パリ・マルモッタン美術館







松坂屋美術館でマルモッタン美術館展や市美術館でのモネの「印象日の出」を鑑賞したことがありますが今回やっとパリ・マルモッタン美術館を訪れることが出来ました。

凱旋門は今回も観るだけに終わりました(苦笑)
下まで行くと人が多く、せっかちな私は美術館へ。





ブローニュの森の バガテル薔薇園からマルモッタン美術館へ行きました。
帰りはラヌラグ公園を通って…

ここも内部は撮影禁止でした。次のサイトに邸宅内の写真があります。
パリ情報マルモッタン美術館

印象派絵画のコレクションで有名ですがナポレオン1世が所蔵した調度品や絵画などの展示があり賑わっていました。

私の好きな扇も日本のもの現地の物とありました。
これはポストカードもなく残念。

以下はここで販売されているポストカードです。
花の絵が好きなのです。ここはグッズ売り場が充実しています。




   





   



左の絵は向きが違うかもしれません。
モネは睡蓮も沢山描いてるので日本の美術館にもありますね。
2004年にパリからのバスツアーでモネの庭とゴッホの教会、お墓を訪れました。日本語ツアーの日が合わなくて、同行は白人さんばかりでした。90年代のモンサンミッシェルのツアーは日本語ツアーで静岡大学の女性教授の方に親切にしていただきました。




日本では特別待遇の展示でした。この「印象日の出」は未完の作品と酷評されたり盗難にあったりしています。このサイトが詳しい。
モネの印象日の出

以下はパリ情報マルモッタン美術館からの引用です。

美術館の建物は1840年に狩猟用に建てられたもの。実業家・ジュール・マルモッタンが館を買い取って邸宅に改装、美術史家であり収集家であった息子のポールが受け継ぎ、彼の死後、美術コレクションはアカデミー・デ・ボザールに寄贈されました。そして1934年から美術館として公開されています。

モネのコレクションは1957年にモネの医者であったジョルジュ・ド・ペリオの収集品が彼の娘から寄贈され、さらに1966 年モネの次男より寄贈されたもの。そのほか個人コレクションからの寄贈を受け、印象派の美術館として有名になりました。010年の6月から開催中の企画展「モネと抽象」では、印象派とその対極にあるともいうべき表現主義の関係をモネ、抽象主義の創設者とされるカンディンスキー、抽象表現主義の代表的な作家ポロックなどによる40点の作品を通して紹介しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR