなのに。

 父ちゃん猫は親から早く離されぺットショップにいたせいか、私のそばでチュパチュパして寝るのが好き。リボンは昼寝のとき、フミフミします。

 生まれてすぐの頃はペット用ベットに寝ましたがその後は親たちと同様、そのときの温度や気分?で寝場所が違います。

 その後次男が帰宅した時には居間のホットカーペットの上に移動してました。

 お腹ははじめ見るのも恐くて。お腹の毛を剃ってるのでが今まで隠れていたおっぱいが見えます。

 この写真では糸が見えませんね。写真撮ってごめんね。

 ブランのお腹はピンク色で綺麗なのにダブルンはちょっと赤い。心配。

 朝食べなかっただけなのにダブルンはげっそりやせていた。人間で言うと13歳。

 
 黒っぽいダブルン(額の模様がWに見えると夫が命名)は寝てる姿がパパにそっくり。

 花瓶すぐひっくりかえしてしまうブラン(ピンクの首輪、白っぽいので次男がフランス語の白でブランと命名)も大人しい。

 ペットショップにいたわけでなく寂しい思いをしたことがないので余計ショックだったのでしょうか。


 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR