終わりなき事故の後始末、住民の暮らしは? 





香りの名花HTブルームーン、うっとりする香りです。






みなさま       西英子です。

11月は原爆・原発問題を取り上げます。

*****************************************************
   終わりなき事故の後始末、住民の暮らしは? 2本上映 (2日間)
*****************************************************
  
『チェルノブイリの今~フクシマへの教訓』 60分
    ジャーナリスト 高世仁 制作 
   
   ①老朽化した「石棺」をさらに覆うシエルターが1500億円を投じて
    建設中。後始末はいつ終わるとも言えないと技術者はいう。
   ②30Km圏内の立ち入り禁止区域に住む高齢者たち。孫たちも来て
    くれない。それでも住みなれた故郷からは離れたくない。
   ③がんと生きる被曝者。事故後1週間も何の指示もなく避難しなかった
    人びと。事故のときは幼児であった人びとが今は思春期や青年期
    になり、結婚、妊娠、出産に不安を抱いて暮らしている。

 どの問題も福島の明日を暗示するような気がします。ぜひごらんください。

   
『原発~その利権の構造』 30分
    ジャーナリスト 西谷文和 制作
    放射能で汚染された土地に住む福島の子どもたち、劣化ウラン
    弾で被曝したイラクの子どもたちと重ねて「原発問題」を考える。
    田中優氏、小出裕章氏へのインタビューを通して、「原発のウソ」
    を明らかにしていく。

   と き: 11月12日(土)と13日(日) 
               午前10時30分~12時10分
   ところ: 伏見ライフプラザ 12F 第1研修室
   資料代 500円
   主 催: 国民保護法制を考える

*******************************************************
 被曝国がなぜ 原発大国になったのか 
       
        ~安保、「原子力平和利用」とヒロシマ~
*******************************************************
日 時: 11月23日(休) 午後1時30分~4時30分
場 所: 伏見ライフプラザ 12階 第1研修室
     
講 師: 広島平和研究所  広島市立大学教授  
      田 中 利 幸 さん
主 催: 国民保護法制を考える会
参加費: 1000円

原爆と原発
この数年、NGOピースボートは世界一周しながら、原爆の恐ろしさを
訴え続けてきている。ところが、今年は寄港先で「原爆に被害にあった
日本がなぜ あれほどの原発を持っているのか」と聞かれ、被爆者た
ちは言葉を詰まらせているという。

「平和利用」という言葉を信じ込まされて「原発の安全神話」を疑う
ことがなかった日本人。原爆と原発は別のものだと思い込んでいた
われわれ日本人。「原子力の平和利用」とは何か、原点にかえって
考えてみる必要がある。
それは、戦後のアメリカの核戦略の一環に日本が組み込まれていた
ためではないか。日米安保条約と原発の推進はきり離しがたく結び
ついているのではないか。
田中利幸教授はその問題をくわしくお話します。

(参考図書)
『原発とヒロシマ~「原子力平和利用」の真相』
田中利幸、 ピーター・カズニック 共著 
岩波ブックレット 525円 発売中




HT夕霧
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR