バガテルバラ園の動物たち



バガテルとはフランス語で「小さくて愛らしいもの」という意味。
パリ市内ブローニュの森の一画に位置するバガテル公園には、幾何学模様の庭園や菖蒲園、池などがあり、季節の様々な花を楽しむことができる、パリ市民にこよなく愛される公園です。
なかでも20世紀初頭の天才造園家フォレスティエがモネたち印象派の画家にインスピレーションを得て設計したとされるローズガーデンは、毎年6月に「国 際バラコンクール」が開かれるなど、世界で最も権威あるローズガーデンとして知られています。約1万本のバラが植えられている。

河津バガテルにはマリーアントワネットの田舎屋のコピーがありレストランになっています。やはり規模が違いすぎます。

バガテルばら園はちょっと遠いし広いのでやめようかと思いましたが2004年に行った時、奥の風景式庭園?の所でフィルムが尽きて写真が撮れず気になっていましたのです。
その映像はネットを探しても出てこなくて。と言うことでやっぱり行きました。無料でした。




定番の孔雀、空を観ておわかりのように、開園前、30分以上も雷雨で早く着きすぎた私は震えあがりました。
寒いし、ここで雷で死んだら…






この猫はたまった雨水を飲んでいました。



















メスはひっそりと木の陰に







まん中に小さく茶色のネコ。ギリシャ・ローマ風の像の間にモノクロの古い動物写真、ここもアニマル展?




バガテルのバラの御紹介は、これからです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR