世界から猫が消えたら



200.jpg


節分で夫が何気なく鬼の面かぶったら亡きダブルがいかにも恐そうに

顔をそむけました!
やはりビビリでした、姉妹には強気で喧嘩吹っ掛けていましたが

引越しには強烈な悲鳴を上げて多分それが元でガンになりました。



img_4_m.jpg



昨日、「世界から猫が消えたら」をDVD鑑賞、アリエッティ、かぐや姫のついでに借りた映画です。




映画も猫もなくなったら大変、

中世のヨーロッパで猫は魔女のお伴だといい、殺してしまい

ペスト大流行になってしまいました。




魔女なんていないのに女性の財産奪うためにむごたらしく処刑しました。




岩波新書「魔女裁判」読んで戦慄しました。




この映画の父、妻が亡くなるだけでも写真撮る手が震えるのに、

息子まで先立たれたら立ち直れないでしょう。




人がなくなるのは哀しい。




濱田岳もいい味出してます。




映画プロデューサー・川村元気による同名ベストセラー小説を、佐藤健&宮崎あおい共演で実写映画化したヒューマンドラマ。脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。親友や疎遠になった父の思いに触れ、亡き母が残した手紙を手にした青年は、人生最後の日、ある決断を下す。「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和が脚本を手がけ、「ジャッジ!」の永井聡監督がメガホンをとった。人気音楽プロデューサーの小林武史が音楽を担当。








続きを読む

スポンサーサイト



評判の「ラ・ラ・ランド」を観て♪






主役二人が浮遊していく場面、素敵な音楽、ジャズピアノ、

ハイヒールをダンスシューズに替えて踊るシーン、

理不尽で辛いオーデション!

切ない結末。

見どころ一杯なのに、トイレに立つ人、数人。若い男性までも。

恋人に合わせて観に来たのでしょうか、平日の朝一番でした。




今のミュージカル映画は歌は勿論、ピアノひく指も俳優自身、すごいですね。




映画の結末には「いつの間にか子供が出来てる」と言う女性たちの声が聞こえてきました~




まあ、全部丸く収まると言う事は映画としては出来ませんね。




若い監督が又ミュージカル映画作ってくれるのは感心します。




しかも往年のミュージカル映画のオマージュ





「シェルブールの雨傘」は音楽が流れてくるだけで泣けそう。

「ロシュフォールの恋人たち」も子供の時に観ました。

ずっとカトリーヌ・ドヌーブのファンです。




舞台が観られない人には映画はありがたいと思います。




それでも「レ・ミゼラブル」のようなあまりにも名作、名曲で

社会派の舞台、映画を観ると…







一昨日、夜椅子から立ちあがったら突然膝の上が痛くて脚が伸びない、二階にも自力で上がれなくなり、また救急車で入院かと、思いましたが

塗り薬(はり薬は苦手、かぶれそうになります)と痛み止め1錠だけ飲んで寝たら少しずつ良くなりました。




珍しい所に肉離れが起きたようで、痛いのにお風呂で温めてしまったのも良くなかったかも。

足がよくなってきたと思ったら今度は右腰が…

寒い時は体がかたまって肩も痛くて。

ストレッチ再開してほとんど元に戻ったと思ったら、こんなことに。

猫が羨ましい。











以下は長い引用です、こういう記事は消えてしまうので。

「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。




アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む

ハイウェイの渋滞に業を煮やした人々が踊り出すプロローグのダイナミックなミュージカルシーンは、運搬橋を舞台にキャラバン隊が踊る「ロシュフォールの恋人たち」を連想させる。一方、エピローグで恋人たちの数年後に話が飛ぶところは、「シェルブールの雨傘」を思わせる。ジャック・ドゥミ監督のミュージカル映画へのオマージュがブックエンドをなす「ラ・ラ・ランド」には、他にも「バンド・ワゴン」のエレガントな公園のダンスから「世界中がアイ・ラヴ・ユー」の空中浮遊まで、新旧ミュージカル映画のエッセンスが詰め込まれている。が、デイミアン・チャゼル監督の本領はそうした引用のうまさではなく、リアルな描写からファンタジーへとミュージカルシーンをなめらかに昇華させるテクニックを心得ていることだろう。恐るべき32歳だ。




ミュージカル映画定番の「芸能界の内幕物」に属するストーリーも魅力だ。女優志望のミア(エマ・ストーン)と売れないジャズマンのセブ(ライアン・ゴズリング)が繰り広げる愛らしいラブストーリーには、2種類の悲哀が宿っている。ひとつはアーティストの悲哀。生活のために売れ線のバンドに加わるセブと、才能の限界を感じるミア。妥協を突きつけられる2人の揺れる心情が切なさをかきたてる。もうひとつは恋愛の悲哀。人生の浮き沈みのタイミングのすれ違いが恋愛の行方を微妙に左右する設定は、ハラハラさせると同時に胸をキュンとしめつける。

この2種の悲哀が絡み合ってドラマを生む構成は「ニューヨーク・ニューヨーク」と同じだが、主人公を見守りたいと思わせる共感度の高さは「ラ・ラ・ランド」が勝っている。それがラストで生きる。かなった夢とかなわなかった夢、逃した幸福とつかんだ幸福。誰もが経験するであろう人生の忘れ物が走馬燈のようにかけめぐる至福の15分間。これを見たら、インスピレーションの元になった「巴里のアメリカ人」のビンセント・ミネリ監督も誇りに思うに違いない。

(矢崎由紀子)


夢を追う人、現実を受け入れた人、そんなすべての人々とロサンゼルス・ハリウッドへの究極のラブレターが完成した。夢と現実が交錯する「ラ・ラ・ランド」で、ミュージカル映画をリアリズムとともに現代的に復活させた若き才能デイミアン・チャゼル監督と、繊細かつ情熱的な演技で世界中をとりこにしたライアン・ゴズリングが、今作への思いを語った。(取材・文/編集部、写真/依田佳子)

画像2 [拡大画像]

映画は、ハリウッドで女優になることを夢見るミア(エマ・ストーン)と、売れないジャズピアニストのセバスチャン(ゴズリング)の恋と人生を、歌とダンスを交えて彩り豊かに描いた。劇中で、セバスチャンがミアに「ジャズは死につつある」と訴える印象的なシーンがある。現在のミュージカル映画は、ジャズと同じく“死につつある”ジャンルだ。チャゼル監督が「資金集めをするときには、ミュージカルやジャズは、映画の要素として人気がないということを嫌というほど思い知らされたし、興行成績も見こめないと何度も言われた」と明かすように、当初このリスキーな組み合わせに大金を出資するスタジオはなかなか現れなかった。

しかし、蓋を開けてみれば、第74回ゴールデングローブ賞で史上初(映画部門)の最多7部門に輝き、第41回トロント国際映画祭では最高賞にあたる観客賞を獲得。第82回ニューヨーク映画批評家協会賞、第37回ボストン映画批評家協会賞でも作品賞に選ばれる快進撃を続け、2月27日(日本時間)に発表される第89回アカデミー賞には史上最多タイの14ノミネートを果たしている。

チャゼル監督は、「普段は目にしないものでも、面白いものがあると気づかせることは映画の役目だと思う。この映画はミュージカルが大嫌いとか、ジャズが聞こえてくるとラジオを止めてしまうような人にこそ見てもらいたい。こういうのもありなんだと思ってほしいんです」と映画監督としての使命感をのぞかせる。

画像3 [拡大画像]

その言葉を具現化したのが、セバスチャンとミアが出会うオープニングシーンと、初めて2人きりで踊るシーンだ。オープニングは、大渋滞しているロサンゼルスの高速道路で、キャストが歌って踊る約6分間をワンカットで撮影。大勢で息のそろったステップを披露し、往年のミュージカルを彷彿させたかと思えば、ヒップホップやブレイクといった様々なジャンルのダンスを挿入して現代に引き戻すなど、とにかく目が離せない。スニーカーの靴底が自由にアスファルトを蹴る音が、観客を一気に独自の世界に引き込んでいく。

2人が夜景を背に踊るシーンでは、ハイヒールを履いていたミアが、バッグからダンスシューズを取り出し、息の合った動きのなかで堂々と履き替えてしまう。“突然歌って踊り出す”という、ミュージカルのアートフォームへの苦手意識を逆手にとる演出には脱帽だ。今作で、歌とダンスが物語の延長線上に自然と存在するのは、そんな巧みな演出と、主演2人の演技力の賜物だろう。

恋に落ちたミアとセバスチャンは互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活費のために加入したバンドが成功するにつれ、気持ちがすれ違い始める。さらに、女優として大きな挫折を味わったミアは、夢を諦めると言い出す。ハリウッドで輝かしい成功を掴んだゴズリングとチャゼル監督も、ミアのように自らの才能を信じられないことがあるという。

画像4 [拡大画像]

ゴズリングは、「落ち込んだ経験はたくさんあるし、その度にたくさんの人に助けられてきた。結局のところ、運なんだ。才能があるのに、運に恵まれない人がたくさんいる。不公平だよね」と目を伏せる。そんな理不尽な世界での成功の鍵は「努力と忍耐」だという。ハリウッドスターの回答としては随分とリアルだが、プロ意識の高さを感じさせる。

「自分を高め続けることで、運を掴めるポジションにたどり着けると思うんだ」。今作のためにピアノを「3カ月間一心不乱に練習」し、手元のクローズアップさえ吹き替えなしで演じきったゴズリングが言うのだから、間違いない。

今作の構想をハーバード大学在学中からあたため、ようやく実現させたチャゼル監督も、「やっぱりだめかなと思うときがあったよ」と本音を吐露する。「そういうときは、自信を取り戻させてくれるキーパーソンがいてほしい。みんなそうやってまた進んでいくんじゃないかな。ミアが『私には才能がないかもしれない』と言う場面は、もっともパーソナルなシーンのひとつ。僕自身、自信満々でエゴにまみれている自分と、まったく自信がない自分の間を行ったり来たりしているからね(笑)」

そんなチャゼル監督の言葉を聞いていたゴズリングは、「クリエイティブな人にありがちなことだよね。経験することのほとんどが失敗なんだ!」と笑う。「成功したという気分にはあまりならないし、そういう実感は得がたいもの。たくさんの失敗のなかに少しの成功がある方が、正解なんだと思う」

画像5 [拡大画像]

「長い間、自分が見たい映画を作ってきた」というゴズリングは、「今作で久しぶりに観客がどんな映画体験をするのかを意識したけれど、それと同時に、僕たちが見たい映画を作ることもできたんだ。デイミアンはそのバランスを取るのがとても上手で、自分の夢を実現しながらも、観客が望む形に持っていける。それってすごくワクワクするよ」と嬉しそうにほほ笑む。

「僕たちにとっては、この映画を作れただけで大勝利。撮影が終わったときには、『やってやったぞ!』ってみんなでハイタッチしたよ。もしもこの映画が誰にも好かれなくても、僕たちは誇りに思っているからそれでいいと思ったんだ。でも公開したら、観客の反応があって、何度も繰り返し見たという人もいる。この映画の世界観が受け入れられたことで、大勢の人がこんな映画や、こんなリスクをとる監督を求めていると感じられて、とても励みになっているよ」

ゴズリングから絶賛され、照れくさそうにうつむくチャゼル監督。そんな穏やかな表情の内に秘められた映画への思いはとてつもなく熱い。

「大スクリーンで見なきゃいけない映画を作りたいんです。自分や周囲の人が経験した個人的で小さな物語を、大きく広げて大スクリーン向けの叙事的なものに仕上げたい。何かを暴露してさらすような作品になるかもしれないけれど、それはもっともエキサイティングなアートにもなり得るからね」

名古屋市農業公園野700本の枝垂れ梅と可愛い子ブタ、子牛、名古屋コーチン




画像が上手くUP出来ません、他の画像になってしまいます。

***しだれ梅開花状況***
ただいま 『咲き始め』
★しだれ梅まつり3/20まで開催(期間中無休)
明日の月曜日も開園します!
大道芸や抹茶呈茶席を毎日開催しています☆(雨などの場合は中止)...
#しだれ梅 #農業センター https://t.co/Oemuma0Fs3
もっと見る












名古屋市農業センター delaふぁーむ (@noucenter) posted a photo on Twitter

Get the whole picture - and other photos from 名古屋市農業センター delaふぁーむ



pic.twitter.com/Oemuma0Fs3





こちらに可愛い子ブタちゃんがおっぱいを並んで飲んでる動画あります。https://www.facebook.com/noucenter







はじめてかっちん玉祭へ♪



ニュースで今日はかっちゃん玉祭りと報道していて知らなかったので

早速行ってきました。名古屋ドームの西です。

そんなに遠くないのに、知らなかった!

ドラゴンズが優勝祈願する神社とは




神社名:六所神社
鎮座地:愛知県名古屋市東区矢田南1-6-37
御祭神:伊弉諾尊、伊弉冉尊
創建:建久年間(1190~99)
例大祭:2月26日
境内末社:六所龍神社、六所稲荷神社




イメージ 2






【由緒】
[由緒]神社創建年不明 古説には、建久年間(1190~99)創建と伝える。社名の確認できる物については、尾張徳川二代藩主光友公の命により寛文年間(1661~73)に編纂された書物『寛文村々覚書』には、「六所大明神、社内六反歩、前々除、瀬古村祢宜吉太夫持分」とあり、さらに樋口好古が寛政四年(1792)から文政五年(1822)にわたりまとめた書物『尾張徇行記』矢田村の項には、「六所大明神、視界内六反、前々除、六社ハ北武士郭ノ北、林中ニアリ」と書かれています。
境内地については、昭和四十二年十一月の社殿御造営をもって現在の形に到る。
[昔話]その昔、六所神社の境内は森覆われていて、暗がりの森といわれ、森自体が御神体として崇拝されていたと伝えられています。
 又、或る日神域の南のはずれの森の中より、赤児の泣声が聞えて来たので、不思議に思った村人が近づいてみると、旅の貴人夫婦が、産れたばかりの丸々と太った男の赤児を抱いていました。 貴人夫婦はその後七日目に名も告げず立ち去りましたが、この日が二月二十六日であり、初産湯に使ったのが、森のばずれの湧水であったと伝えられています。 これをマレ人の訪れとし、安産の神の奇瑞とした村人の噂が、近隣近郷に伝わり、安産の神として遠隔の人々までが、参拝に訪れる様になったといわれています。
[カッチン玉] カッチン玉とは、竹の先に白・赤・青・黄の飴を丸く練り固めたもので、二月二十六日の当社例大祭の日にしか買うことが出来ない。
 形状については二つ説があり、一説は昔、六所の森は古木が鬱蒼と茂り昼なお暗く、神域も六反(約5960平方メートル)と広く、蛇や蝮、薮蚊が多く出たので、用心のため竹の棒の先に松明や藁束を燃やし森に入った。 この松明をかたどったという説。さらに一説には、先に述べた貴人夫婦の安産にあやかり、子供のへその緒をかたどったとも云う説があります。
[御守護]古老のいうには、「昔から六所神社の氏子には、難産の婦人は一人もいない」といい、又明治三十年頃当地方に赤痢が流行した時も、矢田村だけは一人の患者も、発生せず、難を逃れえたと云う。 「これも偏に日頃より信心する六社大明神の御守護のお陰」と云い、この御霊験御利益の噂が広まり、子供の安産、生育(初宮、虫封、七五三等)、厄除けなどを願い多くの方が参拝に訪れます。
[特別神事]ナゴヤドームでの最初のオープン戦の日に、龍神社にて中日ドラゴンズ優勝祈願祭を執り行う。
[境内末社]六所龍神社・六所稲荷神社を祀る 

大きい飴は高い!

お供え餅?も売っていましたが凄い行列で近寄れません。

その他の画像はこちら



かっちん玉祭

堀川バードウォチング



寿し幸さんの可愛い若おかみも(もう大きなお子さんがいらしゃいすが)近くでカワセミを目撃したといのでやっと行ってきました。

鳥の名前がわからないので教えてください!

その他の画像はこちら





イメージ 1

その前にこれはうちの極小庭に来るメジロに上げたミカンです。
リンゴでも皮薄く残します。お見事





イメージ 2


サルビアが傾いてしまった





イメージ 3


堀川沿いに行く途中、正面は名古屋駅





イメージ 10


もう少し下流には旧加藤商会のレトロな建物があります。

今はタイ料理屋さん





イメージ 11












イメージ 9





お馴染メジロさん


イメージ 4


木の茂みから鳥の鳴き声がやかましいぐらい聞こえてきます。

鴨さん











イメージ 5


アカハラ?


イメージ 6


スズガモ?


キンクロハジロに似て背面が淡い(雄)。
全長:46cm
湾に飛来するが、海に近い淡水域でも見られる。
底が泥地の湾を好み、大群になることが多く、夏も残っているものが少数ある。
雌はくちばしの付け根に白い斑。
似ているアカハジロ(背面が水色)やコスズガモ(頭の上がとがって見える)はごくまれ。





イメージ 7








イメージ 8





イメージ 12


小さな考える人





イメージ 13


カワセミには会えませんでした。

堀川沿いには面白い家もありますので又観てくださいね。


イメージ 14






堀川バードウオッチング

ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォード「ニュースの真相」必見

(*`ェ´*)

320.jpg

予告編の冒頭に久米さんの言葉(^-^)/

大事なニュースにイチャモンつけて本質を見逃す
(*`ェ´*)

米国でもマスコミが影を潜めたきっかけとなったCBSのブッシュ大統領の軍歴詐欺報道事件を追った映画「ニュースの真相」は見ごたえがあった

「ニュースの真相」はブッシュ大統領が2001年9月11日のテロ以来仕掛けた対イラク戦争でイラク兵士の捕虜を収容するアブグレイブ収容所での米兵による虐待事件を暴露して意気上がる米CBSのニュース番組「60ミニッツ」のキャスター、ダン・ラザーと女性プロデューサーのメアリー・メイプスが今度はブッシュ大統領が軍歴詐欺疑惑というネタを掴んで、関係者の証言を必死になってとり、報道するまでの苦労ぶりを描く。最初に情報をもたらした老人が渋るのをなんとか説得し、当時の軍関係者にも取材を重ね、証拠固めをしていき、上層部のOKも出て、放送となり、全員で祝杯をあげる。これで、米ブッシュ大統領の再選への道は一段と険しいものになる、と思われた。




今ではブッシュは汚いことしてベトナムでの兵役逃れたことは誰でも知ってると思うが。




稲田も自分の子供は戦場に送らないが国民は送ると言っているo(`ω´ )o





沖縄密約を男女問題にすり替えた卑怯な佐藤栄作(`o´)




アベシンゾーは佐藤の大甥、極悪同士ヽ(`ω´*)ノ彡☆




今の日本はマスごみだらけ、良心的なジャーナリストを応援し、

民主主義を取り戻しましょう。




政府アベにより民主主義を奪われ

疲弊しきってる国民も声上げなければ。







2004年のアメリカで実際に起こった、あるスクープ報道が広げた波紋の一部始終を、ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォードの共演で描いた実録ドラマ。ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた04年、米国最大のネットワークを誇る放送局CBSのプロデューサー、メアリー・メイプスは、伝説的ジャーナリストのダン・ラザーがアンカーマンを務める看板番組で、ブッシュの軍歴詐欺疑惑というスクープを報道する。しかし、その「決定的証拠」を保守派勢力に「偽造」と断定されたことから事態は一転。メアリーやダンら番組スタッフは、世間から猛烈な批判を浴びる。この事態を収拾するため、局の上層部は内部調査委員会を設置し、調査を開始するが……。メアリー・メイプスの自伝を、「ゾディアック」「アメイジング・スパイダーマン」などを手がけた脚本家のジェームズ・バンダービルトが初監督を務めて映画化した。




http://blog.goo.ne.jp/mamikiyo8425/e/ffa799be93ae90403ff74ba8a2568148




http://rp.kddi-research.jp/blog/srf/2015/10/19/truth/



スタッフ
監督ジェームズ・バンダービルト 製作ブラッドリー・J・フィッシャーウィリアム・シェラックジェームズ・バンダービルトブレット・ラトナーダグ・マンコフアンドリュー・スポールディング製作総指揮ミケル・ボンドセンジェームズ・パッカーニール・タバツニックスティーブン・シルバー原作メアリー・メイプス脚本ジェームズ・バンダービルト撮影マンディ・ウォーカー美術フィオナ・クロンビー衣装アマンダ・ニール編集リチャード・フランシス=ブルース音楽ブライアン・タイラー

キャスト
•ケイト・ブランシェットメアリー・メイプル
•ロバート・レッドフォードダン・ラザー
•エリザベス・モスルーシー・スコット
•トファー・グレイスマイク・スミス



なかにし礼「天皇と日本国憲法」と玉三郎

51j7e3lP4gL__SX341_BO1,204,203,200_

なかにし礼「天皇と日本国憲法」と玉三郎



こんな題名なので政治の話ばっかりかと思ったら、




映画レミゼラブルを激賞




勘三郎丈、團十郎、宮崎駿、千住真理子、藤圭子、石川さゆり

韓流ブームの仕掛け人、原発さえなければ自死した酪農家などなど




最後には何と玉三郎丈




私が思ってることをさすがの文章で書いてくれています。




玉三郎丈への恋文、ああたまりません。




この世のものではないほどに美しく輝く




前人未踏の境地




もはや人の手の届かぬ所、

その頂点は雲のはるか上にあって仰ぎ見ることさえできない




あなたは酸素の希薄な、純粋透明なところにあって、




孤独に孤高に、姿美しく屹立している。




言葉ではいいつくせないほどの




濃密な確信があって、あなたの魂の中に厳然としてあり




その魂の命じるがままに演じている。




肉体は歌舞伎座にありながら




魂は高所、絶所の高みから、己を見下しつつ叱咤叱責しているのだ




しかしそんなとげとげしさを微塵も感じさせない




中略




日本古来の職人たちが作り上げた「美」を




わが身ににまとってこそ、

玉三郎は美を突き抜けて「神」になるのだ




この時玉三郎は日本の伝統芸術が日に日に廃れていくことを

感じて悲しむ、そしてわが身も我が芸も。










能の観世清和さんの息子自慢を聞いて

「良かった。未来につながる美の回廊ですからね。

ぼくの場合はもう橋掛かりが切れちゃってる」




(後を継げる人などいません!今観なければなりません)




この言葉は坂東玉三郎が空前絶後の存在であることをゆくりもなくも

自証したのではないか




政治的発言もストレートで純粋ななかにしさん、

私はこういう方が大好きです。




政治的な方は優秀なレビューをお読みください。




トップカスタマーレビュー




5つ星のうち 5.0「安倍首相は岸信介教の熱狂的信徒」にすぎない
投稿者 呆け天 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/4/14
形式: 単行本
なかにし礼が、こんなにストレートな安倍政権批判をする人であることに驚いた。
作詞家として数々のヒット曲を書いた人、小説家に転じて直木賞作家になった人、ということしか知らない。
政治について発言する人だとは知らなかった。
タイトルの「天皇と日本国憲法」は、天皇万歳を叫び改憲を悲願とする安倍晋三と自民党こそが天皇をないがしろにしている連中なのだという論法。
日本国憲法には昭和天皇の御名御璽があり、平和憲法の制定を国民とともに「深くよろこび」とした。その天皇の意をないがしろにしようとしているのが安倍や改憲論者だ、という。
また、平成天皇が80歳の誕生日(平成25年12月18日)に「占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法をつくり、様々な改革を行って、今日の日本を築きました」と発言したことをひき護憲を訴える。
たしかに右翼的な政治家は「あなたのいってることは天皇の意に反している」と言われるのがきらいだろうな。もちろんその程度のことで翻意するような連中ではないが。
なかにし礼のよってたつ基盤は、左派でも社会主義でもなく、「満州で棄民された」よそ者意識だ。全編を通じて「満州ひきあげ者」の論理がつらぬかれる。
そこからしか語らないというブレのなさが、本書に力を与えている。...続きを読む ›





5つ星のうち 5.0現政権への激しい怒りを芳醇な思想で表わし、行動を呼びかける
投稿者 オイラー鏡 投稿日 2014/4/10
形式: 単行本 Amazonで購入
例えばはじめの一章「天皇と日本国憲法」中最後の項目「粉砕された民主主義」の最後尾にある文章が鋭く突き刺さってくる。
「私たち日本人は2013年12月6日、同じ日本人によって「侵攻」されたのである。・・・なのになぜもっと憤怒に燃えた目を国民は見せないのか。」
特定秘密保護法が成立したことへの著者の見解と怒りの言葉である。この強い言葉には心揺さぶられ、穏やかではいられなくなる。
この本は、著者なかにし礼の、戦時に子供時代を送った文化人として多くの体験に基づいた警世の書である。全五章、54項目の記事から成る。
話題が、いずれも著者の仕事等直接関わってきたことに基づいているので、そこから引き出される見解については、シャープに焦点の合った心地よさを感じながら読んだ。
もちろん、話題となっている多くのエピソードそのものも興味深く読むことができる。とりわけ、何度か出てくる「化外」という言葉が心に引っ掛かるのだが、「国」の統治の及ばない、あるいは「世間」からはずれた者たちへのまなざしを感じて心温まる思いがする。

ただ、全体を通して印象深く残るのは、著者の切羽詰まった、現政権に対する強い危機感である。

付記になるが、冒頭に挙げた著者の「国民」に向けられた苛立ちについては、たまたま今日(2014年4月10日)...続きを読む ›









鶴舞図書館でブルーナ特集、お雛様

over-the-tsurumai-park-01-min.png
無題
100年以上の歴史のある鶴舞中央図書館

リクエストしていたなかにし礼の「天皇と日本国憲法」が借りられることになったので図書館へ。




中学生の時の鶴舞図書館も立派な雰囲気でしたが外観覚えていません。

誰の設計か。
450px-Nagoya_city_Tsuruma_Central_library_01.jpg

上は今の鶴舞図書館です。










名古屋市内に21館ある名古屋市立図書館の中央図書館機能を担う。1923年(大正12年)10月1日、大正天皇御大典奉祝記念事業として開館した市立名古屋図書館を前身とする。その前身は1913年(大正2年)に同じく鶴舞公園に開館した私立名古屋図書館である。1923年の市立名古屋図書館開館により私立名古屋図書館の蔵書はすべて寄贈され、その役割を終えた。なお、市立図書館創設時の職員の一部は私立名古屋図書館時代から継続的に勤務していた[6]。

1984年(昭和59年)には建物を新築しており、第17回中部建築賞を受賞している[2]。 名古屋市立図書館の中でもっとも歴史が古く、郷土資料などの収集を積極的に行っている。蔵書数は約131.6万冊(2016年現在)[4]であり、全国でもトップクラスである。




昨日ローカルニュースで鶴舞図書館を紹介してました。

城山三郎が最愛の妻となった女性と出会った図書館です。

城山さんのペンネームは千種区の城山神社から。

「そうか、君はもういないのか」原作、ドラマ(田村正和主演)は涙なしにはいられません。

私も城山中学や鶴舞図書館に通っているから嬉しい。




晩年は治安維持法が悪用された経緯から佐高信らとともに個人情報保護法の成立に反対するなどの活動をした。

『辛酸(足尾鉱毒事件)』(1962年、中央公論社/潮文庫、中公文庫、角川文庫) - 田中正造 これは真っ先に読みました。


図書館の御殿飾りのお雛様。

私の中学の社会科教師は生徒に自分で本を選び、

レポ書かせると言うもの。

2年生で担任になってくれた時はとてもうれしかった。

美術系の高校に行きたかったのですが先生が反対して、

それでよかったと思います。

幼児の事から何にでも絵を描いてましたが才能なかったでうs。

もうみるだけで十分です。

後年聞いたら忙しかったと言われましたが

一番影響受けた教師でした。

大好きな「なんでも見てやろう」ベ平連、9条の会の小田実と

雰囲気が似ていてとても大柄な先生でなくなる寸前まで

交流がありました。

ジブリのかぐや姫、絵画のように美しく骨が有る


かぐや姫の物語 予告



こちらの動画も参考になります。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm30076742



50億かかってるだけあってか、まず絵が、素晴らしい。

里山の植物、曲がってる道、これ観るだけでもいい、

興業的には芳しくなかったようですが。

観ないともったいない。



竹取物語にはない

姫が山へ爆走していくシーンは安珍を追いかける清姫

道成寺を思い出します。

ここ、名場面ですね。



高畑監督、最高作品、といっても全部観てないのですが。



捨丸も原作にはない人物。都で叩きのめされる。



ほとんどの人間は賤しいとされてました。



でもその労働や里山はこの上なく貴重で美しい。



終わりの方で姫と捨丸二人が疾走や浮遊するシーンが極上



我が子との交流に戻るのも人間のいとしさ、哀感を感じます。



琴や主題歌等の音楽にも浄化されます。





お迎えの仏や天人の顔や音楽♪



声優陣も豪華

かぐや姫(かぐやひめ)   朝倉あき
幼少期            内田未来

翁(おきな)  地井武男・三宅裕司

媼(おうな)  宮本信子鍛えた声

捨丸(すてまる)   高良健吾岩合さんのネコ歩きデモ声の出演

女童(めのわらわ)  田畑智子声入れてる、動画見もの。

相模(さがみ)    高畑淳子

斎部秋田(いんべのあきた)  立川志の輔

炭焼きの老人(すみやきのろうじん)  仲代達矢



車持皇子(蓬莱の玉の枝)…橋爪功 ※ニセモノの宝物つくったけどバレた人
石作皇子(仏の御石の鉢)…上川隆也 ※花を持ってきて口説いたけど女たらしだった人
阿部右大臣(火鼠の皮衣)…伊集院光 ※ちゃんと金かけて宝物買ったけどニセモノだった人
大伴大納言(龍の首の珠)…宇崎竜童 ※旅に出たけどゲットできなかった人
石上中納言(燕の子安貝)…古城環 ※宝物手に入れようとして命を落とした人



お迎えの仏、や天女の奏でる音楽



教育係(私は教育の話が好き、大河ドラ篤姫も松阪慶子の教育係に興味深々でした)や女童

良い映画観ると充実感に満たされます。



OSKの舞台で「人は死ぬからこそ美しい」と言うセリフもよみがえってきました。



必ず死ぬことだけは皆同じ…



帝はかぐやの部屋に乱入する、

女は誰でも天皇の女御になるのは幸せと思っている傲慢な帝を拒絶する姫、いいですね


天皇役は歌舞伎役者が多いですね、

例外は嵐 寛壽郎、ソクーロフの「太陽」のイッセー尾形?

桃井かおりの皇后役が素敵でした。


このサイトが詳しいhttp://topicks.jp/30817

借り暮らしのアリエッティ





メアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」を基に、古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。企画は『崖の上のポニョ』の宮崎駿が担当し、『千と千尋の神隠し』『ハウルの... 続きをみる

アリエッティに登場するドールハウスの豪華絢爛なこと。




アリエッテイの家やドールハウスのあるお宅と庭もイギリスの邸宅のようです。




ジブリ作品はBSなどで放送してくれないのでみのがしてるかぐや姫等と一緒に借りました。




どちらも絵が素晴らしい、マーニーも。




万博記念公園でジブリの催事観ましたが撮影禁止ですから。




メアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」を基に、古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。企画は『崖の上のポニョ』の宮崎駿が担当し、『千と千尋の神隠し』『ハウルの... 続きをみる




ます猫が登場するのでやられます(笑)




心優しい少年になつきます。




原作も読んでませんが、結構スリルもあるので面白いです。




主人公の父は冷静沈着で働き者、




母はお茶入れ、家事にいそしむ。何かあるとおろおろする感じで…




もう十分家事したつもりの私はうんざり、おろおろする母親なんて。




大竹しのぶが声の出演なのでこんな頼りない年よりじみた顔ないよと

つっ込みたくなります




主人公と助ける少年はけなげですが。




今は手術技術が進んでるのか、心臓手術、がん手術の友人たちも術後元気でありがたい。




レンタルは何年振りか。




映画の中で4代前がイギリスに特注したと言うドールハウスです。




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankich 天邪鬼&極楽蜻蛉

動物園訪問日記

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR