中川晃教コンサート2019

  • twitterでつぶやく
  • イメージ 2

    観にくくてすいません

    イメージ 3
    コンサートホール入り口のステンドグラス

    中川晃教 @nakagawa1982aki 16時間16時間前

    愛知は電気文化会館 ザ・コンサートホールにて本ツアー初の2ステージ🎤ありがとうございました^_^休憩の時に、スピーカーの位置や諸々調整をしていただき、更にホールと一つになれた気がしました。この街はやっぱりいいな♡名古屋の〝粒子〟から元気をもらいました!次なる地👉福岡県春日市へ🏃‍♂️



    イメージ 4

    イメージ 5
    コンサートホールはB2,
    ここは6Fの屋上庭園。

    イメージ 6

    来年でデビュー20年!
    ミュージカルモーツァルトの衝撃、そこにやんちゃなアマデウスがいるようでした。

    ジャージィボーイズとモーツァルトはアッキーのためにあるような舞台です。
    スポンサーサイト



    ピンクのユリも咲きました(^^♪


    ピンクのユリも咲きました。

    イメージ 1

    バラソニアリキエルとユリ

    昨日、千種公園に行ったらもうユリはほとんど終わってました。うちのユリは遅い。

    イメージ 2


    イメージ 3

    この公園内にも米軍からの爆撃のあとがあります。

    三菱の軍事工場が近かったから?
     
    そこには学校に入れてやると嘘つかれて働かされた朝鮮の少女たちがいて被害にあっています。裁判を傍聴しました。

    ツシマヤマネコ飼育員物語とゴクウ

  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1イメージ 2


    追記
    絶滅寸前の希少動物は1か所に固めておくと災害や感染で全滅する恐れもあるので
    分散させるそうです。









    図書館で借りてる本、
    右の「動物園の秘密」には東山動物園、キリンの名物飼育員も載っています。

    左側、可愛い双子は京都動物園で生まれたメイとキイチの子供。

    ありがとう,めいちゃん・キイチ! | 京都市動物園

    ツシマヤマネコは絶滅寸前、交通事故や田んぼの農薬のため餌がなくなって(´;ω;`)
    だから動物園では繁殖できるメスは非公開です。

    この可愛い双子も特別公開があっただけ今は非公開でしょう。

    めいちゃん、キイチももう京都にはいない。
    繁殖相手を求めてあちこちに異動させられます。
    ご苦労様なことです。
    このままでは絶滅してしまいます。

    めいちゃんはお利巧で訓練でつかまり立ちができました。表紙の子
    その訓練の様子が左の本に載っています。
    ゾウから猛獣まで今では健康管理のための血液検査などできるように
    訓練しています。

    ツシマヤマネコも
    運動不足では帝王切開になる…

    飼育員さんが懸命に繁殖に取り込んでいます。
    東山も赤ちゃんが毎年生まれても、生きられない

    今年は生まれもしなかったようで、お気の毒です。
    家猫と違い繁殖力弱い。


    ☟は珍しく歩いたり立ち上がってくれた東山のゴクウ

    イメージ 4





    イメージ 3

    続映画「新聞記者」

  • facebookでシェア
  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1


    中日、東京新聞夕刊に載りました、若い監督の傑作です。


    内閣情報局で働く人の暗く人工的な職場で異常な仕事をしていることがわかります。
    エリート官僚の上司の不気味さもよく出ています。
    自殺に追い込まれる官僚との対比。

    2週間で撮影した映画、緊迫感にあふれています。シム・ウンギョンも日本語で新聞記者を表現するのは大変だったでしょう。韓国の俳優は実力があります。

    イメージ 2

    珍しく買った映画のパンフとサラザンヘルシー膳、スンキ寿司、湯葉の刺身、蕎麦

    映画を観るとビールやジュース、そば饅頭などのサービスが付きます。

    大手の映画館は上映前にうんざりするほどのCMです、
    いつも小さな映画館にしか行かないので。

    ハラハラドキドキ映画「新聞記者」

    https://www.youtube.com/watch?v=Mtn5pEGEC0w


    映画『新聞記者』予告編

    「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。そんなある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまう。真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。そんな2人の人生が交差し、ある事実が明らかになる。監督は「デイアンドナイト」の藤井道人。

    イメージ 1


    朝刊に宣伝が載っていたのでさっそく初日鑑賞。

    日本でもこういう映画ができた
    良かった


    [絶句する《裏側暴露》]
    国家規模でSNS捏造、メディアを操作……これは果たして“真実”なのか?

    国民の税金をつぎ込んで作る大学の目的が…
    731部隊で悪行重ね米国と取引して免責された子孫のやりそうなことです。

    前川さん、望月さんも登場。
    伊藤詩織さん事件、官僚の自殺…

    高橋和也、日本国憲法制定過程の映画「日本の青空」に主演、
    映画の中でも素晴らしい笑顔の写真


    加藤剛氏のようにこういう映画で又お目に書かれた。
    二人の主演はじめ俳優さんも渾身の演技。

    ぜひご覧ください。






    「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。そんなある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまう。真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。そんな2人の人生が交差し、ある事実が明らかになる。監督は「デイアンドナイト」の藤井道人。👈






    映画「新聞記者」シンポジウム メディアに危機感
     28日に公開されるメディアと権力の在り方を現在進行形で描いた映画「新聞記者」のシンポジウムが開かれ、前の文部科学省事務次官の前川喜平氏がメディアに政治権力の支配が及んできたと危機感を示しました。

     前川喜平前文科事務次官:「メディアが権力を批判するどころか、権力の手先になっている。本来、国の権力から離れていなければいけない、自由でなければならない分野、それが教育とかメディアだが、その教育やメディアの分野にまで事実上の権力が及んできて、国家権力が、政治権力の支配が及んできて、それは非常に怖いことだと思っている」

     前川氏はこのように述べ、最近のメディアの状況に強い懸念を示しました。また、新聞労連の南彰委員長は今の官房長官会見の現状を明らかにしました。

     新聞労連・南彰委員長:「記者に対してとにかく排除したい、質問の数を制限し、順番を後回しにし、さらには妨害行為を繰り返して、政府見解と反するものを質問したら事実誤認と妨害行為を徹底的にやってきた」

     映画「新聞記者」のモデルとなった東京新聞の望月衣塑子記者は、メディアが自らの存在意義を問わなければならないと強調しました。

     東京新聞・望月衣塑子記者:「権力とメディアが記者クラブのなかで一体化してるんじゃないかという疑いで多くの人に見られ始めていると危機感を感じている。記者たちは権力とどういう位置関係に立ち、市民や国民のために一体どういう情報をつかんで何を発信していくべきか、そもそもの存在意義、メディアとは何なのかという原点に立ち返らないといけない」                            

    瀬戸内寂聴「青踏」

      
    イメージ 1

    青踏創刊号、あまりにも有名な智恵子によるアールヌーボー風?
    表紙も忘れられない。

    元になった作品は、ヨーゼフ・エンゲルハルトというオーストリアの画家が、明治37年(1904)のセントルイス万博のために制作した寄木細工「Merlinsage」でした。

    これも知らなかった

    イメージ 2



    青踏、平塚雷鳥のことは歴史で学んだつもりだったので、
    寂聴さんの一連の本も読んでいませんでした。
    でも思いがけない雷鳥の驚きの性格、生き様を知ることができました。

    禅に凝り悟りを開いたというのに、男性とのことがここまでわからない

    政治にも無関心だったとは

    戦後平和運動を行ったが。

    恋もわからないのに妻も愛人もいる森田草平と心中事件起こしたり
    (性交渉無し)
    又若い僧に自分から抱き着いてキス、関係を持ち
    彼の前途を誤らせる。

    レズビアンでもあった。

    その後愛する人に電撃的に巡り合ったというのに、
    昔の男のことを大事な人に平然とぶちまけり、これには唖然。

    お嬢様育ちとはいえ驚愕。

    それでもあのようなスキャンダラスな事件を起こしながらつぶされずに、
    青踏を立ち上げるとは。

    年下の博史を養う気概。

    結婚制度に反対し、子供は自分の籍にいれる。
    これはなかなかマネできません。

    青踏も自分から刊行を思いついたわけでもない、不思議。

    天才はどのようにして生まれるのか。

    雷鳥が寄せた文章の表題『元始、女性は太陽であった』は、女性の権利獲得運動を象徴する言葉の一つとして、永く人々の記憶に残ることとなった(引用)

    「元始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。
    今女性は月である。
    他に依って生き、他の光によって輝く、病人のような蒼白い顔の月である。

    私どもは隠されてしまったわが太陽を今や取り戻さなければならない」

    与謝野晶子の「山が動く日来る」とともに読者の心を強くとらえ
    絶大な反響を呼んだ。

    今も日本は女性議員も異常に少なく、レイプされても声も上げられないぐらい、
    酷い男女差別がある。

    妻を脅し、共同で子供を死に至らせる

    逮捕寸前安部友ゆえに今ものうのうと娑婆にいる
    元TBS報道局ワシントン支局長の山口敬之は逆提訴

    実の親にレイプされても無罪、このようなことがまかり通ってるとは。


    金子文子の映画を観てから


    瀬戸内寂聴全集6「遠い声」「いってまいりますさようなら」「余白の春」

    寂聴さんは会おうと思えば雷鳥に会えたのに、ついに会わず。


    青踏は20の伊藤野枝に引き継がれた。

    青踏にはきら星のごとく有能な女性が集まった。

    この本は474ページもありますが一気に読ませます。
    読書は楽しい。

    ルナのお気に入り、サンがマウント?ソラの誕生日

    イメージ 1
    東山動物園公式サイトから拝借した画像です。ルナ、可愛い
    以下は東山公式サイトから

    ライオンのルナの寝室にはボロボロになった丸太がぶら下げてあります。
    これは室内で遊ぶための道具で、他にもボールなどが入れてあります。

    一番のお気に入りはボールで、二番目がこの丸太です。
    しかし、この丸太は現在、名古屋市科学館で催される企画展のために貸し出し中なので、代わりの物を考え中です。

    動物園飼育第一係 中山 哲男 

    イメージ 4

    世界でも有数のプラネタリウムがあり、雷、極地体験もできます。

    私もルナが食事後部屋でボールで遊んで見せてくれたのを撮影しました。
    6月発情終わったのか、再びルナとサンが一緒に運動場へ。

    ルナが発情してる時はサンさんもソラもルナの部屋の前で座っています( ´艸`)
    ルナとソラはもう親子の感覚はないでしょう。

    イメージ 3
    ルナの部屋の前で張り付いてるソラ

    イメージ 2

    ソラの7回目の誕生日にプレゼントされた花束
    東山動物園公式サイトから拝借した画像です。

    イメージ 5

    この日のサンとルナは違いました。
    まだヒートが残ってるのか。

    イメージ 6
    ワオチューブの中、ガラス越し(;´д`)トホホ
    日差しが強い日で画像が白くなってしまいました。
    サンとルナのマウント体制、初めて見ました。

    イメージ 7

    イメージ 8

    サンもなんだかうれしいいつもはルナを怖そうに見るのに( ´艸`)
    イメージ 9


    イメージ 10

    カンガルーワラビー新獣舎、タヌキの赤ちゃん、キツネ

      
    イメージ 1
    画像は中日新聞から。

    昨日、動物園に行ったら新カンガルー・ワラビー舎お披露目でした。
    それを狙っていったわけではありません。
    もう出来上がっていましたが動物のためにならしをしていました。
    しばらくは時間限定。

    富士サファリなどでカンガルーは触ったので、特に感激はない、前から外から見えていましたし。

    それよりネコ長屋を(´;ω;`)


    東山動植物園(名古屋市千種区)に新たな「カンガルー・ワラビー舎」が完成し、二十五日から来園者が施設内の通路を歩けるようになった。以前より広々とした通路が特徴で、カンガルーたちとの距離もより近くに。お母さんの袋の中で育つ赤ちゃんの様子や、迫力あるジャンプを間近で楽しめる。
     新獣舎は、ソマリノロバ舎を改修して五月上旬に完成。同下旬に引っ越しを行い、環境に慣れたのを待って通路を公開した。新獣舎では、アカカンガルー十二頭とベネットアカクビワラビー五頭が暮らす。
     これまでの獣舎は通路幅が約一・五メートルと狭く、ベビーカーなどではすれ違いづらかった。新たな獣舎は通路幅を倍以上とし、来場者がゆったり過ごせるように。カンガルーと来園者を仕切る二重の柵も一つになり、互いの距離も縮まった。
     通路に来園者が入ってきてもカンガルーたちは木陰で昼寝するなど落ち着いた様子で、時々跳ねては来場者を沸かせた。三重県玉城町から遊びに来た橋爪勇河(ゆうが)ちゃん(5つ)は「手が届きそうなぐらい近くにいた。ぴょんぴょん跳ねてかわいかった」と喜んでいた。
     新獣舎は、園の整備計画の一環。カンガルーとワラビーの旧舎は今後、オランウータンやスマトラトラが暮らす「アジアの熱帯雨林エリア」として整備される。
     (水越直哉)

    イメージ 6

    トラのダマイ・クンデの新獣舎はいつ完成するのでしょうか。
    コアラ舎の近くでも工事始まっています。暑さ対策のための工事、ミスト?

    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 2
    2019年06月23日(日)

    ホンドタヌキの赤ちゃんが4頭生まれました。
    こども動物園日本産動物舎、向かって右から2番目の部屋で公開しています。
    しばらくしたらタヌキの里に移動しますので、かわいい姿を間近でご覧いただくことのできる期間はあまり長くありません。
    ぜひ、日本産動物舎までお越しください。

    発表がすぐ見学に行きました、狸の赤ちゃんとコアラの赤ちゃん👈

    室内暗いのでうまく映りませんでした。
    昨日はもう親も落ち着いていてまっ黒な赤ちゃんから親に近い色になっていました。
    イメージ 3


    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 9

    イメージ 10
    可愛い狐
    イメージ 11

    こんな凄いバレエはじめて「フランケンシュタイン」

  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1
    BSで録画鑑賞しました。

    ◇英国ロイヤル・バレエ「フランケンシュタイン」
    <演 目>
    「フランケンシュタイン」(全3幕)
    音楽:ローウェル・リーバーマン
    振付:リアム・スカーレット
    <出 演>
    ヴィクター・フランケンシュタイン:トリスタン・ダイヤー
    エリザベス・ラヴェンツァ(ヴィクターの恋人):サラ・ラム
    怪物:平野亮一 ほか
    英国ロイヤル・バレエ団
    <管弦楽>英国ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団
    <指 揮>バリー・ワーズワース
    収録:2019年3月15・23日 ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

    BSで鑑賞。
    音楽もバレエも素晴らしい。
    ミュージカルフランケンスタインも観ましたが、
    バレエはセリフがなくてわからない部分もあるのですが

    哀しい人物に対する思いがあふれているような…
    えん罪も出てきます。
    自分より大きい男性をリフトしたり、処刑の場面など見ごたえありました。

    原作者はなんと当時19歳の女性だったとは。

    イメージ 2
    ゴシック小説フランケンシュタイン』で名を残した。同作品によってメアリーはブライアン・オールディス他多くの作家・文芸評論家らにより、SFの先駆者、あるいは創始者と呼ばれた。 母親はフェミニズムの創始者、あるいは先駆者とも呼ばれるメアリー・ウルストンクラフト、父親は無神論者でアナキズムの先駆者であるウィリアム・ゴドウィン。 夫は詩人のパーシー・シェリー。日本では単にシェリー夫人と呼ばれることもあった

    イメージ 3
    メアリーの母、男女同権を提唱

    引用はじめ
    イギリス人振付家、リアム・スカーレットによる初の全幕バレエ
    『フランケンシュタイン』

    リアムの『フランケンシュタイン』のヴィクター・フランケンシュタインは、とても愛情深い人物で、家族からも召使い達からも慕われていて、彼も皆を大切にしている様子が伺えました。そして彼がクリーチャーを作るに至ったのは亡き母への愛情からだったというのも分かります。エリザベスとヴィクターのお互いへの愛や2人の深い結びつきも伝わってきました。そしてクリーチャーを作った罪悪感と恐怖心に苛まれていく過程も見えました。

    エリザベスとヴィクター、
    ヴィクターとクリーチャー、
    エリザベスとクリーチャー、
    クリーチャーとウィリアム
    という組み合わせの素晴らしいパ・ド・ドゥもありました。
    ただ、小説にあるクリーチャーが人間らしさを学んで裏切られる過程の描写がほぼ無いに等しいので、小説の内容を知らない人には、クリーチャーはただの凶暴な怪物に見えてしまっていたかもしれません。引用終わり。

    人間は自分が作り出したものに責任が負えないことがある、
    原爆、原発、子供への虐待など

    志段味古墳群ミュージアム3

  • twitterでつぶやく
  • イメージ 1

    これも古墳、この中に入ってみると涼しい。

    イメージ 2

    ガイドツアーに出会ったので途中から参加しました。

    イメージ 3

    イメージ 4

    ここも古墳の一部。

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 9

    イメージ 10

    イメージ 11

    イメージ 12

    画像制限になりました
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    acaluliaのブログ

    鳥待ちdiary

    『男の隠家』 Bohken-Dankich 天邪鬼&極楽蜻蛉

    動物園訪問日記

    アマルフィに憧れて

    しあわせの青い鳥

    東京にしがわ散歩

    心の隙間

    リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
    プロフィール

    hitomi5235

    Author:hitomi5235
    猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR