世界ふれあい街歩きイギリス コッツウォルズ





先日よりブログのお友達お二人がこの番組について教えて下さっていました。今、ちょうど観ることが出来ました。これは二回目の分です。
自分が歩いてるような感じに出来ていますね。

私も小道で馬に乗ってる人に出会いました。細い道で初め犬が二匹来て、轢かなくて安心と思ったら次に馬上の人が来たのです。

見通し悪いし、ウサギも顔出すし、犠牲動物は転がってるし、神経使いました。

廃墟の感じを残したスードリー城、懐かしい!

ここに行く前にウィンチコムの街中に迷い込んでしまいました。

ダンスする人や蒸気機関はその前に湖水地方に行くときに観たり乗ったりしました。
列車内で可愛い女の子の写真撮りました。
スペイン行った時も列車内で少女に気に入られました?
顔が平ペったい東洋人が珍しいのかも(笑)

チッピング・カムデンは近くにキフツゲートコートガーデンヒドコートマナーガーゲンがあるので二回行きました。

最初は苦労してバス乗り継いで行ったため時間が勿体なくて懲りて二回目は思い切ってレンタカーにしました。

番組に出てきた茅葺屋根やマーケットホール。

400年もたっているホールのすぐ近くのATMを利用しました。小心者で現金ちょっとしか持っていなくてここでドキドキして引き出しました。

無事にお金が出てきてよかった。B&Bに払うお金が足らなかった(苦笑)
チョッピングカムデンではこのB&Bに二回泊まりました。
大きなベッドによじ登る感じ。
バスルームは共同なのですが他に宿泊者もいないのでバスタブも使えました。

でもどうやって掃除するのと言う代物、同じ部屋にシャワーもあるのですがー離れているのです。

最初の年は男性の宿主だけでちょっとビビりましたが朝食も美味しくて。よく年は奥さんがいました。

サンルームのような所で朝食。グレープフルーツも綺麗にカットしてくれました。ほかの農場B&Bはまずかった!


番組最後の景色抜群の場所は、二回目の時、スードリー城に迎えのタクシーが来なくて困っていた女性に同乗してもらい、教えてもらいました。

そこから見た景色はテレビよりずっと素晴らしかったのです。
写真が撮れなかったのです(泣)


ヒドコートの白藤の仕立て方にノックアウトされました。



ヒドコートマナーガーデン 夢のような庭がいくつもあります。



チッピングカムデン  B&Bの隣家、このような家々が続いています。


以下は引用です。
世界ふれあい街歩きイギリス コッツウォルズ
■コッツウォルズII
コッツウォルズ地方の小さな街を歩く旅の後編。
北部の2つの街、ウィンチコムとチッピング・カムデンを訪ねました。

蒸気機関車が走るウィンチコムには、ゴチック様式の教会や庭園がみごとなスードリー城が。 お肉屋さんによると、ここは人々が働き、生活するワーキングタウンだとか。 一方チッピング・カムデンには、わらぶき屋根やこの地方特有の岩でできたハチミツ色の石壁が美しい、絵本から抜け出したような家並みが続いていました。 2つは異なる雰囲気を楽しみながらの街歩きです。
語り:牧瀬里穂
撮影:2009年5月
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR