2月22日は猫の日、ブランの誕生月

img_8.jpg
img_4.jpg

P1000297 仔猫3匹のじゃれあい


img_10.jpg
薔薇水飲む猫




修理中のワゴンに一家勢揃い、上段、パパ竜と亡き娘のダブル

真ん中ママのリボン、下が娘のブラン






母猫リボンはあまりゴロゴロしないのに









どうしても薔薇水飲みたいパパ














連れ合いの趣味、木のおもちゃや家具作り、ドール家具



夫の趣味のおもちゃのキッチンです。

blog_import_58941101d554f.jpg

連れ合いは器用な人で、魚をさばいたり、イチゴやブルベリー等も作ります。
木彫りの椅子や食器戸棚、赤ちゃんのカタカタ、キッチンセットのパン屋野菜、魚、和菓子も作りました。

アンティーク屋さんで趣味でバイトしたので椅子の張り替えや机、いす、オルガン等も直しました。

ご用命が有れば是非お知らせください(笑)


blog_import_589411044e591.jpg


blog_import_58941107380d1.jpg

真冬のような寒さです‼

風が冷たくて、又温泉に、東海健康センター、一時は露天風呂にお湯がなく、シャワーも水しか出ないのに、何のフォローもなかったことがありました。水で洗髪して、震える女性もいました。


リボンと赤ちゃんたち

今日のランチ写真は大きすぎてエラーになりました。

不覚にもロパート・キナを観てこなかった!

WOWOWで本作をまだ途中までしか観ていないのですが、思慮深く考え抜かれた言葉、足先見ただけでただものでないと思わせる、

フランスのあのプリマより凄い?
https://www.youtube.com/watch?v=9KbvFegaDEo
日本の皆さんへ、私から贈る言葉です。
【健康でいて下さい。生命を与えられた幸せを感じて下さい。そして愛し愛される人になって下さい。】心からそう願っています。

http://ja-ballet.seesaa.net/article/127133239.html





世界最高峰のバレエ団マリインスキー・バレエ。ロシア帝国の宮廷バレエを起源とし、200年以上の伝統と誇りを持つ世界でも最も格調の高いバレエ団です。そのマリインスキー・バレエの栄光と品格を体現する伝説のプリンシパル、ウリヤーナ・ロパートキナ。彼女の踊る“白鳥”は世界一と評されます。

なぜ彼女は踊り始めたのか? 母校ワガノワ・バレエ・アカデミーを訪問し少女だった自分と向き合い語り出す。パリ・オペラ座のかつてのエトワール アニエス・ルテステュやジャン=ギョーム・バール、彼女を取り巻く人々の声で紐解かれる孤高のプリンシパルの素顔とは? 彼女の代表作『瀕死の白鳥』、『愛の伝説』他、『カルメン』『病めるバラ』などの貴重な舞台映像や最愛の娘とのプライベートショット、マリインスキーの稽古場でのリハーサル風景で見せる迫力の表情など、“白鳥”の真実に肉迫する珠玉のドキュメンタリーです。





イリイン先生:私たちのクラスにはロパートキナ以外にもたくさん優秀な人がたくさんいましたので、彼女だけが特別目立っていたというわけではありませんでした。ただ、そういう優秀な生徒たちが集まってくるというのは、ワガノワ・メソッドのおかげというか、この教育方法の正しさというものを実感していました。

向こうのバレエ学校は、バレエだけをやるのではなくて、精神力を鍛えたり、人間的要素をすべて備えたバレエダンサーを育成していくという教育施設になっているので、人間的に素晴らしい人間だけが卒業していきました。

ロシアではバレエは一つの職業なので、バレエ学校は職業訓練学校として国が定めた学校です。学校なので、バレエの授業と並んで、物理だとか数学だとか必修科目も必ず習うようになっています。ロパートキナも映画の中で教室の中を歩いて回想したりするシーンはありますが、本当の授業中の風景はなかったので、休暇中とかの人がいない時をねらって撮ったのかもしれませんね。本当であれば本物の授業を見られれば良かったですが、風景だけでもどういう教育しているかというのは想像できるので、是非想像してみてください。

また、クラシックの授業は男女別々で受けていましたが、他の普通の授業は一緒に受けることもありました。ちょうど覚えているのが、クラシックのクラスのあと、合同で化学の授業があったんです。その時に、ロパートキナが教室の机に突っ伏して寝てたんです。そこにみんなで寄っていって「起きろよ」なんて、いたずらして起こそうとしたことがあります。その結果、彼女が怒って雑巾を振り回して来たりしてましたね。(笑)そういう時にみんなでケンカになっちゃったりした記憶があります。とにかくクラシックの授業の後っていうのは疲れるので、今思えば、そういう時は休ませてあげないとだめですね。


【A子さん(配給宣伝担当/バレエ初心者)の感想】

本作はワガノワ・バレエ・アカデミーを卒業したロパートキナのドキュメンタリー映画ですので、日本でワガノワ・メソッドに基づいた指導をしているバレエ教室にご協力いただきたいと思い、今回リビーナさんにご協力をお願いしました。初めてイリイン先生にお会いした印象としては、こんなに美しい男性が世の中にいるのか!という衝撃を受けました。“手を挙げる”という動作だけでも、本当に美しいのです。素人目には、他の人と何が違うのかは分からないのですが、動きがとにかく美しいのです!

しかし、その甘いマスクと柔らかい雰囲気とは裏腹に、指導は全く甘くありません。“お手本の真似をしているだけでは上達しない”、“常に自分で考えて、理解すること”をとても大切にしていると思います。しかし、動作の意味を理解するということは本当に難しいです。そのため、厳しい指導が飛ぶことも多いですが、うまく踊れたとき時には、とびきりの笑顔を見せてくれます。この笑顔の虜になってしまう人も少なくないはずです!クリスマスには生徒さんたちからメッセージカードをプレゼントされていて、とても慕われているんだなと感じました。妥協を許さず、美を体現していく。そんなイリイン先生に習い続けていれば、ロパートキナへの道も近いかも?!


『ロパートキナ 孤高の白鳥』Facebook
https://www.facebook.com/lopatkina.movie/

(C)DELANGE PRODUCTION










バレエインストラクターがあまりにもやる気なくいつまでも同じことしかしない、生徒が間違っていても注意しないので行きたくなくなってしまいました。




ワガノワのバレエ教師ならわかりまますが初心者バレエですから。




昔ワガノワから出ているバレエレッスンのビデオ買いました。




私の体ではバレエは無理無理で踊れませんが。




あのクラブでは新しい生徒が来ても何もフォローしないので

1回でその後は来ません




始めはこんなことなかったのに。




何があったのかわかりません。




ミラノ留学までされたけどほとんど舞台には立っていない、




東京にセミナーに行ったと言うけれど生徒に還元は無し。




いつも風邪?子供バレエもやってるから生徒に感染しないかな。




自分のバレエ教室ではちゃんとやるらしい。




クリスマスケーキも配る、ケーキがほしいわけではありません。




私が行くクラブでは




代行の外国人インストラクターの方が熱心で楽しかった。




ロパートキパは地雷を踏んで亡くなったのですか

このメチャラブリーなロシアンブルー猫さんの御主人は?



申し訳ないのですが、私は引っ越したばかりでFC2ブログに不慣れ。
このメチャ可愛いい猫さんを見かけたのですがその後、飛べません、教えてください。
お願いします、画像使用してすいません。

こんなにラブリィなロシアンブルーさん、観たことが有りません。

夫が節分の鬼の面かぶったら恐そうにしたときの顔が似ているのです。

大好きな猫と暮らしてもう11年(=^・^=)

img_0.jpg


子猫の時のリボン、いたずらっぽい目がいいと猫写真家新美敬子賞をいただきました。
もうその雑誌も休刊です。その年の3位でした。

すいません。
賞金は2位まで。記念品だけです(;^_^)


最初は母がネズミ取りに猫がほしいと言うのでペットショップへ。

母に抱かれたら大人しくしていて、降りると思ったらトイレに行くだけ

又帰ってきたら母の服のボタンにかじりつきました。1時間半ぐらいだったでしょうか。
今思えばここに長居は出来ない、付いていこうと思ったのでは?

その後だっこは大嫌い、アメショーは活動的、膝に乗ってくるのも写真のリボンだけです。

噛むくせのある竜のためにぺットショップでに行ったら
小さなぬいぐるみとやんちゃに遊んでいたリボンを発見、

あまりの可愛さにたまらず母に買ってもらいました。

性格も良い子です。















同じ場所で、娘の亡きダブルをなめるリボン




リボンは小柄なのに4匹産んでくれました。2匹はもういません(泣)




リボンはメスばかりで生まれ、自分だ産んだ子もメスばかりでした。

こんな演劇観たことない倉本聰「走る」

news_header_hashiru_3.jpg
富良野GROUP特別公演「走る」. 「走る」は、倉本聰がスポーツマンの強靭な精神力と 演劇とを融合させた舞台。 1997年の初演から、肉体的に鍛え上げられた演者が舞台を 縦横無尽に走る姿を. 通じて、それぞれが駆け抜けた人生を描く「人間ドラマ」で大きな ...




公式サイト

キャスト. 東 誠一郎 伊藤 壮太郎 猪子 智史 大山 茂樹 勝又 啓太 久保 勝史 久保 隆徳 熊耳 慶 倉林 一成 小林 宏樹 斉藤 佳器七里海流 クノー 篠木 隆明 シマハラ ヒデキ 水津 聡 竹原 圭一 TERU 黨 清信 沼田 晃平 蓮井 佑麻 羽吹 諒 前田 隆成曖昧 モコ おか ...




これから観劇される方は読まないほうがいいです

私も知識なく観て衝撃と興奮の渦に




皆さま、よく鍛えられて、美しいです




倉本さんは演劇はスポーツより感動出来ないのかと悔しくて

この舞台作られました。




私はいつも充分観劇で感動してます、

勿論脚本が駄目なものは感銘受けず不満が残ります。




金返せと言いたくなる酷い作品もあります。




昨年に続き倉本さんは最後に舞台に上がられました。

本当にお疲れ様です。走らなくても疲れるでしょう。

名古屋に来てくださり感謝です




ウィルあいち二階の大ホールは名鉄劇場のように階段状で観やすい。

名古屋駅にあるので便利です。




松坂屋にもホールが有り昔シラノを観たのでもっと活躍してほしいです。




倉本作品の舞台は昨年と二回しか観ていませんでした。




もっと早くから倉本さんの演劇観ればよかった




最終公演なのです。




迫真の走り、足音揃い、素晴らしい、倒れても不思議ない。




サラリーマンも半端な人数でなく走る、迫力満点です。




ロビーにスーツの男性が多いと思ったら。




完売のはずが真ん中の7席ぐらい空席、これなかったのか、




明日も完売ですがこういう事はない方がいいですね。




高度成長の時代「24時間走れますか」と言うCMが有りました。




走り続けで大事なものを忘れてきたと良く言います。




環境破壊、公害、自衛隊の海外派兵、親子、恋人との別れ、心の荒廃…




昨年北海道の「風のガーデン」見学出来て良かった

ドラマの舞台風のガーデンと倉本さんの思い←











今年は竹下恵子






特別公演に向けた思いを語る倉本さん=北海道富良野市の富良野演劇工場で、横田信行撮影
 北海道富良野市在住の脚本家で演出家の倉本聰さん(82)が率いる演劇集団「富良野GROUP」の特別公演「走る」が15日、富良野演劇工場(同市)で始まり、3月まで全国17都市を回る。倉本さんは「疲れが半端でない。これが最後の舞台演出」と表明。富良野GROUPも今後の活動予定はないという。

 ドラマ「北の国から」などテレビやラジオ、映画などの脚本で長く活躍してきた倉本さんは1984年、富良野市に脚本家と俳優を養成する演劇の私塾「富良野塾」を開設。自らが演出も手掛け、若手の育成に取り組んだ。2010年の閉塾後は、卒塾生らでつくる富良野GROUPが演劇工場や全国で公演を続けてきた。

 「走る」は、1997年初演の富良野塾生向けの作品。それぞれの目的を持って人生という「マラソン」を走…

続きを読む

中川晃教フランケンシュタイン千秋楽鑑賞



https://www.youtube.com/watch?v=JzSQfJiGt_k

ribonn

このブログは写真UPが難しい、あっきーの画像のはずがうちのネコ。

猫の手帖で猫写真家新美がさんが年間3位にしてくれたものです。

わ、本家韓国では首の傷が凄いです、ギロチンか…

日本版はここまで大きな傷はありませんでした。

韓国ミュージカルはブラックメリーポピンズと本作品を鑑賞できました。

韓国人は声がいいので世界的オペラ歌手もいますね。



ミュージカル『フランケンシュタイン』プロモーションムービー




敬称略、昔は大俳優ほど呼び捨て、敬称無しでした。




阪妻、雷蔵、橋蔵…




昨夜は偶然中川晃教の楽にあたりました。

加藤和樹がカーテンコールで中川の演劇大賞受賞にふれてくれました。




中川君も結構長く話してくれて、

こんな大きな劇場で(前回の中川主演SONG WRITERSもこの大劇場でしたが)東京公演から間があいて自信なくなったがこの大舞台に立ったらうれしくなった、

名古屋飛ばしは駄目ですねと




お話は有名なフランケンシュタインですがこれは人造人間を作りだした博士の名前で犠牲者の名はアンリだったのね。




今の臓器移植の元でしょうか、




実際にヒヒの臓器を移植した話を読みました。




怪物は人間の方です。今も大勢うごめいています。




2幕目は猥雑で、暴力、虐待、レイプ、近親相姦と、悲しすぎます。










でも舞台は観客をそんな気持ちのまま帰らせたりしませんから。




最後は客席もノリノリ




久しぶりのオケの迫力、高くても仕方ない、




イケメンで声が深くて歌唱力も高い加藤和樹(名古屋市中川区出身

名古屋出身の俳優が多くなれば名古屋公演も期待できます)




あっきーの少年時代の子役が又驚くほどのうまさ、末が楽しみ




昔は子役が大成するのは難しいと言われましたが今は違いますね。




山本耕史をレ・ミゼで観たのは80年代後半




今日の佐和子の部屋の山本君、面白い




ユニーク、いろんな方向から人の気持ちを開ける

こっちが駄目ならあっちから~アタック




さすがですね。




諦めては損ですね。前向きで行きましょう~







昔歌えない人がミュージカルの主役をやっていてがっかりしましたが、ここまで来ましたね。




でも島田歌穂が井上芳雄の番組で歌はうまくなったがそれだけでは、朗々と歌うだけではハートが…みたいな話してました。

歌穂さんも大好き。レ・ミゼは彼女でなくては観ないぐらいでした




俳優は元々声を出す仕事なので歌わせても上手い、

歌詞もはっきり分かる。




劇団四季でミュージカル観はじめたから何歌ってるのかはっきりしないのは拒否反応が出てしまいます。




日本版レントにがっかりしたのはミュージシャンが多く歌詞が聞き取れなかったから。










優しい姉と闘技場のすざまじい女主人二役の濱田めぐみ

彼女の歌と演技見るだけでもお得感一杯です。




宝塚元トップ音月桂は清い妻と闘技場の哀れな下女の2役、




音月さん、純白の衣装がお気に入りのよう、可愛くてお似合いです。

男役だったからあのような衣装はなかなか着れなかったでしょう。




犬をよみがえらせるシーンではティム・バートン監督(ファンです)のフランケンウィニーを




闘技場では同じ奴隷を倒さなければ生き伸びることができない

スパルタクスを




大げさな装置でミュージカルジキル&ハイドを

それぞれ思い出します。




やはり人気の題材ですから色々考えさせられます。




今月3本の舞台鑑賞が今週に集中していて心配しましたが無事完了

感謝です。













公式サイトより




ミュージカル界最高のキャストが集結!



あの誰もが知っているゴシックロマンの名作が、大胆なストーリー解釈と、流麗にしてメロディアスな音楽でリマジネーションされ、メインキャスト全員が一人二役を演じるというトリッキーな演劇的作劇も相まって、韓国でロングラン大ヒットを記録したグランドミュージカルがいよいよ日本初上陸いたします。人類の“生命創造”への飽くなき探求と、“愛と友情”をテーマに、壮大なスケールと溢れるスピード感で展開する衝撃のストーリーに日本ミュージカル界最高のキャスト陣が挑む!どうぞご期待ください。






~STORY~


19世紀ヨーロッパ。科学者ビクター・フランケンシュタインは戦場でアンリ・デュプレの命を救ったことで、二人は固い友情で結ばれた。“生命創造”に挑むビクターに感銘を受けたアンリは研究を手伝うが、殺人事件に巻き込まれたビクターを救うため、無実の罪で命を落としてしまう。ビクターはアンリを生き返らせようと、アンリの亡き骸に今こそ自らの研究の成果を注ぎ込む。しかし誕生したのは、アンリの記憶を失った“怪物”だった。そして“怪物”は自らのおぞましい姿を恨み、ビクターに復讐を誓うのだった…。

はじめまして。ヤフーブログから引越ししました。

DSC_0164.jpg

ヤフーブログから引越ししました。

始めは楽天で薔薇を買い、あれよあれよと言う間にブログUPすることに、
ところが写真容量が異常に少なくそのうちブログ友にコメントも入れられなくなり…

ヤフーはどんどん改悪されて宣伝は大きくなり、
大事なブログ友の政治的な記事が突然バッサリ予告なく消されてしまうからです。

宜しくお願いします。

画像は2015年のイギリス庭園巡りのウィズリーです。素晴らしい庭園で見所一杯、
いくつもの記事UPするのに半年かかりました。
一人で運転したので庭園にたどり着くまでに四区八苦しました。

日本のような派手な案内版なく木が茂り見えないこともありました。

イギリスでの運転は二回目でしたがよくまあ事故なしに帰国出来たと感謝です。

鑑定団のドールハウスからアリエッテイ・メアリー王妃のドールハウスへ




毎週、「開運お宝鑑定団」とBSの「極上の逸品」を観ています。

西洋の指抜きシンブルのコレクターのブランド物、驚きでしたが

今回は大物、ドールハウスと動物のミニです。

DSC_0781.jpg


家の壁の花も細かく綺麗に出来ています。

コッツウオルズで観たかやぶき屋根の家、蓋(屋根)と壁をあけると、




作家やその妹の寝室やキッチン、リビングが見えます。




ドールハウスはロンドンの子供ミュージアムや他でも観ましたが。

写真がそれほどないのです。

デジカメない時代、性能のいいカメラも持っていない95年ごろの事です。


今回は雑貨や(赤ちゃんの体重ははかったり野菜、布など何でも販売)、

続きを読む

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR