FC2ブログ

愛情一杯犬山モンキーセンター4













 

 

残念今は入れません。

 


スポンサーサイト



動植物園プレオープン、サスカッチお供えとリアン

帰宅したら例の嫌がらせマスクが届いていました。











ユキチと仲良くしていたり、

同じ高さの左右で寝ていたり。

このあくびの後、いつもの台で寝てしまいました。


追記

動物園でお子さんが動物に会え泣きたいぐらい嬉しいと。ラブ

 

アフリカ、インド、アマゾンの人々も心配

 

“コロナショック”で政治・経済・教育など社会システムの大転換期を迎えつつある今、誰もがこれからの時代をどう生きるべきか、不安を抱えている。そこで、人類学者・山極寿一、哲学者・國分功一郎、「疾病史」を専門とする歴史学者・飯島渉の3人が“アフター・コロナ”を生き抜く指針を語る。新型コロナ問題によって浮かび上がる「人間とは何か?」という根本的な問い。彼らが考える、コロナ時代の人間や社会のあり方とは?BS1スペシャル

 

人間は経済活動のために動植物の生息地を奪い収奪、それがコロナにつながった。

菌には有益な物もある。

 

山極総長の言葉は以下の憲法前文の崇高な理念に通じると思います。



東山のhpを観て仰天、寝耳に水です






東山動物園HP、突然こんなお知らせがガーン


事前予約!ネット難民はどうしたら良いのか。


レストランでも並ばずにラインで注文の店も。


東山動物園、難病やご不自由な方、65才以上は予約なしでもOKのようです。






セントオルバン、好きな薔薇でした、沢山咲きすぎ疲れましたが。

今は販売されていない。


のんほいパーク2 バラの季節に間に合いました♪




好きなシャクヤクだけどうちは狭いから植えられません。

旭山動物園が手本にしたのんほいは掃除も素晴らしい!本日開園

 

のんほいパークは豊橋から乗り換えて1駅、二川で降りて10分ぐらい徒歩。

駅のエレベータにツバメがいました!


巣があるのかと探しましたが。

巣は動物園内で観ました。


川を渡ります。

夜行性動物舎も開いているというので急ぎ足で、開園20分ぐらいで暗くなりますからアセアセ

 

お目当てはサーバルにしては珍しい、人間にコンタクトしてくれるステルちゃんに会いにラブ

 

京都市動物園などではフェネックもサーバルも外にいるのに残念。

昨年会えたフェネックの赤ちゃんはどこかへ引き取られたのでしょうか。二匹しか居ませんでした。

 

大好きなステル、人工的なお部屋(T-T)で気の毒でなりません。

 

ガラス掃除していた女性飼育員、隅からすみまで丁重にお掃除、気持ちが良いですね、園方が光輝きます。

 

フラミンゴの窓ガラスは男性飼育員が同様に、

他の通りかかった青年にお礼を言いました。

 

旭山がアザラシやシロクマの展示方法を学んだのんほいは掃除も素晴らしいラブ

 

 

東山のコアリクイの窓ガラス、まあるく水かけていただけ、当然汚いままの窓ガラス。ガーン

 

6月1日、東山でコアリクイの赤ちゃんに会えるのでしょうか。

 

写真も見せてもらっていない、なんたる怠慢

 

ファンの気持ちを分かってくれない。

 

 


若い太陽の塔と名古屋市図書館、何も工夫しないのか

世界の巨匠岡本太郎氏が、大阪万博の1年前1969年に製作した「若い太陽の塔」を見学することができます。2011年10月より、当初の姿にリニューアルし常設公開をしています。高さが26メートルで展望台は7メートルの位置にあり、濃尾平野や木曽川などの大自然が望めますhttps://www.japan-monkeypark.jp/sp/map/detail_12.html


 


太陽の塔内部は見学しました。

 

 

犬山モンキーパ-クは頑張ってあけてるのに、

 

東山は来月からだとイラッ

 

図書館は人数制限とか、工夫もせず、やっと予約本だけ入り口で渡すだけ。

 

庶民は馬鹿のママでいいんだ、

 

これが男が文句言うと、違う、一応ペコぺコしていいわけする。

 

 

文化、芸術など不要だ、税金だけ払えガーン

 

不毛の名古屋、日本。

 

 

市役所に行っても新聞社に電話しても、たらい回し、

今日は動物園も図書館もどちらも休み

民間の人は必死なのに。

馬鹿にしてる。

 

ブログもやる気失せます。

 

スマホ投稿出来なくなったし。

 

下の女性のように頑張らねば。

 

 


 

ツイッター見かけました。

和む写真を拝借


 


多摩の双子サーバル

 

空白寺さんはアフリカで野生のサーバルに会えなかった、chwann

さんはあえた。

 

 

 


パンデミックが変える世界 ハラリ氏と瞑想



パンデミックのただ中で今、何を考えるべきか。先日ETV特集の中で行った海外の知性への連続インタビューの中でも、特に大きな反響が寄せられたのが、イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリからの警告だった。今回はこの反響にお答えし、1時間に及んだハラリ氏へのインタビューのほぼ全体をお送りする。世界が注目する知性からの多岐にわたる現状分析と警告。そしてあるべき未来を手にするための渾(こん)身のメッセージ

https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-04-25&ch=31&eid=20230&f=20

 

動画

 

ハラリ氏の後ろにどこかで観た馬の墨絵や仏教関係の軸があるので、是はと思ったら

 

インタビューの最後に

 

2時間瞑想すると行ったので納得、

 

想田監督が同じ、ブッダが用いた瞑想法・ヴィパッサナー瞑想について週間金曜日に連載されてました。

 

第84回:ヴィパッサナー瞑想と日常生活(想田和弘)

 ↓

瞑想 

 

・政治的選択の選択肢が数多くある。メディアと一般人は、ウイルスの流行にだけ関心を持つべきではない。政治状況にも焦点を当てるべきだ。【コロナウイルスと権力について】・全体主義的な体制が台頭する危険がある。例えばハンガリー。※ハンガリーでは、非常事態法の可決によって首相の権限が拡大され、議会の承認なしで、非常事態宣言を無期限で延長できるようになった。ハラリ氏はこれについて「形式的にはまだ民主国家だが、オルバン政権は独裁的とも言える権力を握った」と言った。・ハラリ氏の母国イスラエルでも、ネタニヤフ暫定首相が「コロナウイルスと戦う」という口実で、野党が過半数を占める議会を閉会しようとした。国内外からの批判が多く、断念されたが、独裁国になる危険があった。
 
是はズバリ今の日本政府ではないか、
 
コロナを利用し、独裁を勧めようとした。何でも利用し自分の利益ばかり
 
庶民はころして構わない。消費税増税で息も絶え絶え。
 
母の時代は金利で楽しく買い物が出来、経済に貢献!
 
デパートで買い物など出来ない私。
 
ハラリ著「サピエンス全史」では農耕により辛い労働に従事することになった人類だと!
目からうろこでした。
 
今回の話もすごく考えさせられる、民主主義になるか監視、独裁社会になるか。
 
怖い、血圧や体の情報まですべて政府に握られるなんて。
 
コロナが収束しても権力者にとって美味しい物は手放さないから。今、気をつけて
民主化しなければならない。
 
 

モンキーセンター2モンキースクランブル世界最大級 猿の赤ちゃん

テーマ:

 

モンキーセンター手前に東之宮古墳←の表示見かけたので行ってましたが狭い道、その先は急な階段で諦めました。

モンキーセンターで歩かなければならないので、慣れない高速運転も疲れます。

幹線道路にも

青塚古墳

 



 

 

モンキースクランブル世界最大級  猿の生態展示

最大高地上15メートル、総延長300メートル

ジェフロイクモザル 前回ご紹介した尾が長い綺麗な猿、赤ちゃんいます。←

 

ボリビアリスザル

フクロテナガザル

 

檻も柵もなく、頭上に猿が行き交うはずですがそれは観られませんでした、粘らないと。


分かっていません、トホホ

真っ黒に



世界最大


 

 



気になった筒?に赤ちゃんが!ラブ

 

 


気になった筒?に赤ちゃんが!ラブ

 

 



じゅんちゃんの哲学講座まだ不要・不急の怪しい法案が他にもある!


赤松小三郎を知らなかった恥
幕末に植木枝盛達より進んだ考えの人が居た!

江戸末期に、現憲法に匹敵する憲法構想・立憲政体を提案・行動した上田藩士・赤松小 三郎がいたのですが ...


https://bushoojapan.com/jphistory/baku/2020/01/06/116458

じゅんちゃんの
おすすめの1冊:『人間の条件』、ハンナアレント

私もすごく好きな本です。
『人間の条件』
映画も大好きd得オールナイト二回観たぐらい。

ハンナアレント
彼女の政治哲学の原点は「人間のなしうる事柄、世界がそうありうる事態に対する言語を絶した恐れ」[6]であった。なぜ人間にあのような行為が可能であったのかという深刻なショックと問題意識から、彼女は政治現象としての全体主義の分析と、その悪を人びとが積極的に担った原因について考え続けることになる。

↑今の日本が当てはまるじゃありませんか、憲法を知らない、まったく理解出来ない人が
憲法を改正し、明治憲法のような、国民を奴隷のようにする憲法にすると、
今ではこのようなのは憲法と呼べません。

憲法は権力者から国民を守るためのもの、国民を従わせるための物ではない。

そういうことが全く分からないソーリ、従わせたいだけ、奴隷的な哀れな日本人

自殺に追い込まれた近畿財務局職員、赤木俊夫さんや辺野古の事を思い出すだけで分かるでしょう。

 パンデミックに対抗する民主主義の強さと猫と薔薇

テーマ:

このお宅の赤、ピンク、白のバラは見事、駐車場になっていて、車が難題も並び邪魔だと思いましたが、

窓に映るバラも良いのでは。

 

 



 

 

 

 

 


世界で最初に女性参政権獲得したニュージーランド,

 

ニュージーランド、コロナに「勝利」宣言 外出規制緩和も警戒続行

週間金曜日でも39才の若きアーダーン首相について之ページがあります。

 

即中国からの渡航をストップ、学生や非正規雇用者、社会的弱者に非常にきめ細かい支援計画を実施

 

65万人に週3,4万円、3ヵ月支払われている笑い泣き

 

民主主義を実施する政府に、国民は強固に信頼している。

 

いつも口先だけの嘘つきソーリは違います。

 


水をあまり飲んでくれなかったリボンもテーブルにバラをおくとそわそわして飲んでくれます、

竜やブランは飲んでいたのに、

初めは全然バラ水も飲みませんでした。

 

 


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

不思議な瑞(水)で元気に

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、動物園巡礼にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR