FC2ブログ

SONGS「五輪真弓」とキリシタン迫害

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
最近テレビで観た藤原紀香さんのルーツ、
中村獅童の父の反骨ぶり SONGS「五輪真弓」とキリシタン迫害
見どころありました。見逃した方、再放送があったらぜひどうぞ。
 
 
藤原紀香さんが、13日の自身のブログで「秘密保護法案」(藤原さんは「秘密保全法」と書いている)について「国民の一人として」堂々と危機感を表明し、現在行われている法案の概要へのパブリックコメント(意見公募)に自らが応募したことを明らかにし、意見をあげようとよびかけた。
国際活動や人道支援への協力も上記のWIKIに載っています。
 
 
ヴァイオリンだけでも11人の「恋人よ」は絶品でした。
 
 「恋人よ」の誕生エピソード。

究極の別れの歌を書きたい、と思っていた五輪さんに、
アルバム「少女」の編曲担当だった木田高介氏の訃報が届いた、
初めてのレコーディングで戸惑う彼女を兄のように支えてくれた人の死がこの曲を作ることになった。

 
 
 
世界10月号でも秀吉や徳川幕府の残酷極まりないキリシタン迫害の記事がありますが10月12日放送されたSONGS「五輪真弓」にも
明治になってからの五島列島久賀島のキリシタン迫害
200人が6坪の牢屋に押し込められ座ることもできず、42人が殺された!
 
五輪さんがお墓参り キリストの愛にもとずく信仰、それがなぜ迫害に遭わなければならないのか。
 
今この時代にもアベ政権は秘密保護法で国民を江戸幕府や明治政府と同じように国民を縛りあげようとしています。
 
このキリシタン迫害は他人事とは思えません。
 
 
私も一人旅でコッウォルズでタクシーもない場所で往生したことがあるのでわかります。
 
五輪真弓が、ニューミュージック界期待の新人シンガー・ソングライターとしてデビューして40年。独自の感性で紡いだ曲を数多く歌ってきた。番組では、父の故郷である長崎県五島列島の久賀島を訪ね、キリシタンとして生きた先祖の苦難や父の面影に触れながら、自身の歌のルーツを振り返る。久賀島を初めて訪れた時に作曲した「時の流れに~鳥になれ~」は、島全体を見渡す高台で熱唱。島の空気を満喫する五輪さんの一日を追う。
 
佐世保の九十九島遊覧したばかりなので五島列島の美しい映像にも惹かれましたがこの様な悲劇があったとは。
 
虹の松原も美しく海水浴場ですが私が毎日のように泳いだ知多半島の内海海岸は本当に細かくて白い綺麗な砂浜です。珍しい海岸です。昔はサンドスキーが行われていたとか。この千鳥ヶ浜海岸の水質は「日本の渚百選」のひとつ
 

 

 
友人と観た内海海岸のサンセット 前の画像と同じ海岸です。秋 
先日の快晴の九十九遊覧も私たちが乗ったすぐあとはそのあとはサンセットクルーズでちょっと残念、
最近BSで再放送された永 六輔出演の各地のサンセット録画しました。
船長は曇りの時わずかな太陽の姿を求めて船を移動させてました。
見せてあげたい気持ち一杯!
スポンサーサイト



コメント

Secret

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR