スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ファミリー

01 /31 2017
\(^o^)/(°_°)驚きのアンブーリンのヒーヴァ城

母がネズミ退治に猫を探しに行きたいと言うのでペットショップにお伴したのは2005年の事でした。
そこには猫はアメショー1匹しかいませんでした。
その子は母の服のボタンにしがみつきはなれませんでした。1時間(°_°)
降りたと思ったらトイレでした。
又すぐ母のもとに来て離れないので大金払い連れ帰りました。

その後は抱かれるのは大嫌いアメショーの特徴かな。

3枚目の画像は竜とリボンの子供たちです。

最後はパパママ猫の仔猫時代の写真、今は観られない風景です。

家にはロングコートチワワがいて、母は買ったばかりのその子猫を私にくれました。

育てられないと言って。そこで喜んで私が仔猫のママになりました。
買ったのに、育てられないと、私が猫大好き人間だから
img_11_m.jpg


img_2_m.jpg


最初の画像はリボンと最初に来た竜、猫の手帖に投稿し採用された画像です。
オス猫を母に貰った後、同じショップでやんちゃに遊ぶ元気なメスを発見、あまりに可愛くてたまらず母にねだって
買ってもらったのが左側のリボンです。

リボンが子猫を産んだ時、猫の鉛筆画の黒ひげ屋様にその絵を描いていただきました。

長い間猫買うのを我慢してました、旅行もいけなくなるのではとか、でもこの子は目の輝きがたまりませんでした。

リボンが台所の照明を付けて遊ぶ写真は猫の手帖で新美敬子さんから年会の3位を頂きました。

その写真がUp出来ません、楽天とヤフーブログやってきましたがまだ慣れません、わからないことばかりです。
ご教授お願いします。

いたずらっぽい眼が素晴らしいと。

4匹の仔猫市は竜とリボンの子供です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

hitomi5235

猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。