コモ湖のエステ荘内部その2



 

玄関ホールから反対側、湖に出る扉、ここにもエステ家の紋章

エステ家(famiglia d'Este)は、中世以降のイタリアの有力な貴族の家系。学芸の保護者を生んだことでも知られる。


 





 

 


 


 

ヨーロッパ唯一の絵本美術館、トロースドルフ美術館が誇る「赤ずきん」コレクションのなかの絵に似ています。


 

お皿にも紋章、こんなフルーツが山盛りなんて部屋は最初で最後でしょう。

 

朝食時のレストラン、宿泊代と別でショックでした。

夕食は無し、コモ湖に来るときに食堂車でスープとパスタを頂いたので。


 

こんなホテルでコックさんが卵料理など目に前で作ってくれてもスープは無し。ケーキよりスープが欲しかったのですが。

エジプトの(近畿日本ツーリストーの格安)ツアーは9.11後の初めてのツアーで元王宮ホテルやマリオネットでしたが特に後者は何でもあったと思います。


 

この階段の下にあるのは‥


 

パウダールーム、トイレです。


 


 


 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR