FC2ブログ

花と兵隊



  右側の奥様、お若い時の写真とてもチャーミングで綺麗です。「一人取りのこされたこの可哀想な日本兵と結ばれなければならなかった」

観るだけ見ても時間がたってしまい不十分なレビューですいません。もう一度観たい映画です。
「嗚呼、満蒙開拓団」とおなじ映画館で上映していたので続けて鑑賞しました。

花と兵隊公式サイト


地獄のDECEMBERー哀しみの南京ーでも 今読んでいる「葉山嘉樹への旅」でも夜中にうなされる父親の話が語られている。

どこでも現地調達、ろくに食糧持たされないから現地の人の大事な食物や命、女性を奪ったり。そんなことも出来なくなると餓死、病死が待っている。

「ロウムシャ」という言葉が残っているぐらい現地の人や捕虜を使役して作らせた泰麺鉄道。

日本兵は戦闘で死ぬより餓死、病死が多かった。

たとえ、無事に戦地から引き揚げてきても加害の事実や戦友のことで告白することも出来ないような大きな心の傷を負っているのである。

ようやく孫のような監督に口を開いてくれた元日本兵。

この映画は20代の監督、松林要樹さんが90歳前後の帰国できなかった元日本兵をインタビューして出来たドキュメントです。
制作中、2名がなくなっている。

市川昆監督の「ビルマの竪琴」は有名ですね。
なぜ水島上等兵は僧侶となりビルマにとどまったのか。



この元日本兵人と結婚してくれた少数民族の女性たちの存在は大きい。

藤田松吉さんは「苦しいや、自分の心が苦しい」「全部殺してしまえという命令が出た。(シンガポール華僑虐殺)女も子供もどんどん殺して行った 苦悶する表情。

日本兵の遺骨約800柱を自分で収集し慰霊塔を建立!

上官は部下を見殺し。命令出した国もトップも責任にとらないのは今も同じ

プロデューサーの安岡卓治(たかはる)は「ゆきゆきて、神軍」の助監督。この映画も衝撃的でした。
マイケル・ムーア監督が「生涯観た映画の中でも最高のドキュメンタリーだ」と語っている。




奥崎謙三は、かつて自らが所属した独立工兵隊第36連隊のウェワク残留隊で、隊長による部下射殺事件があった事を知り、殺害された二人の兵士の親族とともに、処刑に関与したとされる元隊員たちを訪ねて真相を追い求める。元隊員たちは容易に口を開かないが、奥崎は時に暴力をふるいながら証言を引き出し、ある元上官が処刑命令を下したと結論づける。ウィキペディアより



シネマトゥデイより
花と兵隊ストーリー:タイと旧ビルマの国境付近。多くの日本兵が戦死したり帰国したが、今もこの地で老後を送る者たちがいる。パオ族の女性と結婚した坂井勇は精米所を経営し、裏庭をカレン族やパオ族の人たちに貸しながら生活を送っていた。また、藤田松吉は800体の遺骨を集めて慰霊塔を自費で建てた。今、戦争の悲惨さが彼らの口から語られる。

関連映画

蟻の兵隊今も体内に残る無数の砲弾の破片。それは“戦後も戦った日本兵”という苦い記憶を奥村和一(80)に突き付ける。かつて奥村が所属した部隊は、第2次世界大戦の終結後も中国に残留し、中国の内戦を戦った。しかし、長い抑留生活を経て帰国した奥村たちを待っていたのは、逃亡兵の扱いだった。戦後3年もたった戦闘で、なぜ戦友は“天皇陛下万歳!”と叫んで死ななければならなかったのか。真相を明らかにするまでは、死んでも死にきれない映画生活より

他に最近観た映画
ヒロシマ・ピョンヤン棄てられた被爆者
アウェイ・フロム・ハー 君を想う(テレビ視聴)
GIジョー ハリウッドでも頑張ったイ・ビョンホンが観たくて。
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR