ソメイヨシノ、ハナズオウ咲いてきました。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川沿いのソメイヨシノとハナカイドウ、ハナズオウはプチプチした赤紫の蕾
 、白い花もあります。すいません間違えたので訂正しました。
右は花壇のローズマリー(真冬も咲いてましたが春になり、花盛りに)と水仙。
 
ハナズオウ(花蘇芳、Cercis chinensis)は中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜科[1]落葉低木で、に咲くが美しいためよく栽培される。
高さは2-3mになり、はハート形でつやがあり、葉柄の両端は少し膨らむ。早春に花芽を多数つけ、3-4月頃に先立って開花する。花には花柄がなく、枝から直接に花がついている。は紅色から赤紫(白花品種もある)で長さ1cmほどの蝶形花。開花後、長さ数cmの豆果をつけ、からに黒褐色に熟す。花蘇芳の名は、花弁の色がスオウ(蘇芳)で染めた色に似ているため。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

頂いた椿岩根絞りと頂いた花束。
 
左はサンシュとソメイヨシノ
 
工事が終わって又この階段下っていけるようになっていました。早朝、ここに行くと高原にでも行った気分になれるので嬉しいです。
 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR