玉三郎舞台挨拶


6月3日、梅田ピカデリーで玉三郎丈が舞台挨拶されました。さすがのお言葉です。

お客さんへ一言メッセージをお願いします。―――
 歌舞伎の戯曲は、男性が書いたものがほとんどで、有吉先生のように女性が書いた戯曲というのはまれなので、そこを見ていただきたいですね。楽しくて哀しくて、愛情がいっぱい溢れた作品です。そして、人生には解決しないことがあるという女性ならではの人生観というのが、お園を通して描かれていると思いますので、ぜひそこを見て下さい。今日はどうもありがとうございました。

歌舞伎美人http://www.kabuki-bito.jp/news/2008/06/post_303.htmlより

映画の感想"http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24078616.html

この挨拶を生で観た方はラッキーですね。



3月の昆劇合同公演http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/22262346.htmlの楊貴妃や深窓の令嬢とこの芸者とは同一人物とは思えません。

http://movie.blogmura.com/"><img src="http://movie.blogmura.com/img/movie88_31_1.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 映画ブログへ"http://movie.blogmura.com/moviereview/http://movie.blogmura.com/moviereview/img/moviereview88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR