FC2ブログ

アリス・イン・ワンダーランド





アリスがジャンヌ・ダルクのようでカッコいい~
アン・ハサウェイの白の女王の美人振り。
綺麗だけど魔女のように薬作りも。
3D映画初体験です。
割引きもないのでいつもの二倍の料金です。
19歳のアリスと言うのが面白い、アリスの成長物語ですね。

あの頃の女性は相続権も職場もなく良縁がないとみじめな境遇になりました。

アリス・イン・ワンダーランドオフィシャルサイトジョニー・デップxティム・バートン監督x「不思議の国のアリス」のその後… 救世主アリス、戦う―。ワンダーランドを救うために…

出演者が皆魅力的。チョコレート工場のお母さん役、ヘレナ・ボナム=カーターはスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師などでゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) にノミネートされた。日本の舞台では 大竹しのぶが好演しました。
ヘレナは監督のパートナー。変なメイクばかりさせられるとヘレナのお母さんはおかんむりのようですが、監督を信頼している素敵なパートナーなんですね。

今回も大きな頭の赤い女王、悪役ですがなぜかおかしい。うまいですね。

まともでないことの素晴らしさ、同じ夢を見るアリス(お人形のようにラブリーな子役です)にお父さんはとてもいいことを言います。

ジョニー・デップの帽子屋さんやチシャ猫はアリスに優しい。

大きくなったりたり小さくなったり、その時々の衣装、「風と友に去りぬ」と同じようにカーテン出福作ってもらったり、小さくなった時、帽子屋さんにチャチャと可愛い服作ってもらったり細部まで魅せます。

紅茶を注ぐ所、なんかもいいですね。

青虫は丸眼鏡かけてお父さんみたい?

ウサギや犬などの動物たちも笑わせたり怖がらせたり。

アリスの話は子供の時は荒唐無稽でチンプンカンプン。好きではなかったのに大人になったらそのダークな面が気になってきました。
きっかけは海洋堂のフィギュアかも(笑)



海洋堂のフィギュアはテディベア、世界の民家、アンティークドール、アリス、ミュシャ を集めました。シークレットなどもいくつか当たったのではまりました。




不思議の国のアリス (とびだししかけえほん) (大型本)
ロバート・サブダ (著), わく はじめ (著), ルイス・キャロル (著)
無理してゲットしました。

他に工藤和代「鏡の国のアリス」

金子國義 挿絵の「不思議の国のアリス」など。




英国貴族の庭園も妙に暗い、白い女王の城もちょっとグレーかかってるような。八重桜?の並木が綺麗~♪





  

児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。アリスを演じるのはオーストリア出身の新進女優ミア・ワシコウスカ。ストーリーの鍵を握る重要なキャラクターである帽子屋を、バートン監督と7度目のコンビとなるジョニー・デップ。そのほかにヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイら豪華キャストの出演も話題となっている。
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR