マヌルネコユスちゃん、コビトカバ、ハシビロコウ

  • facebookでシェア
  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1

    何におびえているの、ユスさん

    人間みたい

    私は上野のマヌルネコ舎が一番すきではありません。
    豊橋のサーバル舎もそうですが夜行性動物ということで暗くて狭い場所。

    地下の兄弟のマヌル舎も真っ暗で写真は無理。

    お相手もないのでしょうか。

    イメージ 2


    ☝の時はお食事タイムでよかった。

    イメージ 3

    この後寝てしまいました。

    マヌルネコに会える動物園は6か所のみ

    旭山、埼玉こども動物園、那須どうぶつ王国、上野、東山、神戸王子動物園
    全部行けましたが東山のハニーのママだけには会えませんでした。高齢です。

    イメージ 4

    イメージ 5

    コビトカバがこんなに細長く見えたのははじめて

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 9

    イメージ 10

    上野動物園の噴水、蓮、ホッキョクグマ、ワイキツネザル、サイ、

    イメージ 1

    緑熊さんですね。
    北極熊は白くない

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    二回宿泊した鴎外荘のすぐ反対側に動物園関係者の出入り口があります。

    イメージ 5
    モノレールでマヌルネコがいるに支援へ。
    モノレール動いてない時もあります。
    今回は左側のほうがいいと教えてもらったのでそちらに座ったら、
    蓮の花の中の噴水が見えました

    地上からは蓮が高くなっていて見えません。

    イメージ 6

    ワオキツネザルが良い所を歩いてました。

    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 9
    野菜もらってました。

    イメージ 11
    ブロッコリー、うちのリボンはゆでたブロッコリー食べます。

    イメージ 12


    イメージ 10

    この子がどこにいるのかわかりませんでした。

    イメージ 13

    イメージ 14

    イメージ 15

    イメージ 16

    雨あがりでまたしてもパンダは(´;ω;`)アカショウビン、コアリクイ


    イメージ 1

    駅構内のパンダを観たのは初。

    イメージ 2

    イメージ 3

    雨上がりで、またしてもパンダのシャンシャンのー^いる部屋のガラス面は
    雨粒で(´;ω;`)

    イメージ 4
    シンシンだったか、パンダも9時半から会えるとは限らないのですね、
    10時からとか昼とか。
    この日は9時半から

    高齢のインドライオン「モハン」(オス)と「シャクティ」(メス)を飼育していますが、7月から2頭の健康状態が思わしくないため展示は中止

    3月の上野のパンダ、コアリクイ、アメリカバク、アカショウビン👈
    3月に骨をもらっていたメスライオン

    東山動物園のサンは1歳上の18歳、そんな年には見えないけど。
    ナイトズーでもいつも活躍していますが…

    イメージ 5

    昨夜所さんの動物番組でグルメで飼育員もお手上げ動物を放送してましたね。
    アリクイ、パンダ、義足のゾウや魚類も登場。

    動物商から購入できる動物の紹介。ライオンが安いのは知ってましたが、
    チーターもペットにする家庭があり高くないとは。
    動物園では一回に何頭も産んでくれて育つから
    自然界では無理な子育て。

    シャチが13憶円

    ヒキガエルまで購入するCM界
    撮影の後が心配。


    中国でも動物園、水族館が大人気、だから東山まで来られるのですね。

    仲良くしなければ動物も譲ってもらえません。


    イメージ 6
    びっくりの顔が青い鳥。

    イメージ 7


    イメージ 8
    ボケまくりごめんなさい。
    春に見たヒナが成長してました。
    京都市動物園でも黒に近い灰色のヒナを観ました。

    イメージ 9
    なんと優しそうな顔。感激

    イメージ 10
    メスですね。

    イメージ 11

    イメージ 12


    イメージ 13
    ママゴリラも優しそう、東山のシャバーニの兄のパートナー

    イメージ 14
    コアリクイも赤ちゃん生んでいましたが寝ていてわかりませんでした。残念。

    イメージ 17

    イメージ 15
    イメージ 16

    イメージ 18
    室内のアカショウビン

    外にもいます。アカショウビンは奄美に移住した田中一村の絵で焼き付いてます。
    なかなか会えないアカショウビン
    奄美に行けてラッキーでした。

    イメージ 19

    小さなアカショウビン

    イメージ 21

    イメージ 20


    イメージ 22

    <『表現の不自由展・その後』の再開を求める8・24集会&デモin名古屋>

    みなさま   西英子です。
     
    たいへんご無沙汰しています。暑い毎日ですがお元気ですか。
    今、名古屋でたいへんなことが起こっていますね。
    『表現の不自由展・その後』が中止になって、18日がすぎ
    ました。
     
    「見たかったのに!」といま多くの人たちが立ち上がってい
    ます。内外のメディアも注目しています。
    「表現の自由」は民主主義社会の基本です。これが失われ
    たら暗黒の時代です。戦前の日本がそうでした。
     
    再開を求める声をもっと大きくして、絶対に再開させましょう。
    あなたも 8・24集会にぜひご参加ください。
     
    『表現の不自由展・その後』の
          再開を求める8・24集会&デモin名古屋
     
    日時: 8月24日(土)
     
        16時~集会(約1時間)その後デモ(約30分)
     
    場所: 栄公園で集会   
     
        地下鉄栄 4又は4A出口よりすぐ。
        愛知芸術文化センターの近くです。
     
    最新情報はtwitter facebook blog youtube チヤンネルなど
    でチエックしてください。
     
    検索の際「表現の自由展 その後 愛知県民の会 twitter」
    などと入れると見つかりやすいです。
     
       *     *      *       *
     
    私は14日の集会には、チマチョゴリを着て参加しました。
    朝鮮学校の制服で、長い間保管されていた大切な服を私に着せ
    てもらいました。
     
    『平和の少女像』と同じ椅子を平山さんが同じような木で作って
    くださって、座りました。
    日本軍の「慰安婦」にさせられた多くの少女たちのことが、こみ
    あげてきました。
     
    日本が朝鮮半島を植民地支配していなかったら、日本が戦争を
    ひきおこしてさえしなかったら、少女たちは、日本軍の「慰安婦」
    にさせられることはなかったのだと思うと、涙がいっぱい出てきました。
    私はマイクでそのことを叫びました。
    集まったたくさんの人たちから、「本当だ!!」と同感の声がわきあが
    りました。
     
    日本軍の「慰安婦」にさせられた女性たちは、今 90才になろう
    としています。しかし、彼女たちが納得できる日本国からの謝罪と
    賠償は戦後74年になるのに実現していません。
    日本の政府は彼女たちがこの世からいなくなることをじっと待って
    いるのでしょうか!
     
    この集会には、韓国のメディアも多く取材に来ていました。新聞
    やテレビでも大きく報道されたそうです。
     
    *******************************
     
    企画展は10月13日までの75日間公開されるはずだったのに、
    わずか3日間で閉じられてしまいました。
    4日に私が会場で会った女性は
    「今朝、韓国から来たのに残念!」となげいていました。
    展示中止は、これらの人びとの「知る権利」を奪ってしまいました。
    私は観たいです。1日も早く再開させましょう。
     
    今回の展示中止で「表現の自由」が著しく抑圧されてしまったこと
    が、怖くなりました。表現の自由は民主主義社会の基本です。
    これが失われたら暗黒の時代です。
    戦前の日本のようにならないように、みんなで声を上げませんか。
     
    猛暑のさなかの集会ですが、参加しましょう。
    私もまたチマチョゴリを着る予定です。
    絶対に再開させるようガンバリましょう!
      
    (西英子)
     
     
     
     

    新版雪之丞を鑑賞(^^♪


    イメージ 1

     「歌舞伎美人」より拝借の画像。
    『新版 雪之丞変化』左より、坂東玉三郎、市川中車

    雪之丞のブルーに白い水玉模様がとてもきれい。

    玉三郎の衣装、かんざしなどはもう芸術の極み

    8月の納涼歌舞伎は肩の凝らない演目をという玉三郎、
    嬉しい演目です。

    中車は冒頭に二木弾正の扮装で登場、劇中劇とはいえ、二木弾正の役とは嬉しいでしょう。5役演じて大活躍の中車。


    以下は歌舞伎美人より引用です。
     第三部は『新版 雪之丞変化』。玉三郎がストーリー構成、演出を見直し、自身で雪之丞を演じることで、これまでに幾度も映像、舞台化されてきた『雪之丞変化』が生まれ変わります。幕が開くと、まず驚くのはそのシンプルな舞台装置。そこに今作のために撮り下ろされた映像や、これまで演じられてきた玉三郎の舞台映像が映し出され、舞台上で進行する生身の俳優の芝居と絡み合います。舞台から映像、映像から舞台へと物語を繋いでいき、徐々に描き出されていく雪之丞の心情。そのスピード感、美しさに観客は息をのみ、引き込まれていきます。
     
     『新版 雪之丞変化』坂東玉三郎
     雪之丞と同じ一座の役者、秋空星三郎を勤めるのは七之助。歌舞伎の名場面を二人で演じてみせたり、先輩として雪之丞を引き上げ、やがて病魔に侵されながらも、雪之丞を導きます。中車は、雪之丞の師である中村菊之丞や盗賊闇太郎など、5つの役を勤めますが、今回は映像も使いながらそれぞれの役柄を演じ分け、雪之丞と対峙します。まるで雪之丞の心のなかを映すような静謐な舞台面のなか、『元禄花見踊』では客席が明るい光にあふれ、華々しい幕となりました。

    http://www.kabuki-bito.jp/uploads/source/2019news7-8/tamasaburo_yukinojo.jpg
     『新版 雪之丞变化』 坂東玉三郎の中村雪之丞(撮影:下村一喜)
     8月9日(金)に初日を迎える、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」。第三部で上演される『新版 雪之丞変化』について、坂東玉三郎が語りました。
    新たな『雪之丞変化』を
     今年、歌舞伎座の納涼歌舞伎に初めて出演する玉三郎。「納涼らしい、娯楽性が高いものがいいと思い」、今回、『新版 雪之丞変化』の上演に至りました。
     
     これまで何度も映像化、舞台化されてきた『雪之丞変化』。今回、演出も兼ねる玉三郎自らが構成を大きく見直し、新版として生まれ変わります。『雪之丞変化』の物語は、「通常の手法で劇化すると、3時間やっても間に合わない」ので、『新版 雪之丞変化』では映像を用いて物語をスピーディーに展開させ、「芸術と敵討ちを(雪之丞が)自分でどう受け止めるかという話に凝縮し、(雪之丞の)芸術に対する心情に絞って」、見せます。
     
     「敵討ちも、やってしまったら無意味なもの。女方も、役者も消えていくもの。だから、華やかにしなくてはいけないという思いを込めた作品です。敵討ちではないところ、芸道の修行であったり、いろんなところでの修行が主。それで、敵討ちをしてしまったあとに、雪之丞が、そうやって生きてきたけれど、敵討ちというのはなんだったのかという芝居です」。その意図を盛り込むための工夫が散りばめられ、原作にはない七之助の役、秋空星三郎も加えられました。星三郎は雪之丞と同じ一座の先輩役者。才がありつつも若くしてその命を散らした役者の象徴のような役になるようです。
     
    期待が込められた抜擢
     玉三郎、七之助、中車に1名を加えた、たったの四人の出演者で進行する、今回の舞台。秋空星三郎の弟子、鈴虫をダブルキャストで勤めるのは、尾上音之助と坂東やゑ六です。「(鈴虫は)とてもいいお役。やっぱり、新人がこういうところに出てくる必要があると思う。活躍してもらいたいので」と、二人への期待が表れます。鈴虫は、狂言回しの役割も果たし、雪之丞の生い立ちや、場面転換を語り、玉三郎が勤める雪之丞とともに物語をつないでいきます。
     
     また、今作では舞台装置は置かず、映像と実演が入り組んで展開していく、「連鎖劇の味」があると玉三郎は明かします。映像を担当するのは、脚本・演出補も勤める、日下部太郎。山崎咲十郎の本名です。玉三郎も今作では脚本の補綴を行っており、「脚本と演出は、二人でやっています。(咲十郎は)立廻りもよくつくってくれているので、どういう風にするかをよく理解している。歌舞伎座の舞台構造のことも、よくわかっている。そして、彼は映像も好き。こういう人に、どんどん、これから活躍してほしい。脚本も、やっぱり幕内からも出てもらいたい。座付作者のように」と、抜擢に至った背景を語りました。
     
     映像を使ったテストはこれからで、「映像を用いた作品は、実際に舞台上で演じる役者と映像を見ないとバランスがわからない。映像は使うのが難しい」としつつ、「これがうまくいけば、(歌舞伎座でも)まだまだいろいろな作品ができるんじゃないかしら」と、思いを込めます。第一部、第二部、第三部と彩豊かな狂言立てが並ぶ「八月納涼歌舞伎」。第三部は「楽しくてあっという間に終わるんじゃないかしら」という玉三郎の言葉に、期待が膨らみます。 

    冒頭に政岡と八汐の対決シーン
    その他雪之丞がやりたい役ということでぱっぱと映像が飛び出す。

    「金閣寺」の雪姫」「八重垣姫」「助六の揚巻」「籠釣瓶」「二人椀久」「鰯売り」の傾城蛍火
    大役です。観客には大ご馳走

    鷺娘の映像に地獄の炎が上がり、生の舞台では見られない壮絶シーンになりました。これはすごい。



    実写の川面のきらめきも美しい、水なしでは生きられない人間、
    太平洋戦争では水のない硫黄島で兵士を全滅させた日本政府、軍隊。

    イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」名作ですね。






    舞台に戻って

    いつも七之助に教えてる玉さんがこの舞台では反対に弟子のような役

    かたき討ちと芸道に生きる雪之丞

    それに中車の5役が絡みます。悪役は得意中の得意。

    橋蔵の映画「雪之丞変化」では闇太郎と2役だったような、
    この舞台では玉三郎がなんとあの方に扮しスクリーン登場


    役者にはお米作るお百姓さんや家を建てる大工のような働きはないと雪之丞は言いますが


    芸術家がいなくては国も人間の心もほろびます。

    イメージ 2

    この舞台、暗いのですが
    最後は宝塚のように華やかな元禄花見踊り

    このクライマックスにある女性がスマホを光らせて連れの女性と退席、信じられない。


    玉三郎はこの立兵庫のかつらがお似合い、
    また衣装替えで黒地のこの着物の着替えるとさらに立派。

    鈴虫をダブルキャストで勤めるのは、尾上音之助と坂東やゑ六、どちらの役者で観たのかわからないのですが、よかった。

    玉三郎は若い人を抜擢します。大役でも自分で独占しないで若手に伝授します
    これはなかなかできないことです。
    子供には教えるが他人には…


    橋蔵の映画「雪之丞変化」が懐かしい。橋蔵も6代目菊五郎の芸養子で女形でしたが
    映画界へ。今なら歌舞伎と掛け持ちもできるけれど。

    イメージ 2

    最後まで6代目譲りの芸風を守った人。舞台も欠かしませんでした。

    「藤娘」「源氏物語」(観たかった)「銭形平次」「保名」「娘道成寺」

    イメージ 3

    当たり役の映画「新吾十番勝負」シリーズは全面広告に出ていたのを覚えています。

    のちに京本政樹が南座で演じた舞台の招待券が当たり母と観に行きました。

    先代猿之助のパートナーの藤間紫さんが「橋蔵さんを忘れないで」と言っておられました。
    その紫さんも今はいない。

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    抱腹絶倒「東海道中膝栗毛」



    イメージ 1

    「東海道中膝栗毛」は昔から有名で歌舞伎の人気作で完売、
    どうしてチケが取れないかと、
    不思議でした。

    イメージ 3


    シネマ歌舞伎にもなっていますが私は観たことがありませんでした。舞台も。
    昨日
    一幕見も大勢さん並んでいて、もう完全に立ち見と言われてもがっかりもせず、
    皆さんおとなしく列に並びました。

    私は座われるという言われたので並びました。


    冒頭に映像から始まりはこれだけで笑いが止まらない。

    前作ではラスベガスまで飛んだとか。

    ハンサムな幸四郎がおかしなメイクwwwで楽しい。

    中車と團子親子、幸四郎と染五郎親子

    しばらく見ないうちに大きくなつています。

    中車と大きなカマキリや韋駄天のアスリートお七www

    にぎやかな海の中や花火、大滝の本水での大立ち回り、これでもか、これでもかと繰り出します。

    お富与三郎など歌舞伎のパロディ、宙乗り、
    時事問題も繰り出し大サービス
    だから一幕目に並ぶしかないのですね。

    バカバカしいかもしれないけど、大笑いできるのはうれしい。

    「歌舞伎界一番のイケメン」隼人が珍妙なメイクで( ´艸`)

    イメージ 2

    中村獅童、映画界の大スター中村錦之助、中村嘉津雄は親せき。

    以下は歌舞伎美人(かぶきびと)より。

    第二部は納涼歌舞伎らしさが詰まった、『東海道中膝栗毛』。猿之助の喜多八と幸四郎の弥次郎兵衛の旅が、いよいよ4年目を迎える今作は、意外な展開で始まります。再び伊勢参りへ向かおうとする二人ですが、今年もそう簡単に事は運びません。空から海へ、さらには山の中へと舞台を変え、災難に巻き込まれながら、珍道中を繰り広げます。
     
     
     『東海道中膝栗毛』左より、市川團子、松本幸四郎、市川猿之助、市川染五郎
     染五郎と團子は雲助の染松、團市として登場。物語を運ぶ役割を果たします。また、七之助が七化けお七として登場したり、中車が鎌川霧蔵でカマキリを彷彿とさせる姿で登場したりと、今年も大勢の出演者で舞台を盛り上げ、客席からは笑い声が絶えません。大滝の中での本水を使った立廻りに、舞台上での花火を使った演出もあり、まさにお祭り騒ぎ。同時宙乗りで二人が浮かび上がると、会場は大きな拍手に包まれました。
     

    続きを読む

    上野のトラ、骨付肉もらう+歌舞伎座のステンドグラス

    イメージ 1

    今日はインドライオンお休み、昨夜はテレビのワイルドlifeやWOWOWのセレンゲティのライオンやチータの赤ちゃんをみました。野生のチータはメス一人で子供を育てなければならないから、並大抵の苦労ではありません。
    チータは早いだけで力はないから、折角、捕まえた獲物を、横取りされたり、
    たてがみの可愛い子供鳴いて、ママの狩りの邪魔になるし、でも天使のように可愛い、

    メスライオン、一人で狩りに行き大ケガ
    (T-T)
    今日の
    🐼は上野としては一番楽にあえました。
    トラは骨付きをもらってました。

    曇りですが、東山動植物園より、汗だくだく、長居できないから歌舞伎座にきました。
    昼の部、なんとか一幕見で観賞できます。夜の部は玉三郎の雪之丞でチケットゲットすみ、
    昔、橋蔵の映画で見た雪之丞、敵討ちはへらし、映像で楽しませてくれるとか、

    橋蔵と玉三郎は共演もしたそうです。


     


    昼の部、なんとか一幕見で観賞できます。夜の部は玉三郎の雪之丞でチケットゲットすみ、
    昔、橋蔵の映画で見た雪之丞、敵討ちはへらし、映像で楽しませてくれるとか、

    橋蔵と玉三郎は共演もしたそうです。

     



     

    与勇輝展と「やすらぎの刻」

    やすらぎの刻(とき)~道』👈
    昼の連続ドラマです、時々観ています。
    今日は主人公が与勇輝展に鑑賞に行くところだったのに、観忘れました。

    パリ凱旋・傘寿記念与勇輝展を観てきたばかりです。

    イメージ 1

    徹子の部屋にも与さんの人形が飾られています。
    私は郷愁のある人形より洋風の「王子と乞食」などが好きです。
    自作の人形を描いた絵や昔の絵本の表紙に興味がわきました。


    玩具としてではなく、芸術品としての評価を確かなものにしている「人形」。それが作家・与勇輝が生み出す作品です。自ら自立する確かな造形、和服衣裳の縫い合わせから、靴の紐やボタンのひとつに至るまで全て手作りで行なう緻密な技、そして、何より、はにかんだ表情や何気ない指先のしぐさひとつに、まるで本当に血が通っているかのような錯覚を覚える圧倒的な表現力は、いまだ他の追随を許しません。「布の彫刻」とも称される与の作品には、俳優の故・大滝秀治や黒柳徹子、藤井フミヤをはじめとする、あまたの芸能人・著名人が魅了されてきました。
    創作当初、童話の主人公を表現することを試みた与は、その後、自由な題材や作風を求め、妖精など想像性に富んだ人形や、大正・昭和の原風景に息づく、たおやかな人形たちを発表してきました。
    人形創作を始めて半世紀以上、節目の80歳を迎えてなお創作への意欲溢れる与。2018年2月には12年ぶりにパリでの展覧会が開催され、自らも渡仏し、現地でも高い評判と評価を得ました。
    👈

    ドラマでは

    軽薄なテレビに対する批判も倉本さんならではですが、
    満州開拓団、戦争の話に期待します。

    「いだてん」の予算を回してあげたい……「やすらぎの刻~道」を辛口コラムニストが絶賛

    林操 そうそう。戦争がらみの昔話が挿入されるって話を最初に聞いたときは正直、さすがの倉本でも世代(御年84)やら政治的立ち位置やら最近の政治の状況やらからして、安易・安直な反安倍臭が嗅いでとれるような物語に仕立ててたりしたらもったいないなぁと、ちょと危惧もしたんだけれど、放送が始まってみて一安心。

    アナ 政治色が濃いということはなく、でも、戦前・戦中の理不尽を描くことには躊躇がない具合で、「さすがの倉本」さんだと思います。

    林 まっとうな大日本帝国批判がきちんと盛り込まれているあたり、「こんな真似はもう、NHKの朝ドラじゃできないだろ!」という倉本の意気さえ感じられるよね。風間の兄貴が徴兵を忌避して山窩の世界に逃げ込んだらしいとなったとき、追跡することになったのが兄貴の山の師匠の「山おじ」で、風間たちから兄貴を見逃してくれるよう頼まれた彼が断るシーンなんて、ホント「さすがの倉本」だった。

    アナ 「仕方あるまい。時代に逆らったんじゃ」「ワシゃニッポン人だ」「御国に逆らうことはワシにはできん」「ワシは古い人間だ。あいつが国に逆らう姿を見過ごすわけにはいかん」……。
    👈

    わかりやすい「満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦 」

    安冨先生の本、3冊目です、どれも読みやすくわかりやすい
    大事なことをわかりやすくは井上ひさしと同じですね。

    800円の新書がアマゾンでは今4506円になっています。
    イメージ 1

    今の中国東北部は「樹海」だった。

    その満州はトラを見ることも珍しくなく、ヒョウに至っては猫のごとく生息

    私だったら狂喜乱舞する( ´艸`)

    熊、ヤマネコ、シカ、満州カモシカ、キジ、うずら、鴨、雁、鶴、鷹。

    樹木はもみ、カラマツ、白樺、アカシア、カエデ、ナラなど。

    山葡萄、サルナシの実の美味しさは格別、大木から灌木まで実に様々な木々が
    入りまじってノビノビ育っていた。

    それがたった20年で緑あふれる母なる大地がただ一面の大豆畑へとべったりと描き替えられたのです。

    日本の貧しい農民が満州へ移住させられました。

    今放送中の昼ドラ「やすらきの刻」で描写されました。

    中国人を追い出して

    アマゾンやシベリアも同じ
    ハンバーガーや牛丼食べるとアマゾンの森林が消える。


    1937年から日中戦争、

    貴重な鉄をドンドン満州へもっていって汽車や貨車を作った。

    日本の貴重なお金と資源をつぎ込んで必死になって鉄道を敷いて、
    結局何も役に立たず

    中国人の物になったのならまだいいのにソ連軍がかなりの量の車両や路線を戦利品として持って行ったのです。
    こういう愚かなことを延々と勝必死でやっていた

    戸籍というシステム

    靖国神社と学校教育が導入されて、お国のためつまり天皇のために死ぬという
    イデオロギーがでっち上げられて、国民に注入され続けた p174

    徴兵制がなくなり、家制度がほぼ崩壊した後は差別につながる戸籍制度は
    何意味もない。即刻廃止すべきです。

    戸籍制度が残るのは日本と台湾ぐらい


    「立場」が暴走し村ごと皆殺しにした平頂山事件 p192

    ミュージカル「李香蘭」に登場する平頂山事件がここまで残酷だったとは、
    ゲリラと平頂山の集落が繋がってるとみて

    女性子供を含め3000人を殺し、集落を焼き尽くし、遺体の山を瓦礫がに埋めるというすざまじい証拠隠滅が図られた。

    ゲリラが強いわけも読みました。

    米国はベトナム戦争などでも負け続けている。
    その米国の手先になってる安部政権は許しがたい。

    平頂山の暴挙を止めようとした炭鉱次長の日本人もいたが聞き入れられず。

    その人たちが戦後死刑になりました

    直接の実行者たち軍関係者は転属や配置替えで身柄確保を逃れた







    第9回 安冨歩「歴史に学ぶ」
           

    日本は満洲国のように崩壊しつつある


     東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩さんは、「男性のフリ」をやめてスカートを履き、ファッションを楽しみだしたことで、自分らしい生き方ができるようになったと言う。そして同時に女性の装いをする男性に、「同性愛者」や「性同一性障害」といったカテゴリーを当てはめることの暴力性を指摘する。それは、誰かがイメージを作り出して、人に押し付けるものに過ぎないからだ。実際、安冨さん自身は異性愛者で、やはり異性愛者の女性パートナーとともに生活している。

     安冨さんはこの「イメージと事実」の違いは、わずか13年で崩壊した「満洲国」(1932~45年)にも当てはまると語る。
    「満洲と聞いて人々が抱くイメージって『赤い夕陽が地平線に沈む大地を、満鉄が駆け巡る』みたいな、ロマンあふれるものですよね。でもそれは日中戦争前のメディアが作り出したイメージで、リアルな満洲は違います。鉄道のできる前、そこは樹海と呼ぶにふさわしい、大森林地帯でした。満洲国を支配していたインテリ層は新京(長春)や奉天といった南満洲鉄道(満鉄)沿線の都市部に住んでいて、後背地のことなど、本当はよく知らなかったんです。満蒙開拓団として日本から移住してきた人たちも、外界から遮断された開拓村に引きこもり、中国人などとの交流はほとんどありませんでした。実際に住んでいた人たちですら狭い範囲しか知らなかった。「夢とロマンの大平原」というイメージは、侵略を煽るためにメディアが作り上げた幻想です。それを日本人は未だに、追っているに過ぎません」
    👈



     では、わずか13年で終わった満洲国同様、この「日本立場主義人民共和国」も崩壊が近いとしたら、その後を生き抜くためには、どんな心構えが必要なのだろうか?
    「一人ひとりが立場でなく、自分を生きることを考えるしかないと思います。そのためにもまず、『競争に勝つことが偉い』という洗脳から抜け出すこと。なぜなら今の日本社会は全員が同じコースを走ることになるので、有力な家の出身者など、有利なスペックを持つ人以外は、簡単に勝てないようになっています。だから自分だけの脇道を走って、自分なりのゴールを目指さないと。孫正義さんがいい例です。在日韓国人の彼は王道を行っていたら有利に戦えないからと、高校からアメリカに渡る『脇道』を歩んで、見事にチャンスをつかみましたよね? 誰も行かないような脇道はキケンだという、思い込みを捨てればいいんです」
     そしてもう一つ、生き方は選ぶものではなく変えるものだから、「明日から別の生き方を選ぶ」ではなく、「立場を手放してから変わる」という心構えも必要なのだと、安冨さんは続ける。
    「自分でないものになるために、やりたくないことをして『立場』を手に入れても、決して幸せにはなれません。やりたいことをやって、欲しいものだけを手に入れるようにしていると、周りから『あいつは変わり者だ』と嫌われるかもしれません。しかし他人が作ったイメージを信じて立場にしがみついていたら、魂を誰かに譲り渡すことになります。
     人間は『今の立場を手放したら奈落に落ちる』と思いがちですが、落下してもせいぜい5センチ程度ですよ(笑)。そしてそれで友人が離れていったとしても、別の友人が5人の仲間を連れて現れるはず。その5人がそれぞれ違う5人を連れてくれば、幾何級数的にネットワークが広がります。するとポジティブなフィードバックが起きて、社会が劇的に変化するのではないでしょうか。こうして一人ひとりが立場ではなく自分の生き方を見いだすことができれば、戦争に向かって国家が暴走することを今度こそ防げると、私は思っています」
    👈

    山本太郎さんが安冨先生を候補者にしたわけがわかります。お二人ともよく研究されてます。

    アリクイの赤ちゃん、1か月で鼻が長く伸びた!


    イメージ 1
    1ヵ月前のアリクイの赤ちゃん👈

    イメージ 2


    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    奥にいるのはおとうさん

    ここは北園の中でも日陰なのでまだ涼しい。

    イメージ 7


    イメージ 6
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    acaluliaのブログ

    鳥待ちdiary

    『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

    アマルフィに憧れて

    しあわせの青い鳥

    東京にしがわ散歩

    心の隙間

    リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
    プロフィール

    hitomi5235

    Author:hitomi5235
    猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR