安倍様のNHKは、この画像を使用せずに、3万人と矮小化













そもそも、警察発表って、警視庁は出して無いのですがΣ(・□・;)


転載元: 情報収集中&充電中

スポンサーサイト



この国民運動は一体どんな結末を迎えるのか8/30戦争法案反対行動〜日刊ゲンダイ

KK @Trapelus                          
【安保反対デモ】
列島横断 この国民運動は一体どんな結末を迎えるのか 
戦争法案反対12万人の凄まじい熱気と安倍官邸の異常対応 
これだけ国民運動が盛り上がっているのに脳天気に
娯楽番組を流し続けるこの国のテレビ局の腐敗と大罪
(日刊ゲンダイ)


転載元: acaluliaのブログ

新聞一面に見る、民意の捉え方と安倍内閣隷属度



















そんな事が良く分かった昨日でした。


転載元: 情報収集中&充電中

おめでとう。 ありがとう。 国会前に 『戦争法案反対デモに 35万人以上の終結』 BBC、CNNも トップニュースで伝える。

おめでとう。 ありがとう。 国会前に 『戦争法案反対デモに 35万人以上の終結』 BBC、CNNも トップニュースで伝える。
http://ryuma681.blog47.fc2.com/blog-entry-1531.html
2015.08.30 リュウマの独り言

やったね。 たいしたもんだ。 10万人が反対を訴えた。 イギリスBBCも、 アメリカCNNも トップニュースで流した。 日本のテレビは … もう気にしないでおきましょう。 そのうち 恥ずかしくなりますよ。 

                                              BASIL @basilsauce
Wow!!国会前だけで12万人が。行ってくださった方々に感謝します。



 篠原 勝之 @ge_jitsukaKUMA
これより前には行けないが後ろにも戻れない。シールズのラップ調の演説と、国会議員の演説が始まり小沢に、龍一に、大きなシュプレヒコール❗組織されたのと違う一人ひとりのヒトガタが叫びプラカードを打ち振る。

                                              イルカちゃん @purumeria88
今まで日本人はおとなしすぎましたよね。
mitsuko osakabe @nekonomeiyuu
安倍やめろ 弔い風船 高々と



sig_yok @yoksig
今は戦争協力法案の廃案を目指して全ての野党、団体、市民・学生・社会人、老若男女が団結するときです。



洪笑日 @hongsoil
国会前デモ、韓国の総合ニュースも報道。 「日本、安保法案反対デモの人波。バスの車壁登場」



Richard Smart @tokyorich
People wondering whether this is bigger than antinuke protests, it doesn't look it.



孫崎 享 @magosaki_ukeru
国会前デモ:本日の参加者で国会前だけのスペースを言っている人がいますが、周辺の道路、公園にぎっしり人が集合、動きとれず。多分誰も正確な数字を把握して位大量の人、過去これだけの人が集まったのは1960年の安保闘争以来ないでしょう。その意義を無視する大手メディアは酷い。
                                              布施祐仁 @yujinfuse
今日の忘れられない場面はこれ。人が多くなりすぎて柵が決壊して車道に溢れた時、先頭に立って前進してきたのは彼らだった。国会の真正面まで来た時、涙を流してる人もいた。彼らがどれだけ今日に懸けていたのか、それが伝わってくる表情だった。



⛵motty⛵ @novtnerico
100万人デモ計画、海外メディアも大々的に報道!ロイター通信やタイムズ等にSEALDsの文字



ちょっと 仕事から帰ってきたばかりで 整理がついていませんが、 皆さんと一緒にお祝いしたくて、一択ここでアップさせてください。  

 おめでとう。 ありがとう。


転載元: 真実の報道

廃墟の美とキッチンガーデン・スコットニーカースル


blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
   



昨日の国会前を埋め尽くした皆さんに感動しました。

今回のガーデンめぐり3つ目はスコットニー・カースル,6月19日

廃墟が無限の美を表現するガーデン
4隅に塔があったのにわざと破壊
塔は2つでひとつわざと壊したと、どこかで読んだのですが。
どれが本当?





高台のニューカースル、ニューとは思えないけど。


スコットニー城は”世界で最もロマンティックな城”と謳われ、ナショナル・トラストでも常に入場者ランク上位を占めるプロパティーだ。
ここにはオールドとニューの2つの城がある。オールドは14世紀の城で濠に囲まれた長方形の4隅に円形塔(Circular Towers)を持つ城だったが、16世紀には南の塔のみを残すだけになっていた。幾多の手を経て1778年にエドワード・ハッシー(Edward Hussey)が所有者となる。 エドワードは1835年から新しいハウスをオールドキャッスルを見下ろす高台に建築する。これがニューキャッスルだ(写真下左2枚)。
1970年に末裔のクリストファー ・ハッシー(Christopher Hussey)が亡くなり、エステートとガーデンがナショナル・トラストに寄贈され、 その後もハウスには夫人のベティ(Mrs Betty)が住まわれていたが、2006年に亡くなられハウスも寄贈され、2007年より一般公開されている。
ハウスの片隅に三日月形の見晴台があり、そこからのオールドカッスルの眺めが素晴らしい。シャクナゲやツツジ、カルミアなどが咲き乱れうねるように重なり合う斜面の遥か下に円形のタワーがロマンチックだ

2007年より一般公開なので2005年のコッツウォルズの庭園巡りの時は知らなかったはずです。

猫を迎えたのは2005年秋、それから5年間海外に行きませんでした。

赤ちゃん猫産んでもらいましたし…

母がネズミ捕りのためにショップで遭遇したのが今のパパ猫です。




抱かれるのは大嫌いなのにその時だけ母の胸に1時間以上抱かれていました。カーディガンのボタンがお気に入り

ショップから連れ出してほしかったのかも、
彼は今年の8月で10歳になりました

母から離れたと思ったらトイレ、またすぐ戻ったのです。

フードを制限されていたのでしょう、うちに来て一週間ぐらいで見違えるように大きくなった感じでした。

下はオス猫竜がきてすぐ夫が作った猫タワー、猫がごろごろ言うのも知らなかった人が頼んでもいないのに作ったので驚きました。

母はネズミ捕りのためにアメショー買ったのに、ロングコートチワワもいて面倒見れないとすぐ猫好きの私にくれました。
アメショーはワーキングキャット ヨーロッパからアメリカに渡る時ネズミ対策に一緒に舟に載せられたとか。

下はまだ仔猫時代のリボンと竜






入り口のショップ




右側にカフェ



スコットニーの門?

下はスコットニーの広いPの横にあるウォールガーデン


ナイマンズのページで間違えてUPしたウォールガーデン
すいません。
スコットニーに到着したのは10時前なのでまだクローズしてました。










不思議な切り株?オブジェ?



影として映ってるゲートもカッコいいでしょう~


     ここにも苗売り場、
買って帰れないから悩むこともありません(笑)



バラや芍薬が植えられます。



野菜も整然と~




お皿がネームプレート、綺麗に苗が並んでます。







かかしがユーモアたっぷり
鼻高い~


不思議な顔のかかし











いよいよ廃墟の美、ピクチャレスの庭に下りて行きます。





真ん中に最初の画像の風景があります。

続きます。

追記
ママ猫も10月で10歳です。
同じペットショップで小さなぬいぐるみでやんちゃに遊ぶリボンに一目ぼれして、母にねだってお金出してもらいました。
一番うれしいプレゼントでした
クリスマスバーゲンになっていました!

娘のブランは本当にネズミ捕りました。

まだマンション住まいだったころ母の要請で出動!

今日同じイオンペットショップに行ったらマンチカンが35万!

ショップのアメショーでも捨てられているようです
悲しい。

    ブランは色が白いのでチョップでは捨てられそう。

    友人からは人気ありましたが最後までオッパイもらっていたので遠慮され、(人間で言うと小学校低学年まで!)

ダブルはパパっ子で離せず、リンゴと桜がお嫁に行きました。

今は亡きダブルとリンゴ。残った3匹には長生きしてほしい。

「フランス革命に近いことが起ころうとしている」安保反対の市民が国会前を埋め尽くす

「フランス革命に近いことが起ころうとしている」安保反対の市民が国会前を埋め尽くす

弁護士ドットコム 8月30日(日)16時7分配信
安全保障関連法案の廃案と安倍政権の退陣を訴える市民たちが8月30日、東京・永田町の国会前に集まり、大規模な抗議活動をおこなった。主催した「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の発表によると、参加者は約12万人という。

この日、小雨が降っていたにもかかわらず、国会周辺には午後1時ごろから「アベ政治を許さない」「戦争させない」などのプラカードやノボリを持った人たちが多数集まり、国会正門前の道路を埋め尽くした。歩道だけでなく、車道にも人があふれ出した。

「廃案と退陣が日本を救う道だ」


国会正門近くに設けられたステージには、政治家や学者らが代わるがわる登壇して、安保法案反対を呼びかけた。

民主党の岡田克也代表は「こんな憲法違反の法案を通すわけにはいかない。普通の国民が怒っていることを安倍政権にわからせないといけない」と強調した。

生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎共同代表は「こんな場にはあまり参加しないが、今回だけはなんとかして、いい加減でバカげた法案を阻止して、安倍政権を退陣に追い込みたい」と述べた。

池内了・名古屋大学名誉教授は「これほど国民をなめた法案はない。法案廃案と政権退陣が日本を救う道だ」と訴えた。

音楽家の坂本龍一さんは「政治状況ががけっぷちになって、日本人に憲法精神が根付いていることを示していただいた。フランス革命に近いことが今まさに起ころうとしている」と語っていた。 


小沢さんがうるうるしてます!

<安保法案抗議集会>国会議事堂取り囲み「戦争法案反対!」

毎日新聞 8月30日(日)16時38分配信
安全保障関連法案に反対し、国会前に集まる大勢の人たち=東京都千代田区で2015年8月30日午後2時8分、本社ヘリから森田剛史撮影




これは私が参加したレッドアクション」

スマホ変えたためまだ慣れず写真がUP出来ません。

昨日ネットで栄で抗議デモがあると聞いたので参加しました。

女性も男性も参加、怒りを込めて演説されました。

光っていてすいません。


ここんなデモもあったのを知りませんでした。



 
 喪服で無言の集団が繁華街をゆく。そんなデモが27日、名古屋・栄であった。葬送を思わせる行進の狙いは、安全保障関連法案への反対。人が亡くなる戦争につながるという趣旨だ。
 自営業者や主婦らがネットなどで呼びかけ合い、愛知県岐阜県から約40人が集まった。「平和を手放すな」「戦争立法はいらない」という横断幕やプラカードを持っての静かな抗議に、買い物客が足を止めスマホで撮影していた。

 参加した岐阜県羽島市理学療法士、松崎哲郎さん(36)は安倍政権の出方が気になる。首相に近い議員らでつくる勉強会で報道機関を威圧するような発言があったことには「メディアへの攻撃を許してはいけない」。勉強会代表の自民党青年局長は更迭されたが、「党の役職を解かれるだけ。幕引きを狙ったんでしょう」と話した。






全国で参加しましょう・安倍官邸が怯える8月30日 「安保反対10万人デモ」




8月30日は国会前を始め、全国各地で「戦争法案廃案!安倍政権退陣!8.30国会10万人・全国100万人大行動」が予定されています。
同日、名古屋においても街宣行動を下記のとおり実施します。

戦争法をとめよう!全国一斉行動 100万分の1栄行動

1 日  時   2015年8月30日(日)午前10時半~11時半
2 場  所   栄メルサ前 集合
3 内  容   栄交差点を中心に街宣行動を行います。
国会前に10万人、全国で100万人。
あなたも100万人分の1として意思表示をしましょう。

名古屋駅前ではママの会がアピール




米騒動の舞台になった100年の歴史超えた鶴舞公園。
普通選挙記念モニュメントなどあります。
桜、蓮池、アジサイ、ハナショウブ、バラ園等あります。
お洒落なカフェも出来ました。

日刊ゲンダイ安倍官邸が怯える8月30日 「安保反対10万人デモ」の破壊力http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162515


 安倍周辺が「最後の日曜日」に警戒を強めている。夏休み最後の日曜日(8月30日)、10万人規模の「反安保デモ」が予定されているからだ。もし、10万人が国会を包囲したら、憲法違反の「安保法案」は廃案になっておかしくない。

「安倍官邸はいまからピリピリしています。学生グループ『SEALDs』が毎週金曜日、国会周辺でデモを行っていますが、参加者は2万~3万人です。10万人が国会周辺に押し寄せたら、革命前夜のような雰囲気になりかねない。台風でもなんでもいいから、デモが中止になって欲しい、というのがホンネです」(官邸事情通)

 実際、首相周辺は、デモを潰そうと必死だ。安倍チルドレンの筆頭、武藤貴也衆院議員(36)は、SEALDsのことを〈利己的な集団〉と誹謗し、自民党の幹部職員は〈チンピラ〉と罵倒している。デモに参加する学生をおとしめることで、これ以上、賛同者が広がらないように画策しているのはミエミエだ。

8月30日10万人アクションについて










よろしくお願いします。


転載元: 情報収集中&充電中

戦争法案関連…集団的「自衛権」って、海外に自衛隊を出すってだけの話ではない!

2015-08-27

戦争法案関連…集団的「自衛権」って、海外に自衛隊を出すってだけの話じゃねえか

集団的「自衛権」と聞かされると、なんか、素朴な感覚として、

それは「自衛の話」…と受け止めてしまいそうですが、

集団的自衛権というのは、「自衛権」と称しつつ軍隊を海外に出して

特定の国と一緒に武力行使する…という「外への攻撃(他国への攻撃)」がその実体でありまして

これは自衛の名の下に行われる「攻撃」に他なりません

(だからホントは「集団的自衛権」ではなく、「集団的攻撃権」と呼んだ方が、実体に近いんです)


とすると、集団的自衛権を行使する…というのは、

日本に攻めてきたわけでもない国と戦うために自衛隊を海外に出す…という話になるんですけど

そんなことが、なぜに「日本の安全」に繋がるというのか、ぼくにはさっぱりわかりません


この点、安倍たちの言い分は、集団的自衛権を用いて「敵を叩けば平和になる」というもんで

安倍はそれを「積極的平和主義」と詐称してるようですが、

これは「先制攻撃によって敵を殲滅すれば敵がいなくなって平和になる」というメチャクチャな理屈で

本来は、「積極的殲滅主義」(あるいは「積極的戦争主義」)と呼ばんとあきません


でも、確か、集団的自衛権っていうのは、

密接関係国がどこかの国や組織から「攻撃された場合」に発動されるもの…と

考える人がいるかも知れませんが、では、アメリカが中東に軍事介入した際に、

どこかの国や組織から攻撃を受けたら、それは、「アメリカが攻撃された」ってことになるんでしょうか

…って、そんなアホな話はありませんよね

(そやかて、先に他国の領土に軍隊を出してることが「先制攻撃」なんですから)


だから、アメリカを第一の密接関係国として想定する日本の集団的自衛権は

どこまでいっても「アメリカの海外での軍事行動を日本が手伝う」という形で発動されるわけでして

そんなことがなんで「日本の自衛権」の話として出てくるのか、

およそ、ぼくの頭では理解不能です


…なんてことを日々考えてたら、ちょうどよい「識者の論考」が朝日新聞大阪版の夕刊に載ってまして、

その記事は全国版にも、朝日デジタルにも載らないもんだから、こらもったいない…ということで

全文転載で、みなさんにご紹介します

(寄稿) 中東から見る集団的自衛権の議論  日本の米国追随 誰も歓迎しない (朝日:2015.8.26)

内藤正典・同士社大大学院教授(専門は現代イスラム地域研究)

 中東から見ると、日本での集団的自衛権の議論には現実離れしているところと、日本の安全保障上のリスクを高める懸念とがある。現実離れというのはホルムズ海峡の機雷掃海の話である。政府が当初から引き合いに出していたホルムズ海峡は、中東産原油への依存度が高い日本にとっては生命線である。だが、現在、ホルムズ海峡に機雷が撒かれるという差し迫った危機はないし、世界中でその話をしているのは日本だけである。

 海峡周辺の国で米国にとって潜在的な敵国はイランだが、オバマ政権が主導してイランの核開発について合意に至ったことを考えれば、イランがホルムズ海峡のあるペルシャ湾を火の海にするはずがない。それどころか、核問題での合意でようやく経済制裁が解除され、石油の輸出ができるという時に、機雷を撒く話など当のイランにとっても馬鹿げた話である。

 日本の安全保障にとって危険だというのは、集団的自衛権行使の相手が米国だからである。イラク戦争を例にあげれば、今日の中東の大混乱に、あの戦争が関係していることは言うまでもない。イラクに戦争を仕掛ければ、国が簡単に分裂することは最初からわかっていた。北のクルド勢力は米国に協力して事実上の独立を達成しようとしていた。フセイン政権時代に抑圧されたシーアは、人口では最大だから政権に大きな影響力をもつことは明らかだった。半面、フセイン政権下で利権を独占していたスンニー派が、いわば天国から地獄に突き落とされることも容易に想像できた。

 実際、戦後にイラクは見事に分裂した。スンニー派の中から自称「イスラム国(IS)」という凶悪な集団が登場して、イラクとシリアを蝕んでいることは周知の通りである。「イスラム国」が台頭すると、米国は最大の脅威だとして有志連合による軍事介入に踏み切った。イラクだけでなく、米軍が軍事介入した国は、アフガニスタンにせよリビアにせよ、どれ一つとして介入の結果、安定と平和がもたらされてはいない

 米国は、イスラエルの望みを決して拒まないから、パレスチナの人々の権利は奪われたままである。ガザにいたってはイスラエルが攻撃するたびに膨大な市民の犠牲を出しているが、米国をバックにつけているため、国際社会は有効な手立てを講じられない。

 集団的自衛権は、隣家の味を火事を消しに行く話ではない。米軍が軍事行動に出ている出先で自衛隊が支援することになる。米軍が、現在もっとも積極的に軍事介入しているのは、中東・イスラム世界である。中東の人間もイスラム教徒も米国のすべてを嫌っているわけではない。だが、市民の命を奪う軍事介入に限って言えば、米国を支持する市民はいない

 世界のメディアは、集団的自衛権の内容はほとんど報じていない。日本が平和主義から転換することをもっぱら伝えている。中東・イスラム世界の市民は、日本が米国の軍事行動に追随することを誰も歓迎しないだろう。

この中東の専門家が言うように、日本の集団的自衛権の議論?は

まず、その想定が「現実離れして馬鹿げたもの」です

さらに、日本の集団的自衛権が中東・イスラム世界で常時軍事行動をしているアメリカを念頭に

発動することが予定されていることからすれば、

現在、中東・イスラム世界からアメリカに向けれれる(当然の)敵意が

戦争法案成立後の自衛隊の中東派兵によって、日本にも向けられる…ということになるでしょう

(→これは、日本の安全保障上のリスクを軽減するのではなく、高めることです)


とすると、結局、集団的自衛権を行使しないと日本の安全が保てない…と説明することそれ自体が

「現実離れして馬鹿げたもの」ということになるわけですので

そのような話には、付き合わないようにして下さいませ


…なんてことを書いても、

「平和」を唱えるだけでは平和は得られない、時には「軍事行動」も必要なのだ…と

考える人もいらっしゃるかも知れません

けど…

・アメリカが軍事行動をすればするほど、世界全体の安全は低下している…

・アメリカが軍事行動をすればするほど、アメリカ自身の安全保障上のリスクも増大してる…

・アフガン戦争において「アメリカとの集団的自衛権を発動したNATO諸国」の安全保障上のリスクも増大してる…

という動かし難い事実を見れば、

日本がアメリカと一緒に軍事行動をすればするほど、世界全体の安全はいっそう低下する…だろうし

日本がアメリカと一緒に軍事行動をすればするほど、日本自身の安全保障上のリスクも増大する…ことでしょう


だから、「集団的自衛権」なんてもんは、「使わないのが一番の安全保障」であり、

日本国憲法はそれをちゃんとわかって「憲法9条で集団的自衛権を禁じてる」わけですので

憲法違反という形式的理由においても、

平和に繋がらないどころか平和を壊してるという現実的かつ実質的理由においても

集団的自衛権なんてもんは、絶対に認めたらあきません

(日本が放棄したのは「戦争」(≒集団的自衛権)であって、「平和を放棄」したらあかんのです


転載元: mimiの日々是好日

【戦争法案に反対する全国若者一斉行動✖️東北デモパレ】学生による街頭宣伝でのスピーチ

   SEALDs_TOHOKU's photo.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
【戦争法案に反対する全国若者一斉行動✖️東北デモパレ】学生による街頭宣伝でのスピーチです。
 
 
一一一一一一一一一一一一一一
 

みなさんこんにちは。私はSEALDsTOHOKUのメンバーのひとりで仙台の大学生です。こんなところにたって注目を浴びるのは正直かなり抵抗がありますが、それでもみなさんに聞いてほしい事があるから、伝えたいことがあるからこうしていまマイクを握っています。

...


2015年7月15日、衆議院で安保関連法案が強行採決されたとき、日本の民主主義が完全に終わってしまったとおもいました。野党議員に囲まれ原稿 を奪われそうになりながらも怒号のなかで法案の可決を言い渡した浜田委員長の姿は、目の前の相手の訴えなど聞く気も見る気もなく、ただ自分の目的だけを遂行する感情のないロボットのように、そんなふうにわたしには見えました。言論の府である国会とは対話の場所ではないのか、こんなことが許されるのか。異様な光景に愕然とし、肩の力が抜けたのを覚えています。



求められた対話にこたえることは政治家以前に人間としてあたりまえのことではないでしょうか。嘘をつかない、ごまかさない、言い訳をしない、そして聞かれた質問にきちんとこたえる。そんな基本的なことが、いまの安倍政権には通用しません。真剣な議論の最中に「そんなことはどうでもいい」といい、ヤジを飛ばしてニヤニヤし、前の日に存在も知らないといった文書を次の日には自分が作成を指示したものだという。安倍政権がこれまで見せてきた態度は目の前の人間への誠実さにかけるものです。

それはつまり国会という場、民主主義というシステム、そしてわたしたち日本国民への誠実さの欠如を意味します。真摯な対話により合意形成をはかりあるべき社会をめざすこと、これをいまの安倍政権に期待することはできません。

2011年3月11日、高校生だったわたしは福島県で被災しました。ごはんを食べて、勉強をして、部活をして、友達と遊んで。留まることなくながれていくと思っていた日常があの日ぶつりときれました。原発事故はまぎれもなく人災です。政治はときに国民の日常や人生を破壊するということを福島の人々は自分たち自身の体験ではっきりと知りました。原発事故の責任追求も放射線被爆による被害の実態調査もなにもおわっていません。しかしつい先日、多くのひとびとが再稼働反対を訴えるなかで鹿児島県の川内原発が再稼働してしまいました。

現在も故郷に帰れない福島の人々に対する誠実さとは、帰郷を促す事ではなく、原発事故とはなんだったのか、なぜ起きたのか、なぜ福島にはたくさんの原発があったのか、そしてどうすれば事故を二度と起こさずにすむのかということを本気で考えることではないでしょうか。

同様に、70年前犠牲になった方々への誠実さとは、日本が起こした過去の戦争の正当化をすることではなく、あの戦争でどれほどの人が犠牲になり、どれほどのものを失ったのか、どうして沖縄で無残な集団自決がおき、広島長崎に原子力爆弾がおとされたのか、中国や朝鮮半島、アジア諸国で何が起きたのか、ということを本気で考えることではないでしょうか。そのうえで国としての過ちをしっかり認めて反省し、謝罪し、二度と戦争は繰り返さないと強く誓い、そのために外交努力を続けることではないでしょうか。


原発事故も戦争もまだおわっていません。沖縄戦の記憶はいまも沖縄のおじいやおばあを苦しませ、福島では多くのひとがふるさとの将来に絶望せざるをえない状況です。

国民の声を聞かず、過去を顧みない、そんな愚かな政治がいまの日本では当たり前になっています。こんなおかしいことありません。



2015年7月15日、たしかにあの瞬間、民主主義は安倍政権によって殺されました。しかし、それはわたしたちによる新しい民主主義が生まれた瞬間でもありました。わたしのように選挙も体験したことのなかった若者や、選挙しか政治参加の手段を知らなかった多くの人々が、新たな力強い民主主義の担い手として誕生しました。デモや集会、SNS、マスコミなどを通じ社会にたいして声を挙げています。残念なことですが今の社会で政治的意思表示をすることはリスクを伴います。いわれのない誹謗中傷にあったり、むやみに不安をかきたてられたり、ときに家族や友人から距離をおかれたりする人もいるとおもいます。大学生、高校生、大学院生、お母さん、中高年のかた、高齢のかた、大学教授、弁護士、有名人、それぞれがそれぞれの事情や立場ゆえに声を挙げることへの不安や恐怖を抱えているはずです。それでも多くの人が勇気をだして乗り越え、おかしいことはおかしいと、政治的意思決定は国民がしなければいけないのだと声を挙げています。国民を無視した政治はもはや許されません、この国の国民主権はいま、大きく飛躍しています。

今日は2015年8月23日、若者を中心に全国で一斉に安倍政権と安保関連法案に反対の声をあげるという歴史的な日です。全国どこにいたって国民一人ひとりが政治の主権者であることを示すことができます。民主主義は理想の概念ではなく、具体的な行動にあるということを示すことができます。安倍首相の政治は国民を無視しているのではないかとなんとなくでも感じているみなさん、戦争のできる日本にはしたくないと思っているみなさん、いまからでも遅くありません。一緒に声を挙げましょう。日本全国、全世代で新しい民主主義をつくっていきましょう。



2015年8月23日 わたしは安保法案に反対します
 
SEALDsTOHOKU FBより


転載元: 幸せの青い鳥

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR