猫だって、戦争は反対です。





転載元: 情報収集中&充電中

桐生悠々ひ孫も危惧・忌野清志郎さんの選挙ソング

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします





今朝の中日(東京)新聞 あの反骨のジャーナリスト桐生悠々ひ孫も危惧する安全保障関連法案。

安部は「NGO職員の救出活動が出来るようになる」と言うが
かえって危険。中村医師←も前から言っています。

米軍と一緒に行動すれば日本も危険な敵になります。友好だったのに。







新城、お気に入りだったのですね。ここの川を眺めながらの温泉と食事いいですよ。

昨日だったかラジオで偶然清志郎さんの選挙の歌を聴きました。

こんな歌も付くっいたんだなと又感心しました。

一の宮のアート、観たい!




名古屋の写真家HASEOさんの呼びかけで各地のモデル、スタイリスト62人が参加
人種や宗教の違いを乗り越えた世界平和への思いを伝える。

モチーフはジャンヌ・ダルク

日本人の人質殺害事件がきっかけ。

人々の争いや暴力・無関心を1枚の写真に表現した。

ローズフェスタと猫の毛玉

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします






まぶしいのか眠いのか

ママのリボン、目を細めています。
後ろミョウガやシソ

毎日特に竜パパが蝶や蛾を狙って出動してます



昨年のセントオルバン

名古屋矢場町の元蘭の館、フラリエでローズフェスタが明日から6月14日まで開催されます。











二番花アブラハム


3月のブルーボネット






白っぽいボールは今朝のブランの毛玉

ちょっとす毛をいたらこの有様、一番抜ける子です。絨毯も真っ白



こんなにアメショーは抜け毛多くてフケもあり
いびきも凄いと
一緒に暮さないと分かりませんでした。
いびきの凄いのは娘のブランです。


先日熱田のビオトープ見学して図書館でビオトープの本見つけたら


「いつまでもバラとクレマチスでは能がない」と。

ビオトープも雰囲気が良くてこの本は虫を呼ぶ植物などに詳しいから面白いのですがちょっとガックリ。





これでいいのか、安倍政権の圧力で委縮するメディア

みなさま   西英子です。
 
29日の夜は 金曜行動です。 中電本店前 18時~19時
 
25日のテレビニュースを見ましたか。川内原発1号機が7月
下旬に再稼働、2号機は9月下旬の再稼働だそうです。
年内には、高浜原発、伊方原発も再稼働を狙っているようです。
 
このまま「原発ゼロ」をつづけるために、再稼働をさせない
強い決意で、声をあげましょう。 金曜行動にぜひが参加を!
 
 
〇7月25日の集会で、テーマのひとつに
「安倍政権の圧力で委縮するメディア」をとりあげました。
3月27日(金)テレビ朝日の「報道ステーション」を途中から
見ました。その日のコメンテータ古賀茂明氏が、官邸の圧力で
降板させられることになり「本日が最後だ」と突然告発したとこ
ろをみました。
 
これまで「菅官房長官から、ものすごいバッシングを受けていた
が、視聴者のみなさんからの声援があり、楽しくさせていただいた」
と言われました。
古賀氏は、原発即時廃止論者で、「報スタ」でも原発問題を厳しく
追及してきました。優れた内容が多くあり、私も勉強になりました。
このかなり踏み込んだ政府批判をする番組が、安倍政権にとっては、
邪魔な存在だったのでしょう。
 
さらに、古賀氏は「この番組のプロデユーサが今度更迭されること
も事実です」と明らかにしました。いまや、テレ朝の看板番組にな
った「報ステ」をつくり上げてきたプロデューサーも辞めさせて
しまったのです。
毎週4日間、ニュースの真実を伝えてきたコメンテータ惠村純一郎
氏(朝日新聞論説委員)も加えて 3人が番組から外されのです。
 
古賀氏は朝日新聞の取材に対し、「(テレビ局側に)政府批判を
自粛するムードが広がっている。背後には政権与党の(テレビ局への)
圧力と懐柔があると考えている。このことを伝えたかった」と語って
います。
 
後日、NHKとテレビ朝日の幹部を自民党本部に呼びつけ、報道の
自由を守るための放送法を逆手にとって、放送の許認可権をちらつ
かせて「圧力」をかけてきたのです。
以上のことを知って、みなさんと一緒に考えたいと企画したテーマ
です。
 
昭和の初めころから、政府の意に沿わない報道がしにくい時代にな
ってきました。ちょうどその時代に似てきたように思います。
マスメヂアの現場には、報道の自由を守ろうと、必死に頑張っている
人たちがいます。私たち市民が応援し、守っていかなければならない
と思います。
古賀氏が辞めさせられた後、コメンテータに岡本行夫(外務官僚出身)
が出演してことがありました。権力を監視するというメディアの役割
ではなくなってしまって私は、悲しくなりました。
 
   下記の集会にぜひ ご参加ください。
 
**************************************************************
 ☆☆ メディアを圧力で支配する安倍政権と戦争法案を許すな!  <拡散歓迎>
      北村肇の講演と国会議員の報告          ☆☆
***************************************************************
戦後日本の安保政策の大転換を許していいのか。
 
テーマ:マスメディアの現状と国会論戦の状況
 
(1)北村肇講演
  戦争する国へ突き進むいま「報道の自由」はあるのか?
  『週刊金曜日』発行人がメディアの危機を訴える
 
(2)野党国会議員に安保法制の審議状況を北村肇氏が聞く
  いつでも、どこへでも自衛隊が出動する法案審議で、
  平和主義、立憲主義は破壊から護れるのか。
  衆院議員 本村伸子氏と近藤昭一氏予定
  
日時:7月25日(土)午後1時30分~4時20分
場所:イーブルなごや(女性会館)3階ホール
   (地下鉄「東別院」1番出口東へ3分)
参加費:1000円
主催: 北村肇講演実行委員会
問合せ:西英子(052)808-3241

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします


ロックで歌おう憲法前文きたがわてつ


blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします




懐かしい! 前の転載記事できたがわさんのこの歌を思い出しました。ソノシート買いました。鶴舞の憲法集会でもきたがわさんは歌ってくれました。

前文は人間に対するラブソング。そこには情熱と愛がある

大好きな曲です。


きたがわてつ ロックで歌おう憲法前文
中学生の頃から曲を創作し、NHKあなたのメロディー』で採用される。岩手大学在学中には労働歌ロシア民謡を学ぶ。20歳で大病を患い入院。入院中にラジオで聴いた『ブラザー・サン・シスター・ムーン』に感動し「人に生きる喜びを届けよう」と1975年より演奏活動を始める。[1]
日本国憲法前文の条文をソフトロックで歌い上げた『日本国憲法前文』は1983年に発表され、マスメディアでも紹介された。きたがわはこの曲について「憲法は意外と知られておらず、音楽で表現しようと思った」「前文は人間に対するラブソング。そこには情熱と愛がある」と語っている[1]。また、1995年、第8弾アルバム「」で発表した『九条』は、新たに日本国憲法第9条の条文に曲をつけたもので、被爆地の祈りを連想させるの音が印象的な曲である。

第3弾アルバム「Lovely Day」で発表した『ヒロシマの有る国で』は、以来核兵器廃絶を願う人々の愛唱歌となっている。
日本国憲法前文

「9条守れ」歌声は力 反戦歌詞に市民合唱団

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015052690135546.html

 「歌声は平和の力」を合言葉に、首都圏の市民らでつくる「絹の道合唱団」が三十一日、東京都武蔵野市の武蔵野市民文化会館でコンサートを開き、憲法九条を歌詞にしたオリジナルの合唱組曲など全十六曲を披露する。安倍政権が成立を目指す安全保障関連法案は二十六日午後に国会審議入り。団員らは「法案や憲法九条の改悪にNOを突き付けるうねりにつなげたい」と話す。 (鷲野史彦)

 ♪ 武力による威嚇又(また)は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 ピアノの音色に合わせ、平和への願いを込めた歌声が響いた。十九日夜、日野市に集まった団員たちは、レクイエム「いのちこそ」の練習を続けた。

 いのちこそは、五曲から成るオリジナルの合唱組曲。これまでの戦争で命を絶たれた人への鎮魂や、近隣諸国を侵略した日本の歴史への反省を歌った後、終曲の五曲目で憲法九条の条文を合唱し、朗読する。代表の渡辺昌子さん(83)=八王子市=は「二度と戦争を起こさないという思いを込めた歌です」と話す。

 満州事変があった一九三一年生まれの渡辺さんは、宇都宮市に住んでいた太平洋戦争末期、空襲で自宅が全焼した。「戦時中は物や食べ物がなくなり、灰色の時代だった」。平和への願いを合唱を通じて訴えようと、八七年に絹の道合唱団を設立。九四年に作曲家の池辺晋一郎さん、詩人の故土井大助さんに依頼し、いのちこそを作った。

 団員は、都内や埼玉、神奈川などの四十人。六十代を中心に、学生や二十代の会社員のほか、沖縄出身者や戦争で親族三人を亡くした八十代の戦争体験者もおり、多摩地区を中心に、二年に一度のペースでコンサートを開いてきた。
 いのちこそは組曲全てを歌うと約三十分かかるため、最近のコンサートでは一部だけを披露。だが、安倍政権の安保関連法案の動きを受け、今回は十三年ぶりに組曲全てを歌う。
 また、沖縄の基地問題をテーマにした新曲も合唱する。二〇一〇年の沖縄の全戦没者追悼式で、地元の女子高校生が、基地がある日常を変えたいという願いを込めて朗読した自作の詩に曲を付けた。合唱の指揮は横山琢哉さんが務める。
 渡辺さんは「安保関連法案は自衛隊の海外派遣はもちろん、なし崩し的に戦争や憲法九条の改悪につながる。反対のうねりを盛り上げ、平和への願いを次世代につなげるため多くの人に聞いてほしい」と語る。
 コンサートは、午後四時開演で約二時間。チケットは大人二千八百円、高校生以下と障害者は千五百円。
問い合わせは広報担当の片山操子さん=電090(4272)0210=へ。
(東京新聞)

コンサートに向けて練習する絹の道合唱団の団員ら=東京都日野市で
コンサートに向けて練習する絹の道合唱団の団員ら=東京都日野市で


転載元: ニュース、からみ隊

君が代訴訟 都に賠償命令


はじめは強制しないと政府は言っていたのに、それは嘘ですぐ処罰しました。
心の中まで支配しようとするのはファシズムです。

これは君が代だけの問題ではありません。

国民一人一人を縛ろうとします。

卒業式などの君が代斉唱で起立せず処分されたことを理由に定年後の再雇用を拒否されたのは不当として、東京都立高校の元教職員22人が都に計約2億7400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(吉田徹裁判長)は25日、都に計約5370万円の賠償を命じた。(時事通信)[記事全文]

再雇用への期待を違法に侵害したと指摘

都教育委員会の通達について

2003年10月、都立学校への通達で、入学式や卒業式での日の丸掲揚、君が代の起立・斉唱を義務化。kotobank

山と土と樹を好きな漁師さんのおっしゃるように行政の暴走を抑えるのはやはり司法でしかありませ

ん。

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします


まだまだ花フェスタ、バラミニ知識、ランチなど


blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします





花のミュージアム  ここのレストランに入ればよかったトホホ

バラの色々な香りも体験できます。














美濃和紙アート







バラの蕾入り、ちょっと味が濃くて



飛騨牛と若鮎の朴葉寿司定食1100円
こちらの方が安くて良かったみたいです。



茶室織部庵  行きそこないました。





花トピア、メダカも各種売ってました。


前はクレマチスやワイルドフラワーもあったのですが、そこは通らなかったのかな?

今度は又海外のバラ園に行きたくなります。
古いマナーハウスなどをバックにしたバラ園は最高です。
良かったら書庫コッツウォルズやフランスをご覧くださいね。


ご存知でした? まさに戦中を想定ー【よみがえる国家総動員!】 狂気の沙汰。 狂ってる 異常な連中でマトモではありません。

【ご存知でした? まさに戦中を想定ー【よみがえる国家総動員!】 狂気の沙汰。 狂ってる 異常な連中でマトモではありません。
 



ご存知でしたか・・? 

安倍晋三内閣が国会提出した安全保障法制にも「国家総動員体制」が明記されていることを・・。存立危機事態、すなわち他国を守るための武力行使が追加された「武力攻撃事態法、特定公共施設利用法」の両改正案に記載されています。


もはや暗黒への第一歩
もっとも条文は「国民の生命と財産を守るために」という文言がつくのですが、誤解をまねかないように、言っておきますが、戦争行為では軍隊は国民を守らないと同様、指定公共機関も戦争遂行の為に狂奔せざるを得なくなるのです。
だから、東京新聞ではこう記事を報道してるのです。

【よみがえる国家総動員】ーーーー

東京新聞 「私説・論説室から」 2015年5月20日
自衛隊や他国軍への協力が義務付けられるのは中央省庁や都道府県庁、市町村役場だけではない。協力が責務とされる指定公共機関として日銀、日本赤十字、NHK、民放、通信、電力、ガス、商船、航空、JR、私鉄、バスなど百五十二社・機関が並び、旧「国家総動員法」1938年昭和13年~20年廃案)がています。この改正案にそっくり引き継がれて。国民は「必要な協力をするよう努める」とされているのです。
 武力攻撃事態法、特定公共施設利用法は、日本が武力攻撃を受けた際の対処策のはずである。
 これを「他国の防衛」にまで広げるのだから「銃後の国民」も無関係ではいられない。たいへんな思いをするのは「戦地の自衛隊さん」だけではないのです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015052002000136.html

見れば、一般国民には分からないような法をまぎけこませています。
ずるがしこい自民の安部政権がずるがしこい官僚が作成したのでしょう。
両法案をみましたが、非常に明記されれ部分を探すのは難しかったのです。

【武力攻撃事態等法~ここがこわい!】というサイトをみつけました。参照すれば、わかります。
http://goo.gl/KUflMH

さらに、既にご存知も方もいるとおもいますが、完全に憲法に触れる「徴兵制度」も視野に入っています。
(徴兵制度については次回以降に投稿します。)
参考;「国家総動員法」=(昭和13年法律第55号)(全文口語訳)

日本人の世論を調べて見ると、「他国の防衛にまで広げる」事に賛成してる世代は、若者だけではなく70代の世代まであるのには驚きました。

<毎日新聞調査>安保法案「反対」53% 内閣支持率45%

毎日新聞 5月24日(日)20時6分配信






まさに、詐欺まがいの「催眠商法」と「アベ政治」は似てると思います。
集団催眠に陥る消費者心理は、煽動された国民そのものです。 ウソの話術と、プロとしての演出が作りだした政治的雰囲気にあると感じます。
また、国民の心理を巧みに操作して、例えば「このままでは近隣諸国(中国・韓国など)の理論や軍事行動、領土利権など許すことになると、不安を煽り、国民生活を守るためと」と信じ込ませて、支持と得票を獲得し、こうした戦争法をドンドン策定し、勝手にナアナアの閣議で決定して、国会に提出ているのです。

これは憲法すら良く知らない人が催眠にかかってように思います。
 もちろん、この先、実際に事が起きて「集団催眠状態」から覚醒すれば、国民が悔やむことは目に見えています。完全に憲法違反の法案ばかりです。

今、20団体を超える人たちがこの政治に違憲だと反対して、デモや集会など行っていますが、国会という立法府の中で、今の野党に阻止する力もなく数の力で通過するでしょう。法案が成立し、実際に自衛隊が海外で戦争やテロ都の戦いに参戦すれば、必ずその怒りの思い、行動は日本におよびます。そうなれば手遅れです。

誰がなんと言おうと、僕は、被災地の声とともに僕は分かる範囲で声を上げて行くしかないと思っています。今や日本メディアは一部の新聞をのぞいて、催眠にかかっています。頼るのは海外メディアです。自分が英語が得意でないのがホントに悔しいです。


今、この法案などに「憲法違反」として反対し、司法に提訴のは全国でかなりの団体がしています。僕もある団体の一員です。
例えば、
昨年「集団的自衛権の閣議決定」は「違憲」につき「無効」との提訴が、7月3日の三重県松坂市の山中市長に続き、7月11日に元三重県職員の珍道世直氏(ちんどうときなお)、7月12日(7日付け)に松山市の福岡氏と、連鎖的に地裁に出されたました。
昨年の7月に入ってから3件目。
勇気ある提訴である。良識あるマスコミや良識ある憲法学者も、この閣議決定は明らかに憲法9条に違反していると言っている。
しかし、政府は、限定的だから大丈夫と強調しています。また、与党が圧倒的多数を有しているので、野党、国民がいくら反対だろうが、法案は通すことが出来ると思っているのです。
 安倍首相は、まだ国会で法案が成立もしていないのに、この前はアメリカのオバマ大統領に今年夏までのは法案がとおると名言して、昨年はニュージーランド、オーストラリアで集団的自衛権が決まったかのように自慢気に語っています。


しかし、前のめりである事は明白です。


国の仕組みは3権分立である。政府と安倍首相の前のめりに、待ったをかけるのが司法である事を忘れたかのような印象です。
最近、議員定数の違憲判決に対しても、まるで無視されている感じあるます。

行政の暴走を抑えるのはやはり司法でしかありませ

ん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【よみがえる国家総動員】
東京新聞 「私説・論説室から」 2015年5月20日
先の大戦でたいへんな思いをしたのは「外地の兵隊さん」だけではなかった。国家総動員法のもと、国民とその持ち物が政府により徴用され、やがて空襲が始まった。
 安倍晋三内閣が国会提出した安全保障法制にも「国家総動員体制」が明記されている。存立危機事態、すなわち他国を守るための武力行使が追加された武力攻撃事態法、特定公共施設利用法の両改正案を読めば分かる。
 他国の戦争であっても時の政権が日本存立の危機であると判断した場合、首相が対処基本方針を定めることになる。この方針に従い、港湾、飛行場、道路、海域・空域、電波について、自衛隊と米軍など他国の軍隊の利用が優先される。
 自衛隊や他国軍への協力が義務付けられるのは中央省庁や都道府県庁、市町村役場だけではない。協力が責務とされる指定公共機関として日銀、日本赤十字、NHK、民放、通信、電力、ガス、商船、航空、JR、私鉄、バスなど百五十二社・機関が並び、改正案にそっくり引き継がれた。国民は「必要な協力をするよう努める」とされている。
 武力攻撃事態法、特定公共施設利用法は、日本が武力攻撃を受けた際の対処策のはずである。これを「他国の防衛」にまで広げるのだから「銃後の国民」も無関係ではいられない。たいへんな思いをするのは「戦地の自衛隊さん」だけではない。    (半田滋)
http://www.tokyo-np.co.jp/…/column/…/CK2015052002000136.html


転載元: 山と土と樹を好きな漁師

花フェスタその4、え、ベルばら!?

blogramランキング参加中←よろしかったら応援お願いします
















ここがホワイトガーデン?ターシャの庭付近






赤と青のトレインがあるようです。

荷物運搬する車も可愛い





びっしり咲いて下に花びらが~




この奥がオールドローズのコレクション




花のタワー付近のショップ




バラのサイダー





こんなのあった?


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

acaluliaのブログ

鳥待ちdiary

『男の隠家』 Bohken-Dankichi 天邪鬼&極楽蜻蛉

アマルフィに憧れて

しあわせの青い鳥

東京にしがわ散歩

心の隙間

リベラルブログ・生活保護者の色々な記事
プロフィール

hitomi5235

Author:hitomi5235
猫と暮らしバラ栽培、ミュージカル、玉三郎観劇、一人旅にはまっています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR