浜岡原発の地元住民が『原発ゼロかるた』を

2016年2月24日水曜日

浜岡原発の地元住民が『原発ゼロかるた』を

 中部電力浜岡原発(御前崎市)の地元住民らが「原発ゼロかるたの会」を立ち上げ、原発反対を訴える「原発ゼロかるた」を作りました。
 読み札の文句は周辺の住民から募集し、絵札は、2070代の会員14人が水彩などで描きました
 同会はかるた千組を作り、1200円で販売するほか、公民館での展示やかるた会の開催などを企画しています
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原発への不安「かるた」に 浜岡周辺住民 (静岡)
中日新聞 2016年2月23日
 中部電力浜岡原発(御前崎市)の地元住民らが、原発反対を訴える内容のかるた「原発ゼロかるた」を作り、二十二日にお披露目した。読み札の文句は住民らから募集し、原発事故の恐ろしさや浜岡原発の地元住民が抱える将来への不安などを織り込んでいる。
 
 かるたは「あきらめない 原発なくす その日まで」「思い出の なぎさに 二十二メートルの壁」「絶対の 安全ないなら 動かすな」「そもそもは こんな所に なぜ建てた」など四十六枚の読み札と絵札からなる。いずれも浜岡原発の近隣で暮らす住民の目線で原発反対を表現した。
 
 制作に携わった菊川市の農家山内美年子(みねこ)さん(61)は、二〇一一年の東日本大震災による福島第一原発の事故で「浜岡原発も危ない。何か行動を起こさないと、安心して暮らせない」と強く感じた。原発の恐ろしさを誰にでも分かりやすく伝える手段として、地元住民による手作りかるたを思い付いた。
 
 昨年一月、趣旨に賛同した仲間約五十人と「原発ゼロかるたの会」を立ち上げ、読み札の文句を周辺住民から募集した。御前崎、菊川、掛川、牧之原の原発周辺四市をはじめ静岡、島田市などから二百五十の文案が寄せられた絵札は、二十~七十代の会員十四人が、読み札の内容に合わせて水彩などで描いた
 
 同会はかるた千組を作り、一組千二百円で販売するほか、公民館での展示やかるた会の開催などを企画している。山内さんは「かるたには、地元に暮らす普通の人の普通の願いが表現されている。原発反対の思いを伝える手段として活用してほしい」と呼び掛けている。
 問い合わせは山内さん=電090(4114)3286=へ。 (夏目貴史)

24- 試験操業の「海域拡大」議論持ち越し 福島県漁連・復興協

 福島民友 2016年02月23日 
 (福島)県漁連は22日、いわき市で復興協議会を開き、本県沖で行っている試験操業の海域に、東京電力福島第1原発の半径10~20キロ圏を追加するとした案について、議論を来月に持ち越すことを決めた。
  
 持ち越し理由として、震災の津波で流出したがれきで漁に支障が出る恐れがあることや、容認の是非について相馬双葉漁協が3月に再度協議することなどを挙げた。
 圏内の海中がれきが手つかずになっていることについて、野崎哲県漁連会長が「水産庁に、がれきの撤去について操業に支障の出ない整備を働き掛けたい」とし、がれき撤去を要望する方針を示した。
 県漁連は当初、コウナゴ漁が始まる3月にも海域拡大を決めたい意向だったが、野崎会長は会議終了後「3月中の実施は難しい」との見方を示した。
 
 試験操業の海域拡大案をめぐっては、相双、いわき市の両漁協がそれぞれ今月の試験操業検討委員会で容認の是非を協議。相双漁協は、10~20キロ圏内のコウナゴが含む放射性セシウムの量を調査し、結果を踏まえた上で、再度協議することを決めていた。いわき市漁協は、圏内の追加は容認する一方で、海域での操業は行わないことにしている。


転載元: mimiの日々是好日

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR