「休暇」と「山桜」の原作を読む


「休暇」と「山桜」の映画を観て原作を読んだ幸せ。しかも2本とも短編なのですぐ読めます。

休暇http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/23993784.html

山桜http://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/24212571.html 

諏訪平右衛門は 富農が捧げる賄賂で屋敷を新築し、新しく別宅を設けて妾を置き豪奢な暮らしをしていた。そのやり方は小農を絞り上げるものなので三ヵ村の百姓が大挙して代官所に強訴してきた。新田を持つ富農に有利な検見の方式が度重なる訴えにもいっこうに改まらなかったのに憤激したためという。その諏訪を手塚は斬ったのだ。

野江の夫は「剣術が達者だからみんなに剣の腕前を見せたかったのか。正義派というのがいてな、時々、こういうことをやるものだが一文の特にもならない。馬鹿らしい話だ。」とのたまった。正常な女性はこんな男は許さないですね。

「休暇」も「山桜」も原作に忠実で映画化されてよかった。

写真はイギリス、キフツゲートコートガーデンhttp://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/17571878.html
で案内してくれた黒猫さん。すばらしい庭園です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR