宝塚JINと米で強制収容経験の日系人俳優タケイさん 反イスラム感情に懸念

今日やっとJIN宝塚版の録画観ました。


テレビ版も評判でしたが全部は観ていません。
舞台版は短い時間でまとめなければならないので大変です。

トップの音月桂が歌唱力有って
舞台の奥でも芝居をしていて感動的に出来てました。

サムライ役や火消し役、様になっていて感心しました。

女性がここまでになるには長期の修練が必要ですね。

脚本がちょっと?と思う部分もありますが。





日系米人強制収容所を描くミュージカル

我々の物語をブロードウェイで上演できるのは

夢のようだとジョージ・タケイさん


画像と以下の文は東京新聞からです。

米で強制収容経験の日系人俳優タケイさん 反イスラム感情に懸念

第2次世界大戦中の米国で日系人が強制収容された歴史をテーマにしたミュージカル「アレジャンス(忠誠)」に出演する日系人俳優ジョージ・タケイさん(78)が25日、ニューヨークでトークイベントに参加した。幼少期を収容所で過ごしたタケイさんは「米国は同じ過ちを繰り返さないために、歴史を知る必要がある」と語り、イスラム過激派によるテロ事件を受けて米国に広がる反イスラム感情に懸念を示した。(ニューヨーク・北島忠輔、写真も)
 タケイさんは米大統領選の共和党指名争いで支持率トップを走るトランプ氏が「イスラム教徒の入国禁止」を主張していることを批判。「イスラム教徒というだけで排除するのは危険な考え方だ。強制収容の史実は米国の恥部。国民は栄光の歴史よりも、民主主義が揺らいだ過去を学ぶべきだ」と強調した。
 米国は開戦翌年の一九四二年、西海岸などに住む日系人約十二万人を「敵性外国人」として七州十カ所に設けた強制収容所に送り込んだ。日系三世のタケイさんは五歳から八歳まで家族とともに自宅を追われ、アーカンソー州やカリフォルニア州の収容所で過ごした。
 アレジャンスは、その実体験をベースに、米国への忠誠心を問われた日系人家族の葛藤を描いている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR