癒し系時代劇(笑)猫侍と明治の女子教育

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
 

新聞紹介で珍しい癒しの時代劇というので3回目ですが観ました。
撮影には猫は3匹使われているそうですが、この子がやはり一番可愛い。二匹は見分けつきましたが。
 
こわもての北村一輝の浪人が猫のノミや排泄物に慌てふためく(笑)
イクラタレント猫ちゃんでも撮影大変でしょうね。猫シャンプー美濃大人しく、風呂敷の中に大人しくしてるはずがあり案千が。
 
朝の「ごちそうさん
生真面目な友人は「いつも食べている、御行儀が悪い、あの時代の女性は立派なのに」とおかんむりですが私は明治村は出てくるし、単純に美味しいものが出てきて笑えるので楽しく観ています。
あれだけ食べる俳優さんも大変。杏さんの北条政子も好きでした。
相手役の帝大生がハンサム♪
 
大河ドラマではないの史実通り作らなくても、いいのでは。
題名も「御馳走さま」でないのも「海女ちゃん」や薬のように最後に「ん」がつくとヒットすると言うジンクスがあるそうで。
 
新島八重、腕相撲、大山岩巌相手に!
大山捨て松がアメリカ留学帰りでも仕事がないと嘆く様子は昔から読んでますが。
 

常盤貴子と「筆子・その愛 天使のピアノ」

障害児教育に生涯を捧げた石井筆子は東京女学校を卒業後、皇后の命によりヨーロッパに留学。帰国後、筆子は津田梅子と共に華族女学校の教師となり、筆子はフランス語科目の授業を受けもった。そのときの教え子に貞明皇后がいた。また鹿鳴館の舞踏会にも度々参加し、「鹿鳴館の華」と評判だった。
 


 
憲法制定過程もちゃんと描いてほしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
追記
ご馳走さんは今日初めて「御馳走様」と言ってましたがますます非難浴びそうな展開です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR