なぜ?2003年に▼福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた▼小泉、安倍首相を痛烈批判?

 
なぜ?2003年に原発の安全装置の削除を次々と決めたのか?
▼安全 vs 自爆▼ 
↑より引用↓

【原口前総務相】福島第一原発の安全装置

小泉政権撤去していた

 
この動画の中で、
原口一博氏は、福島第一原発の安全装置の撤去に関しては、
すべて事実を述べています。
この内容は公文書などで確認できました。

初めて原口一博氏が、
福島第一原発の安全装置の撤去について言い出したとき、
「自民党の小泉政権時代に安全装置を取り外したというのは原口のデマ」である、と言い出して、
必死に自民党の愚行を否定していたブロガーたちがいます。

彼らの言うことこそ、大嘘でした。
小泉純一郎を擁護する得体の知れない連中は今でもいます

このおかしなブロガーの書いていることがデタラメであることは、
この動画や政府が出している公式文書を読めばすぐに分かることです。

原口一博氏が引用している、福島第一原発3号機の
冷却システムを設計した元国立佐賀大学学長の上原春男氏の証言は、
こちらの記事で扱っています。

また、原口氏の指摘する「安全装置の一部の撤去」については、
原子力安全委員会の速記録に明記されています。
(下の公式文書の抜粋部分)
(抜粋終)
 
 
 
 
 
 
 
↑の抜粋は
↑カレイドスコープさまより一部抜粋のものです。
もう皆様は良くご存知ですが、繰り返し、確認したい。
 
 
安全装置をはずさせておいた当人が アトラー批判する?
 
何から目をそらさせたいのか?
ご自分のなさったことを棚上げですか?
批判することで隠したいものは、何ですか?
アトラー批判は 自民党の人気取りですか?
 
総理として安全装置を取り外した「説明」と「責任」があります
 
国民には、真実を請求をする「義務」と「権利」があります
 
 
国民は 劇場型あなたの言動にうんざりです!
 
フクイチ安全装置撤去の「説明」と「責任」は、どうなさいますか!
 
 
 

懺悔なされても、戻らぬ
深すぎる罪もある
 
「いのち」も「地球」も「ひとつ」なの
 
 
 
↑より引用↓
小泉、安倍首相を痛烈批判 「汚染水は漏れている!」
(日刊ゲンダイ2013/9/27)

安倍首相は頭を抱えているに違いない。
小泉純一郎(71)が、またしても「脱原発」をブチ上げたからだ。
しかも、汚染水について「完全にコントロールされている」と豪語した安倍首相の発言を、真っ向から否定してみせた。


8月下旬、毎日新聞の政治コラムで「脱原発」を訴える小泉元首相の肉声が伝えられ、自民党内が大騒ぎになったばかり。
今度は200人の聴衆を相手に「脱原発」の持論をとうとうと語った。

小泉の発言が飛び出したのは9月24日。
雑誌「PRESIDENT」の創刊50周年記念フォーラムの
ゲストスピーカーとして1時間講演した。

なぜ、自分が「脱原発」を訴えるようになったのか理由も明かした。
〈大震災の後、NHKで放送された「10万年後の安全」というドキュメンタリー番組を見たんです。衝撃的だった。自分なりに勉強して、原発はゼロにすべきだという結論にいたった〉

極め付きは「汚染水」についてだ。
〈いまだに漏れている。どこから漏れているのか、どっちに行くのか、大丈夫なのかさえ分からない。現在も3000人の作業員が汚染水処理のために働いている。ヘルメットして、マスクして、防護服を着て〉

名指しはしていないが、
「コントロールできている」と発言した安倍首相を批判したのは明らかだ。
毎日のコラムでも〈総理が決断すりゃできる〉と、
安倍首相に「脱原発」を迫っていた。

最近の小泉元首相は、人に会うたびに「脱原発」を唱えているらしい。
9月16日、主賓として呼ばれた披露宴の時も、
最後まで5時間も式場に残り、挨拶にきた議員ひとりひとりに
「原発をやめるべきだ」と説いていたという。
 
政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。
「小泉さんは、自分の発言が安倍首相に伝わると分かって発言しているはず。真意は『早く原発廃止に踏み切った方がいい』というアドバイスであり、
同時に『最後通告』でしょう」

財界に取り込まれた安倍首相は、原発推進に完全に舵を切っている。
この先「小泉VS.安倍」がどうなるか見モノだ。


転載元: 模型飛機

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR