FC2ブログ

玉三郎京都賞記念講演会


第27回(2011)京都賞記念講演会 坂東玉三郎丈
「世のため人のためということでお創りになられた賞をいただけたということを幸せと思っておりますし、この先もそのように生きていきたいと思っております。」
第27回(2011)京都賞 思想・芸術部門受賞の報せを受けた五代目 坂東玉三郎丈のコメント映像です
http://www.youtube.com/watch?v=-wHhjT0ky_4

京都賞と稲盛財団について
 稲盛財団は稲盛和夫 京セラ名誉会長の人生観である「人のため、世のために役立つことをなすことが、人間として最高の行為である」、そして「人類の未来は、科学の発展と人類の精神的深化のバランスがとれて、初めて安定したものになる」という理念のもとに設立された財団です。京都賞はその理念を具現化すべく行っている顕彰事業であり、世界中から推薦された候補者の中より、公正かつ厳正な審査選考を経て決定される国際賞です。毎年、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門(※15回目までは「精神科学・表現芸術部門」)の各部門に1賞、計3賞が贈られます。
 映画・演劇界からは、第3回アンジェイ・ワイダ(ポーランド、1926-)、第7回ピーター・スティーヴン・ポール・ブルック(イギリス、1925-) 、第10回黒澤 明(日本、1910-1998)、第15回モーリス・ベジャール(フランス、1927-2007)、第19回吉田 玉男(日本、1919-2006)、第23回ピナ・バウシュ(ドイツ、1940-2009)が受賞しています。
 
京都賞HPより
 
三月は京都賞の講演会にサン・デイエゴにいかれるそうです。玉三郎HPはロンドンの画像、何十年かぶりにヨーロッパにも行かれるそうです。
 
テレビで放送した京都賞受賞インタビューは後ほどです。


スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR